FC2ブログ

2018.06.22 04:16 | EDIT

takeoquolaid

スキームを「中心市街地活性化基本計画」のスキームとして活用するには①問題解決の一般理論②計画の一般理論③商業の一般理論を装備していることが前提。ただスキームに即して事業を羅列するだけでは計画にならない。
06-21 23:38

私はこれが理由で日本に帰ってきた、と市川惇信先生が。 https://t.co/pFAF8CbvyS
06-21 23:28

RT @hiro_orchid_ran: @masahirono 昔はやった英語の勉強法で、常に英語で思考する、というのがありました。英語を徹底的に勉強するために英語圏の国に留学した友人がこれを実践しましたが、結果としては「ごく単純な事しか考えられなくなった」ということです。…
06-21 23:26

開国経緯の把握は必須課題
06-21 23:00

対米開戦動機、諸説あるが合理的要因はこれに尽きる https://t.co/OWCh63ILZ1
06-21 21:43

国体の歴史 https://t.co/GbJdTvVlAC
06-21 17:02

あらためて中活法のスキームが提唱する商店街活性化への道を確認してみるとよい。中活法・基本方針・実務マニュアルの三点セット。商店街活性化にこの三点セットを活用するには、当然ながら、商業についての地域と技術が不可欠。無手勝流は通用しない。
06-21 02:40

このままでは来年10月、消費税アップが商店街への弔鐘となる。櫛の歯を引くように廃業退出が相次ぐことは確実。集客イベント、プレミアム商品券など腕に覚えの事業では何音足しにもならないことは前回の対策で確認済み。忘れたかも知れないが(^_^)
06-21 02:37

商店街に不足しているもの:通行量を入店―愛顧客に変身させる技術"魅力が無い"と言われる既存個店の魅力をアップする方法郊外型商業(チェーン型商業)、ネット通販についての理解知識・技術の不足はなぜ指摘されない?
06-21 02:31

商店街活性化が始まって以来、商店街・商業者の商業についての知識・技術の内容が問われることは一度も無かった。中心市街地活性化基本計画にも理論・技術の修得は計画されていない。他方、チェーン小売業はトップからバイトまで研修に次ぐ研修。基礎体力の格差は広がるばかり。
06-21 02:27

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170