FC2ブログ

カテゴリ:「未分類」

[ 2018.08.19 ] 08/18のツイートまとめ

[ 2018.08.18 ] 08/17のツイートまとめ

[ 2018.08.17 ] 08/16のツイートまとめ

[ 2018.08.16 ] 08/15のツイートまとめ

[ 2018.08.15 ] 08/14のツイートまとめ

»次のページ

08/18のツイートまとめ

2018.08.19 04:22 | EDIT

takeoquolaid

再掲:菊澤研宗『戦略学―立体的戦略の原理』2008 ダイヤモンド社ポパー哲学で戦略論にアプローチするなら問題状況論は必須。 https://t.co/P1pQIm2dGD
08-18 15:39

「欲求5段階論」※俗流:1.人の欲求は5段階に区分できる2.下位の欲求が充足されると次の段階の欲求が現れる※マズロー:1.人の欲求は5つに区分出来る2.欲求は併存するが、低次の欲求が充足されるにつれて高次の欲求充足の重要度が増してくる
08-18 14:57

好論文:廣瀨清人 菱沼典子 印東 桂子『マズローの基本的欲求の階層図への原典からの新解釈』聖路加看護大学紀要 No.35 2009. 3. https://t.co/uYLwo8tscs
08-18 14:39

問題状況の構成:①主体②問題③資源④環境(世界1,2,3)
08-18 13:15

戦略とは問題状況において案出される問題解決のシナリオ。
08-18 13:11

吟味:批判的検討は何故放棄されるのか。
08-18 13:09

世界3の住人に制度、慣習など。ポパーの問題状況論
08-18 13:03

凡庸はやめて省吟味。
08-18 11:23

すなわち省吟味
08-18 11:16

戦略はアート、戦術は術式
08-18 09:53

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/17のツイートまとめ

2018.08.18 04:22 | EDIT

takeoquolaid

戦略は戦術では無く作戦を通じて推進される。
08-17 23:10

凡庸から啓蒙に至る道。
08-17 23:08

製流販協同の商店街活性化。まずは北部九州有志で発足、関係各方面の理解と支援を得つつ拡大。喫緊テーマは個店の支援:売れる売り場づくり。組合は組合員に対して存在意義を実証しないと。
08-17 23:00

活性化界隈には商業集積としての集積性の高度化という要請に応えうる計画を作る技倆が無い。技倆云々の問題意識も無い大日本省思考列島。
08-17 22:14

これまで納得できる定義は見聞したことがない。
08-17 21:57

戦略と戦術、セットで書かれることが多いが、それぞれの意味如何、さらに両者の関係如何。
08-17 21:49

「戦略」について論じるなら問題解決論、計画論は必須。
08-17 20:45

《戦略というのは、下から順に技術、戦術、作戦、軍事戦略、大戦略、政策、世界観とレベル分けされる。しかも「上位のものが下位のものを決定する」という原則があるのだ。》そんな「原則」は無い。上位のものは下位のものに規定される。選択可能な戦術は、保有する技術のレベルに規定される。
08-17 20:31

RT @ZF_phantom: 戦略学博士・奥山真司さんのこの話を追記しました。《つまり戦略というのは、下から順に技術、戦術、作戦、軍事戦略、大戦略、政策、世界観とレベル分けされる。しかも「上位のものが下位のものを決定する」という原則があるのだ。》米朝合意による北朝鮮の…
08-17 20:21

Just because you explained the origin of mediocrity does not mean that mediocrity will be overcome. Even though mediocrity has failed, there is no reason to disappear.
08-17 19:51

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/16のツイートまとめ

2018.08.17 04:23 | EDIT

takeoquolaid

TLがらみmemo
08-16 16:57

モダンはプレモダンに規定され、ポストモダンはモダンに規定される。これを自覚しない限り、ポストモダンはモダンを超克できない。
08-16 16:47

藤井聡『〈凡庸〉という悪魔―21世紀の全体主義―』2015 晶文社凡庸を剔抉すれば凡庸は退散するか?そうはいかない。凡庸破釈の道は啓蒙である。 https://t.co/HAvNa0gtRh
08-16 14:45

啓蒙:自らの力で蒙から抜け出すこと。どうすれ脱却できるか?カントさんがその実践法を教えてくれている→『啓蒙とは何か』 https://t.co/hmzOwh3YzR
08-16 12:51

啓蒙vs凡庸啓蒙とは自力で根拠を吟味すること凡庸とは他者に吟味抜きで随従すること
08-16 11:34

TL:「社会科学」か「社会科」学か。社会学の方法論とかどうなっていることやら。
08-16 11:32

計画は作成の基礎とした状況分析、さらに遡及して前提理論等の誤りを暴露する機能を持つことがある。作成者の能力については言うまでもない。
08-16 11:29

一般計画j論というジャンルは外国でもそれほど開発されていない。文献すくなさそう。 https://t.co/0ZIWPpIqaP
08-16 09:58

取り組める改善策は唯一、『コミュニティモールプロジェクト』あるのみ。これは、計画無し、タイムテーブル無しで取り組めますからね。計画無しでも店主さんたちが増収増益軌道に乗ることで漸進的にモールに接近していける。
08-16 09:53

これは今さらいくら指摘したところで出直しは無理。数値目標設定やPDCAに取り組むという既定路線が揺らぐことはあるまい。商店街活性化の行く手は限り無く不透明・・・。
08-16 09:50

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/15のツイートまとめ

2018.08.16 04:22 | EDIT

takeoquolaid

RT @quolaidbot: 消費増税対策 オープンセミナーご案内と き:9月12日(水)13:30~16:30ところ:福岡商工会議所 https://t.co/pDcReHgc4T
08-15 14:47

計画に統制(do)―評価(check)はつきもの。これまで出来ていないとすれば計画作成能力に疑問符がつく。従来計画+PDCAで片付く問題では無さそうだ。
08-15 11:24

中活法の施行は、それまでの商店街活性化から脱却する画期となるはずだったが、指導支援に当たる専門家のスキルが伴わず、旧態へ引きずり戻された感。TMO体制という戦略的体制も機能を発揮できないまま変質した。ここからPDCAに期待して何とかしようというのは大変でしょうね。
08-15 10:26

商店街活性化のための計画を作成する能力は、来店法・商振法が制定された昭和48年当時からほとんど進歩していない。他方、事業を取り巻く環境は、①競争の激化 ②消費購買行動の変化 ③商店街組織の弱体化 という厳しくなる一方。40年前の知識・技術で商店街の現状を突破出来るわけが無い。
08-15 10:21

これまでの計画は、上記5項目について、必要なレベルの知識を欠いたまま、作られている。目的・目標が明示されないまま「活性化事業」計画されているというのがこれまでの実態。この状況から脱却しないと事業には取り組めても活性化を実現することは出来ない。
08-15 10:17

状況(0)において、1~6の全体を問題状況に整合的に作るのが商店街活性化のための計画。作成には各般の専門的な知識が不可欠。列挙すれば:1.問題解決論2.計画論3.経営論(組織・管理・プロジェクト)4.商業論5.店舗経営技術以上は必須、一個でも欠ければ活性化計画は頓挫する。
08-15 09:24

商店街活性化の計画:0.問題状況の把握 目的、環境、経営資源、期間1.計画が実現を目指す商店街の商業集積としての定義・コンセプト2.現在からコンセプト実現に至る戦略決定3.コンセプトの下位目標群の設定4.下位目標を達成するための事業群の設計5.組織6.タイムテーブル
08-15 09:14

PDCAを回せばよい、というレベルでは無く、計画とはなにか、何のために作るのか、具備要件は、等々といった基本知識を持たないまま、見よう見まねで作った似而非計画に見よう見まねのPDCAを導入しても機能するわけが無い。
08-15 08:56

3.現在から問題解決に至る経路(戦略)が選定できない4.問題を解決するために実現すべき条件(下位目標)が設定できない5.手段としての事業を目標整合的に決定出来ない。6.事業ごとに設定すべき達成目標が出てこない7.タイムテーブルが作れないというように、無い無い尽くし。
08-15 08:56

計画の状況整合性は不問、計画された事業の進捗状況を診断し改善するのがPDCA? 計画論の素養が無いとPDCAは使えない。商店街活性化関係の計画の多くは、1.問題状況の分析が行われていない。2.活性化すなわち解決すべき問題(最上位目標)が確定されていない
08-15 08:56

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

08/14のツイートまとめ

2018.08.15 04:22 | EDIT

takeoquolaid

今日の一冊:藤井聡著『〈凡庸〉という悪魔―21世紀の全体主義―』2015 (株)晶文社 全体主義とは:とにかく〈全体に従うべし〉という主義(内容)に先立つ考え方。多く内容は空疎。 https://t.co/1KC6eKJcfF
08-14 23:37

商店街活性化の取組に必要な知識・技術:①問題解決理論②一般計画論・プロジェクト論③経営過程論④商業理論⑤売り場構築技術以上、5科目どれが欠けても商店街活性化は実現出来ない。
08-14 23:30

平成29年度商店街活動におけるPDCAサイクル活用促進事業報告書 (株)三菱総合研究所 https://t.co/ikZm0taEa9「商店街活性化」を適切に定義していない活動:「計画&管理」で商店街を活性化することは出来ない。
08-14 23:24

消費税率アップを乗り切らなければ商店街の将来は無い。まずは売れる売り場で消費増税を乗り切る、そのプロセスで修得した技術が集積としての再構築を牽引する。商店街活性化、サイス世にして最後の機会をものに出来るか?
08-14 23:07

調査研究・計画作成・PDCAか、消費増税対応売れる売り場づくりか。商店街活性化の行く手は二者択一。
08-14 23:04

商店街活性化の計画は、既存個店群の経営技術の向上・革新のための事業を計画しとかないと、どんな事業も徒労に終わる。これまでに作られた計画で個店の経営技術を向上・革新するための事業を組み込んでいた計画は一個しか無かった。 https://t.co/QodM2EYAJE
08-14 20:34

memo)商店街活性化の三層構造と主体1.売り場:個店2.テナントミックス:組合3.モール機能:プロジェクト水平展開と垂直展開製・流・街の協同
08-14 18:17

memo)P―D―C―AとP1―TT―EE―P2P1:initial problemTT:tentative theoryEE:error-eliminationP2:resulting problem
08-14 17:04

ノウハウは理論の先端に創発されやがて理論に組み込まれてゆく
08-14 15:53

効果発現認めがたい活性化策御三家と言えば:通行量増大・空き店舗対策・三種の神器。事業が悪のでは無く、効果を発現させる条件が整えられてない。
08-14 10:44

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170