FC2ブログ

カテゴリ:「未分類」

[ 2019.12.10 ] 12/09のツイートまとめ

[ 2019.12.09 ] 12/08のツイートまとめ

[ 2019.12.08 ] 12/07のツイートまとめ

[ 2019.12.07 ] 12/06のツイートまとめ

[ 2019.12.06 ] 12/05のツイートまとめ

»次のページ

12/09のツイートまとめ

2019.12.10 04:20 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化のアポリア第一:要求定義の確定第二:要件定義の確定第三:ストーリーの作成第四:全体の基盤となる「売場づくりの論理と技術」セットで必要だが業務の全体像を把握している関係者は少ない。ここが分かっていないとアドボケイトのありがたさが理解出来ない。
12-09 23:29

独立自営地場中小小売業は世界史的事業機会の転換をものに出来るだろうか?いまいち気合いが足りないうような・・・。
12-09 21:56

〈量産―量販〉から〈地産―地商〉へ売買接点:売場の置き換えがそのスタートRT @wwd_jp サステナビリティって何? 専門家が答えます。 連載Vol.16ロンドンの人気デザイナーに聞く “ファッションブランドで実践できるサステナビリティ” https://t.co/jKJ4MgtDR6
12-09 21:54

☆商店街―中心市街活性化資料☆ブログ【商店街活性化への道】https://t.co/y7F6KUM9nH本日現在2912タイトルブログ内検索でどうぞ
12-09 19:11

メルマガ【商店街活性化情報 第13号】出来『商店街活性化、第一着手は「売れる売場」 づくり』初心に返って、では無く。これまでほとんど取り組まれていない、活性化の基盤づくり。
12-09 17:09

ここから先:オルタナティブが登場するまで、消費は漸減の一途。〈節約〉しなくちゃ、という意図のない〈買い控え〉の習慣化。地場小売業の出番だが。
12-09 16:35

RT @afpbbcom: フィンランドの社会民主党は8日、先週辞任したアンティ・リンネ前首相の後任を決める投票を行い、元運輸・通信相のサンナ・マリ… https://t.co/101cjYMcoe
12-09 16:20

チェーンの根幹:〈セントラル〉の陳腐化。売場づくり、理論と技術の陳腐化。組織論を筆頭にあれやこれや理論の一切合切の陳腐化。#個店経営 の出番と言われる由縁です。
12-09 15:28

活性化がスタートして以来今日まで、「専門用語の定義」が課題として取り上げられたことは(専門家の間でも)一度も無い。文化って怖いですね~ここから先はどうでしょうか。
12-09 15:25

担当者が自分の〈語感〉や〈成功事例〉から用語の意味を勝手に決め、(関係者と共有する手続きをとらないまま)トップダウンで事業を進めてしまう。それらしい名称が付けられているので誰も疑わずついて行く(なにしろ定義する、定義の適不適を吟味するMという文化が無いので)。
12-09 15:25

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/08のツイートまとめ

2019.12.09 04:20 | EDIT

takeoquolaid

業界は、活性化と言えばイベントと空店舗活用のことだと思っている人ばかり。二事業で活性化に成功した街はありませんよ。既存個店の「売れる売場への転換」が最も重要な取組だと主張しているのは我々だけ、もちろん、転換の方法を提供しているのも我々だけ。ここ、商店街の人は分かってくださいね。
12-08 23:21

商店街活性化とは商店街の商業集積としてのあり方を持続させよう、ということ。そのためには広域商圏で持続可能な商業集積としてのあり方、(自力主体で実現可能)を定義することが優先課題。既存個店群の持続可能性の維持、強化は最優先課題。空店舗の活用は2年くらい先の話。
12-08 23:21

コンサルタントさん達は、既存個店群の持続可能性の強化という喫緊の課題に無頓着。空店舗を埋めている間に新しい空店舗が現れますよ。既存店有志が頑張って「商店街で持続可能な売場」を実証する。やっていけると分かれば出店希望者が現れる。出店者は既存店の支援指導を受けられる。これが本筋。
12-08 23:05

コンサルタント業界隈でありがちな話。商店街活性化で緊要な課題は、既存個店群の持続可能性を強化すること。愛顧客を確保しているので、客相を標的にさらに評価・支持される売場を目指し磨きを掛ける。取り組みの過程で来店頻度の向上、買上点数の増加を実現、やがて新規客のお試し来店が増える。 https://t.co/Y4b5HGsnaV
12-08 23:00

パターンランゲージ言葉では表現できない質を持つ全体を実現するために、全体に繰り返し現れるパターンに注目、これを具体的に記述することでパターンのある質での実現を目指す。すべてのパターンを同様の作業で制作。改善の往還で全体の質を確保実現する。「お客に見える売場づくり」は一例。
12-08 22:47

日本経済の閉塞節約は大事だがみんなで節約すると経済は緊縮する上手く舵取りすればみんな豊かな暮らしが出来る https://t.co/5xQphb6Qqi
12-08 18:21

“初心に戻って個店売場に取り組もう” という声がちらほら。いえ、「初心に戻る」のでは無くて、初めてのチャレンジ。これまで個店売場を事業対象にしたことは無いのですから。
12-08 17:45

賃金アップと併せて地産地商、域内消費財産業、特に中小小売業及びその集積である商店街が「売れる商業集積」に変身しないと地方都市の経済発展は覚束ない。この点、賃金アップ―経済成長の要件としてガンガンアピールしてもらいたい。
12-08 17:41

山本太郎さんの記者会見。最低賃金大幅アップは、いろいろ消費が伸びることは間違いない。誰かの消費は誰かの所得と太郎さんは言うのだが、現状、地元の消費はチェーン本部の所得、というパターンが大勢を占めつつある。消費―所得の地元における循環が無いと地方都市の経済成長機会は狭くなる。
12-08 17:41

売買接点である〈売場〉に魅力が無ければ、来街してもショッピング行動は起こらない。これが〈商店街活性化〉、〈商業まちづくり〉がいくら時間とお金を掛けても成果を挙げられない根本原因。売場に取り組めない活性化、まちづくりは上位目的に貢献出来ない。そろそろ転進を。
12-08 17:22

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/07のツイートまとめ

2019.12.08 04:20 | EDIT

takeoquolaid

解散云々の言説は聞こえるが、総辞職とか打倒という文言は自粛中かしら。
12-07 23:08

人口減が無い街でも同じく「目標未達」起きています。たまに目標数値を達成したケースでは「活性化した実感は無い」と。モドキですから実感は得られない。
12-07 23:03

関係各方面、商業理論を装備せず、商店街活性化の定義も無い、という状況で「モドキ」「ゴッコ」を何十年繰り返しても知見は改善されず、ノウハウは蓄積されない←ずう~ッとここ。その集大成が添付記事。そのご取組が改善されたかといえば、それは無し。改善を導く論理が無いので。 https://t.co/q5CScMcRsV
12-07 23:00

ツイッターで起きている様子は無いが、他に起きてそうなところがあるかしら。
12-07 22:51

モドキ相互の連関やスケジュールも無い「ごっこ」に終始している。要求定義が無いと、現状から要求に向かって進んで行くストーリーが描かれず、要件も明らかにならない。定義無き活性化、定義無きまちづくりは、「モドキ」に取り組む「ゴッコ」ですね。
12-07 22:48

要求定義・要件定義というタームがある。要求定義:実現したいことの定義要件定義:要求を実現するために必要な要件(群)の定義実現したいことが定義されないと、実現するために取り組まなければならない事業及び措置が確定出来ない。定義されない活性化の取組は、要求もどき、要件もどきが空中乱舞
12-07 22:48

「商業・まちづくり」という言い方は “商店街活性化という言葉は陳腐化した” ということで街区の整備改善などで使われていた「街づくり」に近寄ったもの。この路線に行った人達は、「商店街活性化」も「商業・街づくり」も定義していないので要注意。
12-07 22:33

商店街活性化については専門家、研究者の間で侃々諤々の議論が交わされていると当事者?さんが書いているが、いったいどこで起きてるのかな。
12-07 22:22

岩瀬忠震。幕閣を開国にまとめ、日米修好通商条約はじめ諸条約成立に功多大。開国の勅許を得るべく上洛するも、不覚、官位低く登殿叶わず、説得失敗。日米通商修好条約は岩瀬とハリスの合作、井伊大老を翻弄して自ら調印した。儲君問題で井伊と対立して安政の大獄に連座失脚、夭折。享年四十四歳。 https://t.co/x07Njr8dPk
12-07 21:51

商店街―中心市街地活性化は、「地方創生」的取組を不可避とする我が国が直面している持続可能性の維持、再構築というパースペクティブに位置づけないと適切なストーリーが描けない。通行量を増やせば繁盛する、といった高度成長時代の経路依存にバイバイしないと漸滅ですよ。
12-07 21:09

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/06のツイートまとめ

2019.12.07 04:20 | EDIT

takeoquolaid

「リテイルサポートの革新」という切迫した課題があるのだが、例によって当事者はほとんど認識していない。装備しているスペックと直面している問題のミスマッチが揺動転変期の問題状況の特性。
12-06 23:50

未曾有の揺動転変期、経路依存を否定するなら(当然否定すべきだが)、問題解決、計画という〈メタ〉の一般理論を装備しないといけない。「産業が生活を引っ張っていく」という方法が通用するかどうか。
12-06 23:47

白猫でも黒猫でもいい、ネズミを捕るのがいい猫だとか。緊縮でも反緊縮でもいい、地方都市の域内通貨循環を維持・拡大する政策を打ち出せるか、が問題だ。
12-06 23:43

求められていたのはカリスマが敷いた経路からの脱却だったが、カリスマを追放して路線を踏襲してしまった。カリスマの「無いものねだり」という側面もあったろう。 https://t.co/4YL0tgDBmk
12-06 23:34

消費増税対応というショックに動じない界隈がプラニング論議などでがたつくはずも無く。
12-06 22:53

商店街―中心市街地活性化方面(地方創生も)で使用される「専門用語」はなぜ定義が必要か?
12-06 22:49

とはいうものの、事態は一時を争うので、微力ながらアドボケイトプランをば。https://t.co/jCfGQDXmepこれを叩き台にプランニングのプロセスで所要のタームの定義その他遂行。
12-06 22:27

実在のタウンマネージャーさんの仕事が何であれ、最初の仕事はタウンマネジメントで使用される【用語】を定義することですね。同じ定義の言葉を用いて議論しないと、合意形成は難しい。 https://t.co/xrhftQtFSs
12-06 22:15

消費税とは:事業者が納税義務者となる付加価値税=事業活動で生じた付加価値への課税。事業者にとって:いくらで売ろうと付加価値✕10%を納税義務。消費者にとって:政府主導値上げ
12-06 22:07

商店街活性化にとって計画とは何か。如何にあるべきか。【拡散所望】です、よろしく。 https://t.co/wfw5SzoQBS
12-06 21:47

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

12/05のツイートまとめ

2019.12.06 04:19 | EDIT

takeoquolaid

まあ、いろいろあって「勉強嫌い」が定着しているわけだが、そうとばかりは言っておられなくなっているのが消費増税以降。ともかく、従来取り組んで来たソフト・ハードすべての事業が増税対応に役立たない。あらためて「身になる勉強」を確保しないと。
12-05 23:25

だが、時々、「商店街指導の第一人者」などとネットで評判の人が現れるとブームが起こる。概ね2~3年で収束するが、すぐに新手が登場する、というパターンだったが近年は余り聞かないうような。
12-05 23:21

商店街の勉強嫌いには理由があって、昔、商工団体等が企画するセミナーに参加しても参考に出来る情報はほとんど得られない、という経験がかさなったことが一因。講習会を主催する側は開催しても参加者が無いので沙汰止みに。かくて、商店街にから勉強の二文字は消えちゃった、というお粗末。
12-05 23:16

地域、商店街で孤立、悪戦の最中にある時場終章小売業者の活力向上を支援する制度を喫緊に創設しないとこれまでの活性化策が水泡に帰すことに。通行量を増やせば買い物客が増えるといいう「天動説」に依拠してきたことのツケが一挙に可視化されてきた。
12-05 21:16

RT @honnoinosisi555: 「応募要件:・博士課程または大学研究職に在籍中である・これまで学術雑誌・同人誌以外の一般教養書での著作がない」 はじき出される在野研究者たち。 https://t.co/X5zRzs68Nt
12-05 20:58

現代消費財産業の課題:「生活の自律的編集」にどう対応するか。何をどう提案していくのか。POPの形態は多様化したがそこで提供されている消費財:環境を演出する素材はどうか。
12-05 20:43

マーケティングは、トリクルダウン、モデル的ライフスタイルの普及版の提供というパターンで推移してきたが、もはや、ライフスタイルの普及というテーマは市場性を持たない。ここから先は「モデル無きマーケティング」、自立する生活領域に何を提案していくか。
12-05 20:28

小売業の歴史。エポックメイキングは、百貨店、GMS、ショッピングセンターか。それぞれ、生活が目指すべきモデルが存在し、それを実現するための消費財を編集、提供した。今日的消費財産業界の問題状況がこれまでと違うのは、参照すべき生活モデルが存在しないこと。
12-05 20:21

RT @ShinHori1: 【悲報】皇室の園遊会の招待者名簿は公表されてることが判明。首相の桜を見る会(公費乱用会)の個人情報保護論の説得力がピンチにhttps://t.co/a6X4O1UxYn
12-05 17:59

RT @reiwashinsen: https://t.co/6z8NcQxTKu
12-05 17:59

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170