FC2ブログ

06/15のツイートまとめ

2018.06.16 04:18 | EDIT

takeoquolaid

自分の決断を支えるのは教養である。だから勉強せんといかん、というのが廣中流。わたる世間で決断するとき、他に頼りになるものは無い。
06-15 22:35

フリーランスのコンサルタントさんとかには、特にずしっと響きそうな覚悟の言葉ですね。廣中さんは元空将。前掲著書は後輩に読んでもらいたい、とのことで、そういう状況が現れているとすればそれはひとえに政治の責任かと。
06-15 21:26

政治・政策方面で使用される「活性化」とは:①放置すれば衰退、再起不能となることが危惧される対象に②適切な施策を講じて③環境適応性、持続可能性を構築することくらいの意味ですね。個別・可視的問題に対する弥縫策は活性化には無縁。
06-15 21:20

中活法のスキームは、①中新市街地活性化法②基本方針③TMOマニュアル(Q&A)の三点セットですが、近いし使いこなすには、商業についての理論・技術を持っていることが不可欠の条件。知見と技術無しでこのスキームは使えない。みんな使っているつもりですが。
06-15 21:16

航空自衛隊の高級幹部だった廣中雅之さん曰く、勉強する理由は教養を高めるため、なぜ教養を高めなければならないか? 指揮官としての決心の根拠を固めるためと。これは軍事組織の指揮官ならずとも、誰でもみんな、ですね。 https://t.co/vcsBrdAlxr
06-15 21:09

@summum_bonum824 一般論レベルで、①説明しょうとする対象は何か②どのように説明するか③説明の客観性をどう確保するかということがあると思いますが、政治学も好んだ会でいろいろ流派?があるんでしょうね。
06-15 21:03

商業理論を装備せずに商店街活性化を計画することは、建築に関する知見・技術無しで耐震工事を計画するに等しい。 https://t.co/DtGIkvNLcQ
06-15 16:25

2855662409268038709985909997
06-15 16:16

一般理論入門 https://t.co/Jdry1u3a1n
06-15 16:00

本邦戦略論の到達地平 https://t.co/RcwQ9CyBTM
06-15 15:56

@summum_bonum824 商学に限らず、社会系は難しそうですね。
06-15 14:31

もし、中活法が施行されたとき、商業理論を装備していたら:①これで商店街は活性化出来る、②郊外型商業との棲み分けを目指すと分かったはずだが。理論を持たなければ「古色蒼然・通行量増大」を掲げて右往左往することになる。
06-15 10:29

97205188992940228274429455(^_^)
06-15 09:58

RT @takeoquolaid: 緊急提案 消費税率アップ対応 https://t.co/WRVuYqLuTA
06-15 09:29

レイアウトを改善して「見える売場」を作ると、既存顧客の店内回遊―アイテム発見でたちまち売上がアップする、ゆめ疑うこと勿れ。売れない店が品揃えを変えるともっと売れなくなる(^_^)
06-15 02:07

商店街の禁句:MD(マーチャンダイジング)、マーケティング、SWOT分析、ランチェスター、PDCA、テナントミックス、販売促進etc
06-15 01:59

商店街で増収増益を目指すといえば、MDとか品揃えの改革などが言われるが、これはハッキリ間違いです。売れない店が品揃えを変えれば売れるというのは根拠のない思い込み。売上アップ、初手は品揃えの改革ではなくレイアウトの改革・売場の見える化から。 見えない商品は売れません。
06-15 01:44

お客に見える売場づくり。この術式がないと商店街の商業集積としての持続可能性の維持または再構築=経済活力の向上という中活法の基本目的は達成できないはず。この術式なくして実効ある中心市街地活性化基本計画は作れない。
06-15 01:39

消費税アップ対策 売れる売場づくり スタート月1回✕6ヶ月の取り組み、目標は一年後の月間売上前年同月比20%アップ。新規投資無し、販促無し、諸運品構成変更無し、計画無し(^_^)レイアウトの変更だけで目標達成、本格的な業容転換は2年目から。
06-15 01:36

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170