FC2ブログ

新着記事

[ 2019.07.21 ] 07/20のツイートまとめ

[ 2019.07.20 ] 07/19のツイートまとめ

[ 2019.07.19 ] 07/18のツイートまとめ

[ 2019.07.18 ] 07/17のツイートまとめ

[ 2019.07.17 ] 07/16のツイートまとめ

»次のページ

07/20のツイートまとめ

2019.07.21 04:20 | EDIT

takeoquolaid

商店街のコミュニティ機能は、立地する各個店が繁昌してはじめて機能するもの、業績低迷がつづけばそれどころでは無い。商店街のコミュニティ機能が大事ならまず業績向上、売れる売場づくりに取り組むべき。空店舗を埋めたかったらこれ以上空店舗が出ないように売れる売場づくりに取り組もう。
07-20 22:25

【思考実験】もし、大店法以降、どこかの時点で商店街が「売れる売場」を作る理論と技術を入手していたら、今ごろ商店街はどうなっていただろうか?ここまで「売れる売場」を作る理論と技術を手に入れる努力をしただろうか?これから先はどうでしょうか?
07-20 22:08

商店街は「売れる売場の作り方」について、理論と技術を持っているべき。チェーン店はそれぞれ持っており、実行していることは周知のとおり。業種業態がいろいろだから、というのは言い訳にならない。大店法当時から勉強し、蓄積していれば今日の状況は変わっていたはず。
07-20 21:30

消費増税間近、商店街関係喫緊の課題は売れる売場づくり。商店街組織もベンダーも寂として声無し。そんなことでいいのか。なんかやれることがあるのでは?
07-20 21:20

「タウンマネジメント」を理解しないまま作成されている。タウンマネジメントのもくひょう、事業ミックス、ロードマップ、計画に必須の三点セットをすべて欠落している基本計画。目標未達は当然の結果。ここから改善できるかどうか。 https://t.co/3ll5wAwvVs
07-20 21:10

タウンマネジメント=郊外型ショッピングモールを始め広域商圏に展開する商業施設群と「踏み分け」を目指す中心市街地活性化、街を一個のショッピングモールに見立てて再構築する(TMOマニュアル)とはどういう論理と戦略か?理解している関係者は行政を含めてほとんどおらず、基本計画は
07-20 21:10

良記事 https://t.co/FTi3R7NTMH
07-20 21:00

通行量増大イベントで集めたお客は店前を通行するだけ。40年以上続いている茶番。消費増税という「買い控え・もの離れ」必至の大事には何の対応も出来ない。商店街組織は地場中小小売商業者の協同組織、個人では対応策が講じきれない消費増税に対応しなければ協同組織の名前が泣く。 https://t.co/vLs2bQIxtG
07-20 20:58

域内所得のチェーンストア売場経由の流出が増えるがそれで世路しか、ということ。消費増税に対抗する地場小売業の取組は、地方公共団体が先頭に立たないと実効ある取組にならない。ちなみに我々が一年前から提供している企画:消費増税対応講習会。https://t.co/bkVZQpVj4u
07-20 14:39

直面する消費増税に対策を講じている商店街は聞いたことがない。増税の影響は諸費購買行動の「買い控え・店ばなれ」として、特に商店街立地の中小個店を直撃する。商店街はなすすべ無く増税施行を待っているだけ。市役所、役場もそれでよいのか、ということ。間違いなく域内資金循環装置の衰退、
07-20 14:39

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

07/19のツイートまとめ

2019.07.20 04:21 | EDIT

takeoquolaid

消費税廃止、徳政令とくれば地場土建業の談合制度の復活も検討の価値ありかと。
07-19 22:27

『中活法』制定から20年、唯一提案されているアドボケイトがこれ: https://t.co/Lfu9IStYW7タウンマネジメント:中心市街地・商業街区を一個のショッピングモールに見立てて再構築する、というスキームを導きに、所要の商業理論&技術を活用して作成した本邦唯一の選択肢。吟味されたし。
07-19 22:19

中心市街地のイオンモール迎撃は、コミュニティモールプロジェクトhttps://t.co/Lfu9ISco4z   中心商店街活性化、本邦唯一のアドボケイトプラン。他の選択肢は出てこないので(^_^)
07-19 21:00

我々は、業種業態・立地店面等一切不問、新規投資ゼロで陳腐化著しい店舗を「売れる売場」に転換する術式を持っている。この術式を駆使して二つの課題に挑戦、域内経済循環・地方創生の基盤・地場小売業の活性化に取り組み中。有志の参加を熱烈募集中!
07-19 20:09

小売業界の課題二つ。その一、商店街活性化の基盤である既存個店群の売場の改革=売れる売場づくりその二、各種チェーンによるリテイルサポートの強化どちらも上手くいていないのは照合理論が装備されていないから。本来、指導支援組織がアドボケイトしなければならないところ。
07-19 19:34

れいわ新選組さんは、お金をばらまくだけでは無く、ばらまいたお金が本人が住んでいる都市(地域)内を循環する仕組みの構築をセットで作らないとだめ。ばらまくだけではチェーン小売業経由で回収される。地域で回らないと焼け石に水。
07-19 18:03

高度成長期の三点セットは、1.公共投資&談合 2.地場小売業の拡大 3.旺盛な消費購買意欲。カー、クーラー、カラーテレビが普及、支払いは来年夏のボーナスで、とか。商店街はどんどん拡大。今、三点セットは影も形も無い。地方再生は「三無状態」からの経済活力の向上と腹をくくるべし。
07-19 17:55

談合は究極の地域活性化策。
07-19 17:49

ショッピングモールは、消費生活に大きく貢献するが、経済的機能としては立地する都市の所得を吸い上げるだけ、一円も域外から持ってくることは無い。一方、地場小売業の粗利は地元に残り、地元の資金循環に貢献する。この差違を認識しないと本気で商店街活性化に取り組めないかも。特に行政。 https://t.co/IC3A4j1RoN
07-19 16:26

アベノミクスとMMT、最終目的は共通だが前者は挫折状態。んじゃMMTはアベノミクスの挫折を超克出来るかと言えばそれはどうでしょうか。
07-19 14:00

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

07/18のツイートまとめ

2019.07.19 04:20 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化は「商業集積としての持続可能性の維持・再構築」という趣旨だが理解されずに、販促イベントからコミュニティ活動まで「何でもあり」となり、成果が挙がらないところに「活性化は陳腐化した」と登場した「定義抜きの商業まちづくり」が「何でもあり」に拍車を掛けている←いまここ。
07-18 23:06

既存個店群の「売れる売場」への転換は、緊急案件であると同時に商店街活性化実現に不可欠の戦略課題です。 https://t.co/8Gok2lQXr2
07-18 22:26

小売業を起点にまちづくり、というのなら何はさておき、小売業・売れる売場に変身させるのが先決でしょう。
07-18 22:19

小売業起点のまちづくり、果たして個店街の現状がまちづくりの起点になるものかどうか。まちづくりの前に店づくり、売場づくりが優先するのでは。 https://t.co/UO7tkuesZX
07-18 22:15

店前通行量増大、空店舗活用、コミュニティ機能充実、インバウンド対応、三種の神器・・・。商店街が直面している課題はそこでは無いような。
07-18 22:09

消費税を払っているのは事業者ですね。消費税は販売価格に関係なく課税される。税抜き価格で販売するとその価格に対応する税額が発生し、事業者が負担しなければならない。消費税は事業税、消費者にとっては公定値上げ。
07-18 22:06

個店入り口で立ちすくむ商店街活性化・・・。 https://t.co/QQWwDsPtXM
07-18 21:57

RT @katoSat: これだけ大手のメディアが後援に名を連ねているのに、CCCやトゥタヤはスルー? https://t.co/k22se7oogU
07-18 17:41

RT @quolaidbot: 中活法のスキーム:タウンマネジメントの真髄街を一個のショッピングモールに見立てて再構築する。小魚の群れは集積を形成する商店街。眼に当たる黒い一匹はスイミーことタウンマネージャー。周囲を取り囲むのはチェーン型小売業が形成する多種多様な商業施設…
07-18 17:12

売場はスタッフとお客さんが「元気のやりとり」をするところ。来店したときより元気になって帰ってもらう仕組みが出来ているか?
07-18 15:42

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

07/17のツイートまとめ

2019.07.18 04:20 | EDIT

takeoquolaid

提案には、中活法のスキームを理解するために必要な周辺知識、タームの定義もあり、計画作成に先立ち各方面共同で吟味すればプランニングに必要な条件が整備される。
07-17 23:56

で、目下のところ問題状況を理解し、アドボケイトプランを提案しているのは我々だけ。ご承知の事情でここから先も提案されることは無いだろう。我々の提案を吟味されることをお勧め。 https://t.co/Lfu9IStYW7
07-17 23:52

これまでの取り組みの経緯を総括すると、都市が商店街活性化:商業集積としての再構築―の計画(プロジェクト的)を作成することは出来ない。計画作成に必要な能力を備ええていない。オルタナティブは、専門家に計画のひな形を提案してもらい、それを叩き台に作る以外に無い→アドボケイト方式
07-17 23:52

通行量、空店舗、コミュニティ、インバウンド等々は、既存個店は〈売れる売場〉を実現していることが前提になっている。しかし、実際は〈陳腐な売場〉が多いので、せっかくの事業が〈愛顧客増大〉にかすりもしない。大至急一から出直しべし。もちろんアドボケイト方式で。
07-17 23:15

ものが売れなければ商店街では無い。商店街活性化とは「売る力」を失い欠けている商店街が〈売る力〉を再構築する全方位的取組だ。既存の売場を〈売れる売場〉に転換していく取組が最重要、中核となる取り組みだ。
07-17 23:06

バベルの塔プロジェクトは、〈天まで届く〉というビジョンを掲げて取り組まれたが、タームの共有に失敗して挫折した。今、中心市街地活性化は、共通タームの確保どころかビジョンのかけらさえ持たない取組になっている。成果が得られるわけが無い。 https://t.co/EaluKzDCtY
07-17 22:58

当たることが肝要。基本計画の責任者は地方公共団体だが商業集積としての再構築=経済活力の向上については商店街・商業者が自らのこととして取り組める条件を整え中レアなら無い。このあたりも含めて餅は餅屋(^_^)
07-17 22:54

計画を作る、という方式が望ましい。「ひな形」の説明と同時に中心市街地活性化のターム及び〈問題状況〉を共有、土台を共有したうえで知恵を出し合う。特に取組の中核を担うしゅてん街についてはこれまでのように代表各一名が参画するのでは無く、作業部会に多数を送り込んで責任を持てる計画作成に
07-17 22:54

商業理論を装備していない市報公共団体が、中心市街地・旧中心部の商業街区を商業集積として再生したいなら、これまでのように計画作成委員会を立ち上げ、関係各方面の代表(肩書き)の意見を網羅した計画を作る、ということではなく、問題状況を知悉する専門家に〈ひな形〉の作成を依頼、それを叩き台に
07-17 22:54

通行量増大、空店舗解消等に繰り返し取り組んでいるだけ。どこに向かう、という方向・目標を欠いた取組。誰も指摘しないが、分かっていないのか忖度しているのか。
07-17 22:45

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

07/16のツイートまとめ

2019.07.17 04:20 | EDIT

takeoquolaid

知ったこっちゃ無い、といわんばかり。ということで、活性化計画のひな形、一度チェックされることをお勧め。コミュニティモールプロジェクトで検索。
07-16 23:26

当該中心市街地の特性、参加者の希望などを加味して計画を作る、というのがあるべき方法だったが、そういう道筋を踏んで作られた計画は皆無。今日に至るまで、数値目標未達に関する議論はあるが、計画自体の背¥適否についての検討はほとんど行われていない。中心市街地どうなろうと
07-16 23:26

いる計画が認定され実行されているだけで、それで活性化出来るなら言うことは無いのだが、スキームをスルーする程度の計画で成功するわけが無いのが商店街活性化。スキームを逸脱して作られて計画はすべてアウトだった。あるべきアプローチは、専門家が計画のひな形をを示し、それをもとに
07-16 23:26

我々がいう商店街―中心市街地活性化のアドボケイトプランとは、中活法のスキームを活用した商店街活性化計画の「ひな形」のこと。現状の計画作成は成功事例を参考に地元の条件等を加味した計画を作るというのが一般的だが、先行事例が曲者でまったく法のスキームに即していない。スキームを逸脱して
07-16 23:26

このあたりの論議はどこでも行われていない。地方創生もおそらく同様レベル。
07-16 21:46

中心市街地活性化基本計画作成に関わるプランナーさんは、少なくとも、中心市街地活性化基本計画のアドボケイトプランを作成する能力を持っていることは大前提。衆議をまとめて実行可能な基本計画を作成する過程を成功に導くのはアドボケイトプランを作るよりずっと難しい作業。
07-16 20:36

その分の費用は老舗の旦那衆が協議して出し合うとか。商業界主宰の箱根セミナー参加費を提供するとか。それでも賦活できなかった結果、現状を迎えているわけで、それをですね、矮小再生産的把捉事業でもって商店街活性化事業とか、どの口が言うか(^_^)
07-16 19:31

販促を何十回、何百回、目先を変えて繰り返しても衰退趨勢に陥っている商店街を挽回することは出来ない。大店法この方全国全商店街で実証済み。でもまだやってる。大店法当時のことはご存じないかもだが当時の販促は特等ペアでハワイご招待とか普通でしたね。
07-16 19:31

販売促進とは、日頃売れている店舗が恒常業務の一環として取り組むアクセント。メニューを変えながら繰り化される愛個客へのサービス。商店街活性化とは、衰退趨勢に陥っている商店街がその原因を見極め、〈売れる商店街〉を再構築する一回性のプロジェクト。両者は峻別しないとだめ。
07-16 19:21

同伴だけなら専門家はいらん。 https://t.co/D41WlwrjNB
07-16 19:16

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170