FC2ブログ

新着記事

[ 2018.12.16 ] 12/15のツイートまとめ

[ 2018.12.15 ] 12/14のツイートまとめ

[ 2018.12.14 ] 12/13のツイートまとめ

[ 2018.12.13 ] 12/12のツイートまとめ

[ 2018.12.12 ] 12/11のツイートまとめ

»次のページ

12/15のツイートまとめ

2018.12.16 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化施策三点セット。集客イベント空き店舗活用核店舗設置取り組んだ結果商店街が活性化した、招来の持続可能性に不安は無い、という成功事例は一個も無い。一個もないと知りながら、エンヤコラ、今夜も船を出す♬
12-15 23:59

商店街活性化のパラダイム商店街活性化の論理、技術、戦略、計画を網羅する概念体系。前人未踏のプロジェクト、仮説―試行を導く理論の構築という課題。これが無いと話になりませんよね。我々は既にプロジェクト原型まで来ているのでいいんですが。
12-15 17:17

要件:現代商業の全体(業種業態・集積)が説明出来ること方法:どうアプローチすれば可能か
12-15 15:06

商店街の将来像は、上記3つの与件によって制限されている。好き勝手に決めるわけにはいかない。まず,三つの与件を理解することからスタートすることになる。我々は既に済ませている作業だが、これから取り組むのは,今まで準備していなかったということだから、大変ですね。出来るのかしら。
12-15 13:48

『商店街の将来像を考える』https://t.co/GvmKdjElCV考えるべきだが、1.郊外に展開するチェーン業態との位置関係2.消費購買行動の現状・将来3.既存個店群の力量を考え、実現&持続可能な在り方を発見し無ければならない。条件を無視して「理想像」を考えると絵に描いた餅に終わる。
12-15 13:44

現代商業のパラダイム要件と方法
12-15 12:46

商学の使命は現代商業を理解するためのパラダイムの提供でしょう。商店街活性化には不可欠。
12-15 11:31

維持に支障が生じている商店街を商業集積として再構築するプロジェクトは、ショッピングモールの開設などとは比較にならない難しい課題。成功するにはチェーンストア業界の水準を超えた理論と技術を持つことが必須。これは当然ですよね。
12-15 11:27

商業集積の原理は自律協働。自律の基礎は理論と技術、協働の基軸はコンセプト。
12-15 11:00

最適化は閉鎖系、開放系は動的平衡。
12-15 10:58

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/14のツイートまとめ

2018.12.15 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商業理論(原論)の不在は、商店街活性化支援の専門家と非専門家を区分するデマーケイションが無いということを意味するのかな? コンサルタントなら名刺さえ作れば誰でもすぐになれますが。行政の専門家登録制度とかの専門性は何を基準に選定するんでしょうね。
12-14 23:30

RT @takeoquolaid: 売り場スタッフは企業の中核、優秀なスタッフの引き抜きなど増えそうですね。人気過ぎて福袋に、阪急の名物女性店員 | https://t.co/TvmUnkmcoQ https://t.co/ojBNJxoRBh
12-14 23:04

売り場スタッフは企業の中核、優秀なスタッフの引き抜きなど増えそうですね。人気過ぎて福袋に、阪急の名物女性店員 | https://t.co/TvmUnkmcoQ https://t.co/ojBNJxoRBh
12-14 23:00

他に方法が無いし、通行量が減っているのは明らかなので「通行量増大」に取り組むことに。これなら「商店街間競争」で腕に覚えがある。高度化事業もあるし。ということで、集客イベント、高度化事業が対大型店対策として取り組まれた。効果があったかと言えばご明察のとおり。
12-14 22:56

で、当時の活性化策は単純なもの、活性化の定義など必要なし、大型店に移動したお客をどうしたら取り返せるか? 問題は簡明だが、答えはそうはいかない。そもそも大型店とは何者か?前代未聞ですからね。大店法関係で招聘した商業系の学者・研究者は大型店の解明は出来ず、対策を提案出来なかった。
12-14 22:52

商店街の通行量の減少とは、単なる街区を通過する人数の減少では無く、商店街を買い物行き先にしていた人の減少のこと。ここを見逃すと単純な通行量増やし=住む人来る人増やし,になるので要注意。お客の減少はなぜ起こったか、大型店にお客を取られたから、ここお忘れ無く。
12-14 22:48

商店街活性化、商店街が商業集積としての持続可能性の維持という課題に直面したのは1970年代のこと。スーパーマーケット、ビッグストアの進出でそれまで商店街の愛顧客だった人たち(主婦層中心)の消費購買行き先が大型店へ大きくシフトした。結果、商店街の来街―買い回り客数は減少した。
12-14 22:48

くらいで済まそうというのは、専門家ならずとも公共言論の場で言論活動を行う場合の態度としていかがなものか。商店街活性化の指導者=対価を得て活性化を支援する「職業専門家w」を名乗る発言者がきわめて少ないのは状況的に問題ですね。
12-14 21:57

そういえば、藻谷浩介、木下斉、新雅史の諸氏、中心市街地・商店街活性化の指導者的な言動を繰り返されているが、自から「商店街指導の専門家」、「商業指導の専門家」を名乗られてはいないような。その言説は確かに専門的とは言いがたいばかりか、批判されても 「ツイッターで悪口言われている」
12-14 21:57

商店街活性化(=商業まちづくり)を定義せずに「活性化事業」に取り組む人たちは、何を根拠にそれらの事業に取り組むことで活性化が実現すると信じているのだろうか。その事業に取り組めば何が実現すると考えられているのか。質問しても答えは返ってこない。
12-14 20:58

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/13のツイートまとめ

2018.12.14 04:22 | EDIT

takeoquolaid

RT @dontonbori: 男は黙って、尼崎。 https://t.co/iajf0sZKXO
12-13 22:51

本気で商店街を商業集積として再生させようと考えている有志は少なからずいると思うがどこを探索しているのかな。
12-13 22:43

高度化事業が所期の成果を挙げられないのは、事業に組み込まれている個店群売場の改革改善が手つかずのまま事業を終了しているから。個店売場の改革は必須条件だが、常に作文で済ましているので指導者を含む関係者のスキルはまったく向上しない。
12-13 22:40

商店街活性化で専門用語としてのテナントミックス、マーチャンダイジングなどが出てくることは無いので要注意。自己流の定義をしないまま使っている人は分かっていないひと。界隈には術語、専門用語は定義せbずに使ってよい、それで話は通じる、という人が多いので注意いたしましょう。
12-13 21:21

商店街活性化の全体像を一望したければ参照:コミュニティモールプロジェクトhttps://t.co/Lfu9IStYW7
12-13 21:17

タウンマネジメントかテナントミックスかhttps://t.co/whniX6S9DAタウンマネジメントでは街を一個のショッピングモールに見立てて再構築する、とされていますが(TMOマニュアル)、これはテナントミックスとは違います商店街活性化にテナントミックスはあり得ない。確認しておきましょう。
12-13 16:42

商店街活性化は、既存個店群の業績低迷する売場を「投資無し、販促無し」で『売れる売場』に転換する術式を持っていないと不可能でしょうね、たぶん。我々は既に稼働している術式を持っていますが。https://t.co/Cn4vk3y1WB
12-13 13:57

三家英治『現代日本小売経営戦略史』1985 晃洋書房安土敏 『日本スーパーマーケット原論』ぱるす出版 https://t.co/ZPmgLb2WRj
12-13 09:44

「魂の入った」商店街活性化プロジェクト:『コミュニティモールプロジェクト』https://t.co/4qKArxXFLy https://t.co/iWoDrZ4Jfh
12-13 09:32

POP:point of purchaseチェーンストア理論では「購買意志決定時点」我々は「売買接点」現場では「ぽっぷ広告」
12-13 09:07

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/12のツイートまとめ

2018.12.13 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商業理論の不在は、商店街活性化とともに高度化事業の計画、個店の改革改善を理論的に導くことが出来ず、商店街活性化同様「経験と勘」に頼る取組になった。商店街の活性化が必要な状況に於いて従来の経験と勘が通用するはずも無く、高度化事業は失敗、個店の改革は手つかずのまま今に至る。
12-12 23:33

商学の現状:日本の商学・商学部のアイデンティティ・クライシス──「商学原論」確立の必要性──柏木信一https://t.co/pvmOSp8clR
12-12 22:39

理論が提供されないなかで作成される活性化施策はもっぱら商店街に対するヒアリングの結果への対応である。参照:『商店街活性化の七不思議』https://t.co/xMew8YE7sp
12-12 22:32

商業の普遍的な考え方の究明つまり学問にはまったく関心を寄せなかった。引用ENDそうでは無くて、経験と勘を越える理論を商学が提供できなかった、というのが実状。大店法当時から今日まで理論は提供されていない。学識経験者として現場に参画した学者、研究者が理論的成果を提供したことは無い。
12-12 22:26

#三家英治『要説商業とは何か』序学問としての商業学も理論的な体系化は早くから試みられてきたが、jほとんど進化せず、言わば発展途上国にもなれない暗黒大陸のど真ん中にある未開拓地のようなものであった。商売と学問は別のものと考える商業経営者は未だに多く、現実の商売を経験と勘に頼り、 https://t.co/txrSNaS7NT
12-12 22:26

来街者が減ったのは来街目的が無くなったから。なぜ無くなったか? 他にもっといい買い物行き先が出来たから。買い物行き先を変更するお客が続出したため来街―通行量が減ったのに、イベントで集めれば買い物客が戻ってくる?他の活性化策のレベル、推して知るべし。
12-12 19:41

商店街への恒常的な購買目的の来街者が減少しているという問題への対応として一過性の集客イベントに取り組むという愚策の横行。今日のイベント客が明日の買物客に変身する理由は無い。もちろん変身させる施策はまったく講じられていない。全国で何十年も続けているが外部識者の批判や助言は皆無。
12-12 19:35

理論を持たなければ、通行量の減少や空き店舗の固定化の原因や、商店街の現状に与えている影響、対処の方法や取組の優先順位などを客観的に判断することが出来ない。そうすると目に入って来た順に、対症療法的な対応を繰り返すことになる。これを数十年にわたって繰り返したきたのが理論無き活性化。
12-12 16:56

「商業理論はなぜ必要か」商店街活性化に商業理論が不可欠の理由:https://t.co/dwkZnU2Mbr 商学部方面では原論作成という問題意識は共有されているものの前途遼遠、商店街活性化の要請に間に合うかどうか。
12-12 16:18

商店街活性化界隈に商業理論の必需性が共有されていないのは重大な欠陥。早急に改善しないと消費増税という節目が迫っているとき、なぜ理論が必要か、という話から始めなければならないという状況。
12-12 13:07

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/11のツイートまとめ

2018.12.12 04:22 | EDIT

takeoquolaid

RT @oricquen: @wanpakuamatsuka はい守旧葉です。農協、漁協大好き
12-11 21:59

しかるべき商業理論があれば失敗しなくて済んだかも知れない事例は多い。事例は失敗しても商店街にプラスの効果が残ったとか。第一、理論があれば、住む人来る人を増やせば街は活性化する、というご託宣の影響も少なかったろう。
12-11 21:57

自分が理論を提供できるかどうかに関係なく、商店街活性化(商業・まちづくり)には、現実と向き合える理論が必要だ、と助言しない専門家は、理論無しで商店街が商業集積としての持続可能税を維持あるいは再構築出来ると考えているのだろうか、それとも・・・。
12-11 21:47

消費購買行動の原則1.売れられていないと買えない2.複数売られていると選ばないと買えない3.すぐ飽きる
12-11 20:39

売買接点たる売場=内部性の理論的解明が未完での段階で、外部性について何が言えるのか?「商業・まちづくり」が目指す商業集積の活性化には、外部性の充実の前提となる内部性の構造の解明~最適化の術式構築が不可欠。内部性の改革改良手法を提示せずに「まちづくり」は提唱出来ないはず。
12-11 20:37

コスモス、ドラモリともにいわゆるスーパードラッグストア。両者とも商品構成における商品の比率が相当高い。ドラッグストアのフォーマットはSMほど完成していないのでレイアウトの差が著しい。 https://t.co/dIX8FYN3p4
12-11 20:29

滅多に行かない:マックスバリュー、イズミ(SM ゆめタウン)、ドラモリ、コンビニ各社。鹿島Aコープを除けば全て車で10分以内。購買するアイテムで行き先を使い分ける、当たり前の行動ですね。
12-11 20:26

日曜日、コスモス2店舗とドラモリを見学。面白かった。我が家のデイリーニーズの購買行き先は、マルキョウ(SM)、コスモス(DrgS)、Aコープ(SM)、トライアル(DS)、グリーンコープ(生協)の使い分け(たまに全日食(SM)、ダイレックス(DS)、鹿島Aコープ(SM))。
12-11 20:05

「売買集中原理」の石原武政さんは、「現実の商業に向き合える商業論」の構築に励んでおられるが、それはつまり、「現実に向き合える商業論」は未完であり、商店街活性化(商業・まちづくり)を導ける商業論はまだ存在しない、ということだろうか。とすれば、「商業・まちづくり」の取組の根拠は如何?
12-11 19:46

この手の主張をする人は、既存個店群の現状については見事なまでに一言も無い。改革改善は不要なのか、それとも空店舗解消の波及効果で業績が好転するとでもいいずれにせよ、エリアとかテナントミックスとかを問題にするのなら、既存個店群の売場について言及あってしかるべき。
12-11 19:37

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170