カテゴリ:「未分類」

[ 2018.06.23 ] 

[ 2018.06.22 ] 

[ 2018.06.21 ] 06/20のツイートまとめ

[ 2018.06.20 ] 06/19のツイートまとめ

[ 2018.06.19 ] 06/18のツイートまとめ

»次のページ

2018.06.23 04:16 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化の抜本的見直しとは:抜本的とはどういうことか?見直すとはどういうことか?何処に視点を置くかいろいろ変わるんですけど。中には見直すと称しながら、現行取り組みのさらに上を行こうとする暗中妄断もありますからね。
06-22 23:07

界隈にはCSVというコンセプトがあって敷衍すると我々がハッピーになれば商店街が活性化に近づく、ということだが
06-22 14:53

大店法施行このかた商業集積として存続するための勉強は一切行われていない。勉強せずに施策が奏功するはずも無く、大店法は既存大型店向け施策と揶揄される始末。以来、施策は変遷するも取り組み態度は変化無し。勉強は絶対イヤ、という通奏低音が今日もとおりを流れている。
06-22 14:10

活性化事業の成否は個店売場の業績に掛かっているが、その改善に手立てを持たないということは、結局、商店街の運命を業績低迷で呻吟している個店に委ねて知らん顔をしている、ということにならないか。
06-22 13:49

商店街―中心市街地活性化を支援するいろいろな肩書きの専門家に共通するのは個店売場の改革という中心課題への参画できないこと。各種施策が奏功するには既存個店群の増収増益というステップを経由することが必要だが、そのための「売れる売り場づくり」に手も足も出ない。
06-22 13:46

お約束の。バーチャル小売り、チェーン小売り、消費税アップの三重苦難の克服を個店繁盛・商店街活性化への踏切板にしよう。 https://t.co/zRMBhqts9n
06-22 11:49

西洋的近代主義の超克とか言ってくれちゃってそら、いつか来た道とどう違うんだよw
06-22 11:20

小売業を・リアル・バーチャルと区分したとき、リアルが優位に占めうるポジション、ショッピングの特性は?
06-22 10:57

暗中撫象。暗中迷妄が迷妄を導くの図。
06-22 09:16

見よう見まねの対象が不在なら自ら仮説―試行で進んで行かなければならない。そのとき課題になるのがこれまで成果を挙げてきた見よう見まね路線からの脱却。何を頼りに「頼りに出来る仮説」を立てるのか、ということですね。
06-22 09:14

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

2018.06.22 04:16 | EDIT

takeoquolaid

スキームを「中心市街地活性化基本計画」のスキームとして活用するには①問題解決の一般理論②計画の一般理論③商業の一般理論を装備していることが前提。ただスキームに即して事業を羅列するだけでは計画にならない。
06-21 23:38

私はこれが理由で日本に帰ってきた、と市川惇信先生が。 https://t.co/pFAF8CbvyS
06-21 23:28

RT @hiro_orchid_ran: @masahirono 昔はやった英語の勉強法で、常に英語で思考する、というのがありました。英語を徹底的に勉強するために英語圏の国に留学した友人がこれを実践しましたが、結果としては「ごく単純な事しか考えられなくなった」ということです。…
06-21 23:26

開国経緯の把握は必須課題
06-21 23:00

対米開戦動機、諸説あるが合理的要因はこれに尽きる https://t.co/OWCh63ILZ1
06-21 21:43

国体の歴史 https://t.co/GbJdTvVlAC
06-21 17:02

あらためて中活法のスキームが提唱する商店街活性化への道を確認してみるとよい。中活法・基本方針・実務マニュアルの三点セット。商店街活性化にこの三点セットを活用するには、当然ながら、商業についての地域と技術が不可欠。無手勝流は通用しない。
06-21 02:40

このままでは来年10月、消費税アップが商店街への弔鐘となる。櫛の歯を引くように廃業退出が相次ぐことは確実。集客イベント、プレミアム商品券など腕に覚えの事業では何音足しにもならないことは前回の対策で確認済み。忘れたかも知れないが(^_^)
06-21 02:37

商店街に不足しているもの:通行量を入店―愛顧客に変身させる技術"魅力が無い"と言われる既存個店の魅力をアップする方法郊外型商業(チェーン型商業)、ネット通販についての理解知識・技術の不足はなぜ指摘されない?
06-21 02:31

商店街活性化が始まって以来、商店街・商業者の商業についての知識・技術の内容が問われることは一度も無かった。中心市街地活性化基本計画にも理論・技術の修得は計画されていない。他方、チェーン小売業はトップからバイトまで研修に次ぐ研修。基礎体力の格差は広がるばかり。
06-21 02:27

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

06/20のツイートまとめ

2018.06.21 04:16 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化に一般商業理論はなぜ必要か?商業理論の不在は商店街に限ったことでは無い。郊外型商業も一般論は装備していない。商店街だけがなぜ一般商業理論を装備しなければいけないのか? 考えてみれば、活性化に着手して以来、ずうっと理論不在でやってきたのに、という疑問が起きるかな。
06-20 23:53

RT @quolaidbot: 売り場とはどこのことか?売り場とは「問題解決の場」のことである。お客、スタッフ、経営者それぞれが固有の問題を解決する場所として売り場を利用する。この視点を持たないとリアル小売業は成立しない。
06-20 12:08

商店街活性化がまちづくりに也、中心市街地活性化になり、コンパクトシティになっても、肝心の解決すべき問題は全く解決の展望が立たない、ということはほとんど問題視されていない。
06-20 12:01

「近代」の理念が消滅すれば生きるのが楽になる?デジタルは世界一であり、元々ネイチャーだ、世界二及び世界三という実在はデジタルネイチャーに包摂されない。デジタルネイチャーの進化で世界二がどう変貌するかは予断不能。楽観できる根拠は無い。
06-20 10:48

発現以来の商店街活性化の根本問題と言えば:だれが本気で商店街を活性化しようと思っているか?ということで。
06-20 10:25

内容は、1.商店街活性化の問題状況2.商店街活性化の基礎知識3.中活法のスキーム4.コミュニティモール5.売れる売場づくりということで、「商店街を中活法のスキームで活性化する」という問題へのアプローチを包括的に提起する本邦唯一『問題解決の書』賛否不問、関係者 必読必携。
06-20 08:17

『コミュニティモールプロジェクト』プレゼン出来https://t.co/jCfGQDXmep本邦初:中活法のスキームによる商店街活性化への道A4 版50ページ。これであなたも活性化通(^_^)
06-20 01:16

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

06/19のツイートまとめ

2018.06.20 04:16 | EDIT

takeoquolaid

立て前は本音を駆逐する、というのが世間の一般的構造。中心市街地活性化のキモ:商店街活性化は経済活力の向上となり、まちづくりとかコンパクトシティとか定義無し・何でもありに変質。この間の経緯は一度押さえておくと他で役に立つかも。
06-19 22:57

#本音と立て前『中心市街地活性化法』の秘密(^_^)改正前の正式名称は、「中心市街地における市街地の整備改善と商業等の活性化を一体的に推進することに関する法律(『基盤整備活性化法』とも)』名称は変わったが内容は果たしてどうか。ちなみに居住・福利・交通は当時も守備範囲。 https://t.co/dbl2tH2DAm
06-19 22:51

トロン―国産OSが世界標準になる : 読売新聞 https://t.co/BvTgskfTqw
06-19 22:30

オープンソース:閉じて開く活路か。チャレンジはいろいろあったが・・・。
06-19 21:02

読んでみよっと https://t.co/xoUdFPNxff
06-19 20:57

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

06/18のツイートまとめ

2018.06.19 04:17 | EDIT

takeoquolaid

商店街立地・既存個店群の業容を見て、たとえば店前通行量を増やしたり、空き店舗を解消すれば、既存店の入店―買い上げ客が増え―得意客が増え、増収増益・再投資や後継者確保が可能になると誰が信じているのか。個店の経済活力を向上させるための施策はほとんど取り組まれていませんよね。
06-18 16:17

RT @hajimebs: 「遺伝子」という言葉は比喩として魅力的なのでうっかり使いがちだけど、だいたい不正確なことが多いし、いろいろと誤解を招くので、本来の意味以外ではなるべく使わないほうがいいと思う派です。
06-18 14:51

今どき商店街―中心市街活性化(経済活力の向上)を支援する専門家を標榜するなら、商店街既存の中小個店は、業種業態を問わず、こうすれば増収増益・売れる売り場に転換できる、という術式を公開しとくべき。看板の真偽のチェックが出来ないからね(^_^)
06-18 14:42

RT @masahirono: 日本語で科学をできる環境を保つのは非常に重要と思う。英語で考えて英語が母国語の人以上に深い新しい論理をつくれますか?専門以外の分野(ときには哲学・文学)の知識が役立つこともあるが、これは(仏・独・露など非英語圏の文献も重要なので)日本語を母国語と…
06-18 14:35

消費税率アップ対策で大型の景気対策が打ち出されるそうだが、対策を効果あらしめるには小売業レベルの「売れる売り場づくり」が不可欠。特に商店街は今から着手しないと前回の二の舞確実。気づいた人、自覚した人から行動を始めるべき。
06-18 14:32

第七章の内部構成:目的ー目標群ー事業群の整合性&ロードマップの適否のチェック。このプロセスでほとんどの計画はアウトのはず。法のスキームとの整合以前の段階から挫折要因の山。
06-18 14:27

中心市街地活性化の現状は、現場の深刻に止まらず、指導理論・技量、基礎となる商業理論、計画論の適否まで吟味されなければない事態。お奨めは、基本計画(特に第七章)が中活法のスキームと整合しているか検証すること。その前に
06-18 14:22

@ShotengaiNews @agora_japan 陳腐化・劣化・空洞化などは無縁の場所?
06-18 12:13

消費税率アップには売れる売り場づくり・増収増益の実現以外に簡単に取り組めて効果が得られる対応策はない。お金をかけず品揃えを変えず、レイアウトを変えるだけで増収増益達成。成功事例多し。
06-18 07:38

@quolaidbot 訂正:在庫方➡在庫過多
06-18 07:19

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170