FC2ブログ

06/17のツイートまとめ

2018.06.18 04:18 | EDIT

takeoquolaid

「魅力的な店が少ない」は、既存個店の売り場をもっと魅力的にする方法がわからない、ということなんですけどね。回答者が本当の問題にたどり着ける設問が欲しい。
06-17 23:54

来秋10月施行される消費税率10%にどう対応するか。前回の轍は踏まない、と決意しなければならないが、これといった方策が無ければ、やっぱ通行量ですかね。これだと直前まで無為無策で過ごせるし。
06-17 23:20

活性化に取り組んでいる商店街で ”今取り組んでいる事業を継続すれば街は活性化出来るはず” と自信を持っているところが何カ所あるか、果たして先の見通しを持って取り組まれている事業なのかどうか。
06-17 23:15

これを取り上げると、商業に全般を理解しなければならず、「商業理論」が必要ですが、活性化の取り組みが始まってこの方、一度も理論は提供されていない。理論が必要だという声も挙がらない。このあたりに商店街がいつまで経っても活性化出来ない原因があるのでは?
06-17 23:10

商店街実態調査と銘打たれたアンケート調査、近年目立つ回答は ”魅力的な店が少ない” とまるで他人ごと。魅力的な店が少ない、と自認される商店街で通行量を増やせば店の魅力が湧き出てくる?なんかおかしいですよね。
06-17 23:02

リアル、バーチャル、多種多様な集積間で激しい競争が展開されている中、「蚊帳の外」に追いやられている商店街が存亡を賭して取り組む活性化事業が通行量とか空店舗とかいうのはおかしいでしょ。集積性をどう再構築するか、という話でなくちゃ。
06-17 22:57

消費税率アップ直前の今、対策としての商店街活性化をアピールするチャンスでは無いかと。抜本見直しと言っても、その実、中活法のスキームで行けばこっちに正当性がある、という話なので(^_^)
06-17 22:33

ニッポン縁故社会には、間に二人立ってもらえば、分野不問、意志決定権者と面談が出来る、という説がありますね(^_^)
06-17 22:22

40数年にわたって取り組まれてきた活性化、抜本的な見直しですからね。この程度の風袋は勘弁して欲しいが、専門家でも無いのに読めと言われて読む人はいない(^_^) 委細面談でお願い申し上げたい。
06-17 22:20

某方面へ提出するプロジェクトの説明書、ギリギリA450ページ。何しろ①問題状況・②商店街活性化の基礎知識、③方法としての中活法のスキーム、④プロジェクトの概要、⑤キメとして売れる売り場の作り方、とセットにするとこのボリュームは仕方がないが、誰が読むの、という感じ。
06-17 22:09

公的言論アリーナで競っているのは言説vs言説であって、発言者の人格同士が戦うわけでは無い。発言を批判されると自分の存在が否定されたかのように反応するのはもったいない。考えは変わらなけば進歩がない。批判者は変化成長を手伝ってくれる得がたい人(^_^)
06-17 13:48

大店法~中心市街地活性化法が対応する政策課題は、地場中小小売商業者が立地集積する商店街の商業施設・集積としてのリポジショニング,再構築。中心市街地活性化はこの文脈を外すと蜃気楼を追っかけることになるのでご注意。
06-17 13:15

計画論的には、目的は戦略に、戦略は戦術に、戦術は組織の戦闘能力に規定される。戦闘能力で達成できない目的は目的に出来ない。but,優れた戦略は平凡な戦力を非凡な勝利に導く(リデル・ハート)ということで。実務では問題がもう一つあって、参謀はその戦略を指揮官にどう売り込むか。 https://t.co/DFMvp70DOe
06-17 12:52

"商店街活性化の論理と戦略" というコンセプトがあって、論理:商店街活性化の定義、必要、可能性、方向&方法.役割分担等を展開する。これまでなぜ活性化出来なかったか、も忘れずに。戦略:現状から発進、手持ち及び道すがら確保する条件を適切に操作して「活性化した状態」に至るストーリー
06-17 12:52

「活性化」という蒙昧語が専門用語的風貌で登場する業界は、あらためて「活性化とは対象がどうなることか」定義し、少なくとも仲間内ではその定義を共有した方がいいですよ、老婆心ながら。
06-17 12:30

基本計画作成の課題はここから:①経営環境の現状及び将来予測を踏まえて、どのような商業集積を目指すか?②既存個店群の業績好転とテナントミックス組成への参加をどう実現するか?という問題の解決は商業理論無しでは無理。リテラシーが怪しいため、本当の問題にたどり着けない←ずっとここ。
06-17 12:27

広域における競争状況を踏まえた活性化の方向は、競争力=商業集積としての "業種揃え・店揃えの最適化(基本方針)" を目指す。方法は、"中心市街地所在の商店街、商業施設等を一個のショッピングモールに見立てて最適化" する(TMOマニュアル)。ここまでは商業理論無しで理解される。
06-17 12:19

①について、中活法の「中心市街」とは:"土地利用及び商業活動の状況等から見て、機能的なと活動の確保または経済活相の維持に支障を生じ、または生じるおそれがあると認められる市街地 (法第二条二)" 。
06-17 12:19

活性化の敵は本能寺(^_^)
06-17 01:41

敵は環境の変化ばかりではない、大店法当時以来の宿痾が「論理と戦略」の推進を妨げる。
06-17 01:34

我らがコミュニティモールプロジェクトの泣き所は、これは唯一の中活法のスキームに即した商店街活性化の論理と戦略であるにもかかわらず、そのことを理解する人が少ないだろうこと。通行量とか空き店舗とかまちゼミ.賑わい等々に疑問を抱かないようではプロジェクトは理解できないだろうね.たぶん。
06-17 01:33

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170