FC2ブログ

カテゴリ:「未分類」

[ 2019.05.23 ] 05/22のツイートまとめ

[ 2019.05.22 ] 05/21のツイートまとめ

[ 2019.05.21 ] 05/20のツイートまとめ

[ 2019.05.20 ] 05/19のツイートまとめ

[ 2019.05.19 ] 05/18のツイートまとめ

»次のページ

05/22のツイートまとめ

2019.05.23 04:21 | EDIT

takeoquolaid

RT @passykis: フランスで離婚した日本人女性が日本に戻ってこない理由のひとつに子供の教育がある。日本では公立校ですらけっこうお金がかかる。国立大学の学費が年間50万円以上らしい。医学部でも無料のヨーロッパの国々では、親の収入に関係なく学ぶことができる。
05-22 21:08

商店街活性化は、商店街を昔のように小売店が並んでいる状態を再現するとか、まちづくりの舞台として維持するとかでは持続できない。今後将来にわたって商業集積として持続可能なあり方を実現するプロジェクトを立ち上げないと商店街=商業集積として持続することは出来ない。
05-22 20:23

RT @ibu61: 労働問題に詳しい 指宿昭一弁護士「恋愛もしない、結婚もしない、子どもも産まない存在でいる方が、雇用する側にとっても、それを管理する国の側にとっても便利。だから人権侵害については、見て見ぬふりをしてきたと思う。」(NHKおはよう日本)https://t.…
05-22 19:21

商店街活性化は、『コンセプトが導く計画的商業集積への漸進的移行』のプロジェクトとして取り組まないと実現出来ない。既存の各種事業はこのプロジェクトの一環として位置づけると他の事業との相互作用、相乗効果が発揮される。新規の取り組みは「売れる売場づくり」一個で良い。
05-22 19:16

再掲柏木信一『日本の商学・商学部のアイデンティティ・クライシス : 「商学原論」確立の必要性』https://t.co/t9P94LUyF3原論が無ければ成果の蓄積が出来ない。持続可能性の再構築の展望はあるのでしょうか。 https://t.co/miDkgvQtbp
05-22 15:51

商店街クライシスと商学部クライシスの連関をどう理解されているのか。もちろん商学クライシス、即ち商学原論の不在が横たわっているわけですが。商学、商学部クライシスを打破する方策として商業まちづくりにアプローチしているのだ、いうことなら大変結構なことでしょうが。
05-22 15:43

上げるというのも困難で、段々先細り、という状況のよう。商店街より先に商学部が危ういのでは無いか。商店街活性化にバシッと成果を挙げれば引く手あまた、学部の活性化は約束されると思いますが、このところの関わり方では展望はでませんね。商業まちづくりなどに参画されている皆さんは、
05-22 15:40

原理論レベルが不在ということは、商業界の現状に切り込んでいく武器が無いと言うことですから、せいぜいコンサルタント的助言や商店街政策の変遷といったテーマしか出てこない。研究すべき課題は山積しているのに、基礎理論が不備のためにアプローチが難しく、隣接学問に対して胸を張れる成果を
05-22 15:40

解消することもあるみたいですね。商業はどんどん発展しているのに商学部はどうして衰退するのか?三家先生は、理論の体系化が遅れていることが原因と喝破しています。商業を理解するために不可欠の理論、基礎理論・商学原論の不在、ということ。 https://t.co/eDHbtES5ky
05-22 15:29

#ニッポン商学部クライシス商学の危機はもちろん商学部の危機でもあるわけで、学部の激減、研究者の激減で商店街の持続可能性もさることながら、商学部の持続可能性も予断を許さない。商学、商学部と言えばなんとなく古色蒼然という感じがあるようで、マーケティング方面へ移住したり学部自体が
05-22 15:23

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

05/21のツイートまとめ

2019.05.22 04:20 | EDIT

takeoquolaid

コミュニティの担い手の支援なら通行量増大、空店舗解消、販促支援等でお茶を濁すのもありかも知れないが、地方再生の先兵、牽引車として活性化を実現したいなら、『論理と戦略』を確立して取り組まなければならない。自治体首長の使命。
05-21 22:51

商店街活性化はなぜ必要か?コミュニティの担い手だから、では無く、域内資金循環の担い手、域内再投資の誘い水、国内消費財産業更生の原動力だから活性化しなければならない。たとえ商業者がいやがっても、なだめたり、すかしたり、何が何でも活性化しないと地方創生は成就しない。
05-21 22:48

実現と、ここをチャネルエンドとする国内消費財産業の活性化の端緒となる。経済活力の向上という目標の達成に地元小売業、商店街が果たすべき役割をあらためて確認、都市系家常温戦略課題としての取り組みを構築しなければならない。
05-21 22:39

投資―貯蓄で経済の活性化を、というのは国内、都市内に投資機会があることが前提。大企業がビビって国内投資を抑制している状況では、財政出動もチェーン店経由で回収されて消滅する。消費のコンバージョン、置き換え』、チェーン店から商店街への売買接点の転換が中小小売業の活性化・再投資可能性の
05-21 22:39

反緊縮に地産地商・商店街活性化を加えれば、アベノミクスに対する唯一のオルタナティブ。既成野党はアベノミクス超克のシナリオをもっていない。
05-21 22:30

訂正:再生出動→財政出動山本太郎さんは、財政出動―域内資金循環の維持・拡大の原動力となる地産地商、地元中小小売業、その集積する商店街の書言う凝集席としての再構築を都市経営の一丁目一番地に据えるべきでは。
05-21 22:29

反緊縮・再生出動は、商店街活性化、地産地商とセットで推進しないと、都市に入ってきた金はチェーン店の売り場を通じて即回収される←ブーメラン投資。「地元の、地元による、地元のための、地元への投資」の続出は商店街活性化から。
05-21 22:14

国内投資機会が無いのに金融緩和しても経済は活性化しない。れいわ親善組もこれだけではアベノミクスと大同小異だ。商店街活性化の成功は老朽化している店舗のリニューアル投資を皮切りに小規模投資が増える。域内を循環する資金が増えればさらに新たな事業機会が起こってくる。
05-21 22:12

新規投資が可能になり(銀行融資)、自とで循環するお金の量が増える。これが「地方再生」のスタートですね。地産地商が実現すると、地元産品の販路が広がり、経済活力が向上する。その突破口が商店街活性化。誰も言いませんけどね。
05-21 22:07

商店街活性化は大型店に圧迫されている商店街を支援する、程度の趣旨で取り組むと必ず失敗する。商店街活性化の目的は、消費購買段階に入った地域の所得がチェーン型進駐小売業の売場を通じて回収されるのを防止、域内で所得―消費循環を再生させること。地元でお金が回るようになれば、再投資や
05-21 22:07

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

05/20のツイートまとめ

2019.05.21 04:21 | EDIT

takeoquolaid

What Are You Doing The Rest Of Your Life? https://t.co/KRf1eflmwX @YouTubeさんから
05-20 22:13

Nina Simone - I put a spell on you https://t.co/j32JOhRn7T @YouTubeさんから
05-20 22:06

@enlostrigales @net_heads モチーフはこの辺かと。 https://t.co/x0JvRrtgNq
05-20 21:49

通行量を増やせば商店街は活性化する金利を下げれば景気が良くなるどちらも「もの不足・店不足・仕事不足」時代の話。商店街と失対事業がセットで存在したころのこと。
05-20 21:38

経済学は科学だ、とか可笑しくて。 https://t.co/lDAkz5UqSh
05-20 21:34

投資機会があれば内部留保は増えませんね。
05-20 21:29

アベノミクスの挫折は投資需要=投資機会=新規・潜在需要が無いのに金融緩和しても投資は伸びない。金融緩和が有効なのは潜在市場があるときに限る。さらに商店街活性化とセットで無いと国内経済循環の活性化は難しい。
05-20 21:24

インフレ率2%で経済が改善される?既存消費が伸長して価格が上昇すれば、の話。金融緩和すれば投資意欲が高まる、というのははるか昔の話。国土強靱化も地方都市の経済循環に結びつかず、通貨ブーメランは改善されない。
05-20 21:21

日本経済の活性化は、「消費革新」以外に道は無い。消費革新、聞き慣れない言葉だが今日自分で作った。従来通りの消費を漫然と続けていたのでは縮小一路。金融緩和が効かないのは消費革新を指向しないから。
05-20 21:16

商業理論?知っている限りの商店街、都市でそんなもの持っているところは無いし、誰も必要だと言ってないんだけど。と言う声が聞こえそうだが、持ってないから活性化出来ないのだ、と言うのが我々の答え。理論無しで活性化出来た事例があればさっさと真似すればよろし。
05-20 21:13

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

05/19のツイートまとめ

2019.05.20 04:20 | EDIT

takeoquolaid

ところが大勢は勉強してませんからねー。指導支援に当たる商学系有識者さん、コンサルタントさん、プランナーさんたち、揃いも揃って商業理論を修得しないまま活性化の支援に任じ、商店街は理論無しで活性化出来ると信じている人ばかり。これが大勢、これでも大勢に従えばOKといえますか?
05-19 23:52

言論の自由とは自説と対立言説が存在することを認め尊重すること。 根拠は自説の可謬性の自覚。 相手が正しくて自分が間違っているのかも知れない、と言う可能性を認めないと言論の自由の擁護は手前勝手になるかも。歴史進歩主義や復古主義などが自説の防衛目的で言論の自由を言うのは笑止。
05-19 23:30

消費購買行動は、「目的合理性」を基準に行われ、多種多様な売場を購買目的を基準に選択、使い分けている。ショッピング=仮説―試行による勉強というのが現代の消費購買行動。これに対応するには商業理論・再術を修得、こちらも仮説―試行法を駆使することが不可欠。理論と技術無くして活性化無し。
05-19 23:24

事大主義:大に事(つかえる)処世。大:大勢、権威、主流等、一見随従すればとりあえず間違いない、的な判断基準で行動すること。吟味もせずに目標数値は通行量とか空店舗を減らせば商店街は活性化する、とか。商店街活性化、大勢に従ったのでは必ず失敗する。なぜ断言できるか?
05-19 23:24

これまでのところ、要件に合致する提案はこれだけ。今後提供される可能性は著しく低い。さらに実施段階はプロジェクトに習熟した専門家の協働が不可欠だが、経験を有する専門家は(有)クオールエイドだけ。としての取り組みがお薦め。
05-19 23:14

プロジェクトを自力のみで立ち上げるのは無理。ここは、提供されているプロジェクト原案を吟味、所要の加工を加えて実施計画として採用することがお薦め。(有)クオールエイドが提供するプロジェクト原案: https://t.co/Lfu9IStYW7
05-19 23:12

都市中心部・商業街区を商業集積として持続させるには、郊外型ショッピングモールをはじめとする集積群と棲み分け可能な商業集積として再構築することが不可欠。それには商業理論に根拠を持つコンセプト主導の修行集積へ漸進的に移行するプロジェクトを立ち上げ推進する以外に方法は無い。
05-19 23:12

ほーらきた。 https://t.co/gVuwZOMIFq
05-19 20:13

TL>世論調査のミステリー 内閣支持率が57%もあって   🔸安倍総理に期待できる 17.5%が謎だとおっしゃるが、謎でも何でも無い。総理期待17.5%+野党には期待出来ない39.5%あれば、都合57%
05-19 20:11

ここからいよいよショッピングモール時代の中心商店街活性化という本番が始まるわけですが、これまでの経験が蓄積されているわけも無く、環境与件の厳しさは半端なく、大変な状況に直面することは確実。方向と方法如何。
05-19 20:02

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

05/18のツイートまとめ

2019.05.19 04:26 | EDIT

takeoquolaid

周知のように、中心市街地活性化基本計画の欠陥に起因する迷走に「PDCA回し」で対処しようとする路線は挫折した。ほら見ろ、これからはPDCAじゃなくてOODAだ、という風潮が広まるとしれっと導入されるかも知れない。イヤですよね。流行らないうちに批判しなくちゃ。
05-18 23:59

OODAの「PDCAー日本経済停滞元凶論」についてはそう主張する根拠を一度じっくり聞いてみたいもの。もし説明出来るとすればだが。
05-18 23:54

OODAの人たちは、PDCAは日本経済に停滞をもたらした元凶だ、と言うがそんなことはゼッタイに無い。もしPDCAが間違っていたとしても、「停滞をもたらした元凶」はそれを導入、使っている日本経済自身だろう
05-18 23:52

PDCAは戦略理論だPDCAは日本経済を停滞させた元凶だという説をあなたは信じたんですか? https://t.co/9oP7oM2dQp
05-18 23:48

OODAに限らず、軍事術語を操る経営コンサルタントで用語を体系的に定義している例はほとんど無い。使い方も恣意的。特に「戦略」についてはほとんど本来の意味を理解しないまま、雰囲気、風味で使っているので要注意。 https://t.co/PScDITYzQb
05-18 23:43

我々が考えるマーケティングの最上位原則は、顧客の問題解決への貢献を通じて自分の目的を達成するというもの。もの余り・店あまり時代、従来の市場感覚では持続可能性に赤信号が。
05-18 23:30

経団連は地方都市の持続可能性の再構築という課題=事業機会にどう取り組むのか。管見限りほとんどチャレンジは見られず、持続可能性再構築への貢献はせずに己の持続可能性を維持しようとしているかのよう。マーケティングの原理からそれは無理、不可能。
05-18 22:56

見えざる手とセーの法則の時代は終わっている。https://t.co/saD6tNifao
05-18 22:51

地方都市の持続可能性の維持・再構築=地場産業・企業活性化=ローカル・ファーストのテーマは、生活の質の向上だ。事業機会はすぐそこにある。昨日までの生活・ショッピングを陳腐化せよ。
05-18 22:44

ジャック・トラウト ポジショニング三部作『ポジショニング』『リ・ポジショニング』『ユニーク・ポジショニング』 https://t.co/26TWwWCIIy
05-18 22:38

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170