FC2ブログ

カテゴリ:「未分類」

[ 2019.08.22 ] 08/21のツイートまとめ

[ 2019.08.21 ] 08/20のツイートまとめ

[ 2019.08.20 ] 08/19のツイートまとめ

[ 2019.08.19 ] 08/18のツイートまとめ

[ 2019.08.18 ] 08/17のツイートまとめ

»次のページ

08/21のツイートまとめ

2019.08.22 06:00 | EDIT

takeoquolaid

商店街の内部から効果的な増税対策が出てくることはまず期待できない。問題は地方公共団体。中活法制定以降の取組が効果を蓄積出来ないまま、増税を引き金に空洞化が加速することは何としても避けたいところ。
08-21 20:46

商店街に来て経営分析とか止めて欲しい。
08-21 17:46

もちろん、所期の目的というやつがくせ者。
08-21 17:44

理論とは対象を所期の目的に応じて上手に説明するレトリック。たかがレゴリック、されどレトリック、と。
08-21 17:43

お盆明けの商店街、新しい動きは空き店舗活用とまちゼミですなぁ。年々歳々人相似増税とかどこの国の話?地方創生、地産地商、域内資金循環といっても担い手さんはこんなもの。これまでの取組の成果っちゃ成果か。
08-21 17:23

商店街に於いて現在進行形で取り組まれている「商店街活性化事業」のほとんどは、商店街を持続可能な商業集積として再構築するという事業本来の目的とは無関係の恒常業務、年中行事として斉整粛々取り組まれている。
08-21 15:32

年中行事の常として実行することそれ自体に意義があるのであり、事業終了後に何らかの成果が蓄積されることを期待するのは無駄。
08-21 15:23

半世紀間、経験と勘で取り組まれ現在に至っている商店街活性化、コペルニクス的転回を果たすには、誰が何をどうすればいいんでしょうかね。 https://t.co/8LenTFj2Wp
08-21 13:44

問題解決能力で重要なのは計画解決すべき問題を定義する能力。問題は発見すものでは無くて発明されるもの。
08-21 10:40

大店法当時、vs大型店の競争~棲み分けの方向と方法が、学識方面から提案されたことはなかったような。以来、商店街活性化関係が商圏内の競争関係を意識することはほとんど無い。中活基本計画も。
08-21 10:03

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/20のツイートまとめ

2019.08.21 05:59 | EDIT

takeoquolaid

RT @gonoi: コムデギャルソンの下請けが技能実習生に対して違法な労働、BBC worldが報道。ショックすぎる。カットソーやジャケットは便利でよく買っているのだけど、コムデギャルソン社がしっかりと説明するまで、買うのをやめる。 https://t.co/fspOhcsr
08-20 22:21

消費増税。核店舗退出、コペルニクス的転換と三つの課題にエイヤッとワンセットで取り組む、的提案を今週中に各方面に・メルマガ10号まで送付、土俵は出来上がりつつあるのでは、と。
08-20 20:30

『経済学のメソドロジー』2冊かって経済学帝国主義という言葉があったそうですね。 https://t.co/rlxAuyNEbp
08-20 20:06

提供中、一読すると商店街活性化の全体像がすっとアタマに入ってくる。あとは、自分たちの商店街の特徴、実現したいあれこれを加味すれば、実現性と個性を兼ね備えた唯一無二の活性化プロジェクトのできあがり。試論は計画の中にバシッと入っている(^_^)
08-20 20:02

商業理論不在のなか、前門の消費増税、後門の核店舗退出。今から商業理論を入手するというのは間に合わない。商学部で模索中ですからね。だがご安心、アドボケイトプランニングという手法がありましてですね。これをアレンジして我々が『今どき商店街活性化プロジェクト』の富F路トタイプを作成、
08-20 20:02

百貨店・専門店ビルの退出&消費増税というダブルパンチに対応する方向と方法如何、という問題をスルーした取組は,誰であれ許されない、というのがこれからの商店街活性化、ということでコンセンサスが確立できるといいですね。
08-20 19:02

中心市街地活性化基本計画の作成で多数参入したシンクタンク、大手コンサルタント、都市計画系も商業理論はもちろん持ち合わせておらず、さらに計画理論も不在ということで『役に立たない基本計画』が量産された。未だ総括されていないので、これからもひょっとすると。 https://t.co/feR1vACzfC
08-20 18:59

アニマルスピリットとか商人のエトスとかはちょっと違うかと。
08-20 17:54

とうことで、商店街―中心市街地活性化に理論は必要ですよ。理論が無いと活性化の論理と戦略を組み立てることが出来ません。数値目標を上位目的から導出することも出来ません。数値目標の行く末は活性化と無縁、達成してもしなくても上位目的・中心市街地・商業街区の活性化は実現出来ません。 https://t.co/DtNwAMMcck
08-20 16:39

商店街活性化にはなぜ理論が登場しないのか?学識経験者が持参しないから。商店街の内部で商業理論が駆逐できることは無いので。商学原論の不在→商業理論未構築→活性化の論裡と戦略の不在ということで、半世紀も理論不在で来れば、理論の必要に思いが至らなかったりして。怖ろしい話。
08-20 16:36

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/19のツイートまとめ

2019.08.20 06:14 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化、半世紀になろうかという取り組みの現時点での集大成がこんなものかと。総決算か中間決算か分かりませんが。
08-19 22:16

列島全域、全階層で「選ばないと買えない」条件が成立していることは大変なこと。この状態に商店街が獲得すべき事業機会を発見し、目指す商業集積のコンセプトとする。これで既存の諸業態と棲み分けることが出来る。ものにすべき事業機会は既に我々が摘出、有志商店街との協働で仮説―試行中。
08-19 22:08

くどいようだが消費税率アップへの商店街の対応、ほとんど手をこまねいているように見えるんですが。商店街では経営に関するあれこれは御法度ということは承知してますが、今回のこれスルーしたら組織崩壊の引き金になるところもありそうで。
08-19 21:59

シュンペーター的新結合は供給側主導に限定されているが、どっこい。消費主導の新結合の可能性が「もの余り・店あまり」時代においては浮上している。選ばないと買えない,という条件が嗜好をはぐくみ、やがて生活の編集が課題となる。これは供給側の意志で生まれた変化では無い。
08-19 21:33

天動説から地動説への転回無くして活性化無し。天動説=通行量増大地動説=売買接点・売場の最適化 https://t.co/ycrXORwcxq
08-19 20:28

中活基本計画の作成以来、行政と商店街が疎遠になっている。補助事業以外の接点が消滅していないか。まちづくり会社が消費税率アップへの対応策をうち出せるか,無理。TMOをがスキームに忠実に組織されていれば出来たかもだが。
08-19 20:26

商店街活性化のコペルニクス的転換個店レベル=店前通行量増大願望から売れる売場づくりへ集積レベル=立地条件の改善から商業集積としての来訪目的の再構築へこれに取り組めば、眼前の消費増税対策も可能になる。さっさと着手すべき。
08-19 18:20

無い無いづくしの商店街活性化1.商業の活性化なのに「商業理論」が無い2.計画の話なのに「計画論」が装備されてない3.1と2に気づくセンスが無い根本的なレベルで揃っているはずの条件が欠落していれば、それ、出来ることも出来なくなりますよね。
08-19 18:10

核店舗の退出と消費増税の襲来全国の商店街が未曾有の危機的状況に直面しているわけですが、商店街方面の問題意識はどうなっているか。巡回経路を見る限り、平常運用中。年間最大行事・夏祭りも終わって一息中でしょうか。一方、クオールエイド社サイトには県・市からのアクセスが急増中。
08-19 16:38

公的な取り組みは「来訪客の増大」による店前通行量の増大まで。通行量を顧客に変え、商店街の回遊・買い回り客の増加=賑わい創出・商店街活性化の事実上の推進は個店の仕事、ただし、個店の取り組みに組合、行政の支援は無い。ということですね。
08-19 16:11

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/18のツイートまとめ

2019.08.19 06:10 | EDIT

takeoquolaid

コンセプトとは何か?その活用と作り方分かっているのといないのとの差は何といおうか。
08-18 23:33

問題解決論入門・知識理論入門マクドノウ『情報の経済学と経営システム』ポパー『推測と反駁』、『客観的知識』、『歴史主義の貧困』 https://t.co/wc6cWE9Aio
08-18 23:31

商業を理解するためのパラダイムの構築に不可欠の商学原論が構築されていない。商学部では周知の事実だが、商学部系学識経験者の指導支援を受けている商店街―中心市街地活性化界隈はどうだろうか。商学原論が無ければ理論的言説の根拠が怪しくなるのだが。
08-18 23:14

RT @quolaidbot: 中心商店街の核店舗:百貨店や専門店ビルがどんどん撤退する時期に,活性化事業と称して、通行量増大・空店舗活用・共同施設の整備などに取り組むのは、ハッキリ言って間違っています。こういう事業は、既存個店のための立地条件を改善してあげる取組ですが、売上低…
08-18 23:10

売場は“売買接点”ですが、そこに陳列される商品群の出自は,原則不問。売場の機能は “売買集中の原理” などとはなんの関係も無い。
08-18 21:14

商店街の主な機能は商業であることに間違いは無い。しかし商店街の機能は(モールなどと異なり)商業機能に止まるものでは無い、といったかと思うと後は非物販機能の礼賛ばかり。物販機能が維持出来なければ商店街は持続できない。商業機能を補完するのか、物販離れを目指すのか不詳。
08-18 21:07

商学界には小売業を理解するためのパラダイムが構築されていない。大店法施行以来ほぼ半世紀にわたって商業、商店街活性化に伴走しながら理論面での貢献はほとんど行われていない。商店街活性化の定義、一丁目一番地事業:小売商業高度化事業の定義、解説が行われていない。出来ないとモグリですよ。
08-18 21:02

専門用語は定義しないと使い物にならないのでは。建築関係とかどうですか。同音異議では話が通じませんが。 https://t.co/lWqAv9LXeF
08-18 20:57

石原先生は「商店街活性化」を用いず「まちづくり」「商業・まちづくり」を使う人、さらに “まちづくりを定義すると定義を共有しない人を排除するので定義しない”というユニークな考えを持っている人。はて、「まちづくり」を定義せずに,まちを作れるものだろうか。その時「まちづくり」ってなんだ? https://t.co/7FZWWa2gAP
08-18 20:57

石原武政『商業・まちづくり 口辞苑』中央経済社著者は「我が国商業研究の泰斗」が活性化界隈で流通している用語について「辛口の解説を展開」したもの。(「」内は本書帯惹句から)「解説」であって〈定義〉では無い。初心者に参考になることは無く、上級者がヒントを得られることも無い。 https://t.co/CySJtRFOoF
08-18 20:41

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/17のツイートまとめ

2019.08.18 06:13 | EDIT

takeoquolaid

戦死した戦友の父母も亡くなり、自分も死ぬ前に言い残しておきたい、という人は少なくなかったと思う。
08-17 23:10

特攻隊要員で出撃直前に終戦になった人の話。①所属部隊では志願者を募ったが応募無し、②制裁を加えた再度募集 ③選抜されたのは志願の有無では無く、長男以外の者だった。親兄弟を人質に取られており拒絶する選択肢は無かった。死ぬ代償として家族の面倒が見てもらえる、という諦念もあった、と。
08-17 23:08

消費増税対応が希有の機会だったが既に時機を逸している。(「消費増税の恐怖」はほとんど理解されていない)
08-17 22:59

済まされている。前例踏襲ということでしょうかね。半世紀続けてきたことをい3年スパンで異動していくシステムで改善するのは不可能かも。先輩の業績を全否定して新規まき直しが内発的に実現するとは思われない。商店街と痴地方公共団体の合作が必要だが言い出しっぺさんがいるかどうか。
08-17 22:59

商業理論を装備していない商店街活性化、商店街活性化施策というものはあり得るか。公的資金を投入する以上、活性化の目的を明らかにした上で取り組む事業の目的合理性を第三者がチェックできる論理性を持った計画を立てて取り組むことが求められていると思うが、どうもこのあたりは曖昧模糊で
08-17 22:59

最終目標である商店街の持続可能性の確保は達成されないので、自動達成が可能ならその根拠、個店の責任とするなら責任の遂行をどう担保するのか、行政かまちづくり会社がハッキリさせるべきですね。
08-17 22:47

商店街活性化、取組の柱である通行量の復活、空店舗の解消が実現したとして、その結果、既存個店群の業績はどう変化すると想定されているのか。それは自動的に達成されるのか。あるいは結果を活用するのは各個店の責任、とされているのか。いずれにせよ、成果が個店の業績として現れないと
08-17 22:47

商店街活性化:活性化が成功しないのは、問題状況の理解と対策の構築に必須である「商業理論」を装備していないため、根拠の無い刹那的・対症療法的取組に終始しているから。←認めるor認めない?
08-17 19:59

チェーンストアでは取得奨励、合格すれば費用補償、資格手当支給という例は少なくない。翻って肝心の商店街はといえば。単位商店街の対応は難しいので連合会とかまちづくり会社とか。試験はやる気があれば各商工会議所主催で。中活基本計画に取得制度があれば立派。
08-17 19:22

実際に活用されているのは商業高校、チェーンストアなどか。商店街や中心市街地で取り組んでいる事例があるかどうか。ぜんじゅつの通り、内容はチェーンストアの販売員・部門マネージャー・ストアマネージャー向け。一級は結構高度で診断士有資格者でも勉強しないと合格できない。
08-17 19:11

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170