FC2ブログ

2018.06.25 04:17 | EDIT

takeoquolaid

実はここはフランクリンで無いとモデルは務められなかった、ということに気づいた。モデル選定の手続きなどは、フランクリンに限り、不要だった。という話は、今本がそばに無いのでまた今度。
06-24 23:33

早めに寝てもたもたしてたら、プロの理念と対照させる資本主義的企業家の代表として招聘したのがプロから転向したベンジャミン・フランクリンだということの意味について面白いことに想到した。よりによって転向者を措くことは無かろう、手つきも怪しいし、と思っていたら意外や意外。
06-24 23:30

昔、ヴェーバー「プロテスタンティズムの云々」を読んだが、プロティスタンティズムが資本主義の源泉とか原動力だといった類の妄言は一行も書かれて無かったな。
06-24 20:55

RT @kurokawashigeru: 国民民主も、立憲民主も、議会の定数増はいかん、という立場なんだなぁ。「議員が多すぎる」問題の中身で、報酬や秘書給与の支出が増えること以外の、民主主義の本質としての弊害をきちんと論じたものを見たことがありません。
06-24 16:23

RT @AkibaDailyNewsM: プロがすすめる、とうもろこしの加熱法。皮つきのまま電子レンジでチン。 https://t.co/h1sWCXa1ZX
06-24 14:11

国が借金して地方にばらまき、東京本社の内部留保が積み上がる、というニュー資本主義モデルの爛熟。
06-24 14:09

今どき商店街のリーダーの使命は、組織成員に対し「こうすれば儲かる」という方向と方法を示し、賛同を得て取り組みを組織すること。「もうけ話」を作って売り込み、その気にさせること。
06-24 12:50

デイラーヘルプスの大転換が必須だが個別企業では対応が難しい。国が音頭をとるべきプロジェクト生の課題だが、方向と方法が的確で無いと奏功せず、デイラーも乗ってこない。イヤもう難しいの一言。
06-24 12:36

@quolaidbot お薦め:キーワード検索で「もの余り・店あまり」をば。10年、20年、30年の空白の通奏低音が理解されるかも。
06-24 12:30

お薦め:キーワード検索「もの余り・店あまり」バブル崩壊前後かたの通奏低音。
06-24 12:21

あなたが知らない? 思想家 片岡啓治 https://t.co/9S2cByxXQf
06-24 12:00

PDCAとか唱えていれば済む話では無い。
06-24 11:32

「家あまり」も顕著だし。「断捨離」も定着したろうし。 https://t.co/XDfchgv8jw
06-24 11:28

メモ)プロジェクトとタスクフォースは、組織のルーティーンでは対応出来ない問題の解決という使命は同じだが、対応する問題の性格が異なる。EX:アポロ計画と連合艦隊。
06-24 11:22

税率アップを加速する「買い控え・選好代替・POP変更の促進」に景気対策が対策にならない理由は上記に明白。「もの余り・店あまり」下の集積間競争に通行量・空き店舗が奏功しないことと相似。
06-24 11:15

「もの余り・店あまり」という状況に消費税率アップという条件が加わると消費購買行動はどうなるか? 消費購買行動 (もの&POP選定) のいっそうのシビア化。「買い控え・選好代替・POP変更の促進」が既存POP群を直撃する。税率アップは「地殻変動」の引き金。
06-24 11:06

もの余り・店あまり、集積・業態間競争の激化、無店舗小売業の侵襲、川上部門の弱体化等々のマクロ環境、集積内部の店主層・顧客の高齢化、施設の老朽化、売り場の陳腐化、集積性の劣化というミクロ環境、突破する戦略が無いところに登場する消費税率アップという要因。“さあ、どうする” (^_^)
06-24 10:53

RT @quolaidbot: 消費税対策は、商店街・個店売場の存在価値を再定義する、という作業を踏まえて考えないと役に立たない。イベントや商品券では対応出来ないことは前回の取り組みで明らかになっており、環境の厳しさは前回を上回っている。新しい価値を定義出来た商店街・個店だけ…
06-24 10:39

メーカー、卸売り業にとって、取引先だけディーラーヘルプスすれば効果が得られるという状況では無い。取引先が立地する商店街ぐるみを支援しないと取引先の経済活力を向上させることは出来ない。商店街活性化は総力戦で無いと勝ち目は無い。
06-24 03:17

商店街がこければ国内消費財メーカー&流通は終わり、ですからね。もうだいぶ終わってますが。一方では域内資金循環は細るばかり。商店街無くして域内経済(消費~所得)循環を維持することは出来まい。東京一人勝ちパターンの構築には商店街空洞化がたぶんに作用しているはず←ここを指摘しないと。
06-24 02:23

商店街活性化は、商店街が日本経済において占めているポジションを考えれば、個別商店街や中心市街地単位だけでは無く、広域圏やさらに商店街をチャネルエンドとする卸売り、メーカーなども協働すべき問題。音頭をとるだけの問題意識・見識を持つものがいない。
06-24 02:18

@summum_bonum824 「活性化」の定義が無いことがどう関係するか?「活性化」の定義が無いまま作業が行われる理由?
06-24 02:14

@summum_bonum824 商店街活性化の取り組みはなぜ進化しないのか?ここに進化とは:誤りを排除し、それを踏まえて新しい仮設―解を試みること。
06-24 02:11

@summum_bonum824 目的に貢献しない(個人的動機に基づく)作業を許容する世間という視点。通常は上位目的に貢献すること(作業の大義名分)を通じて個人的動機を満足させるという構図。
06-24 02:03

@summum_bonum824 目的は無くとも動機はある。動機が合目的性を尊重しない自体はなぜ起こるのか?動機は目的に従う、というお約束の欠如。例外的では無く、当然のように起きている理由は?
06-24 01:47

訂正:自然はデジタルでは無い→自然は非デジタルを含む
06-24 01:41

心の所在は脳では無いとする立場は、自然はデジタルでは無い、というはず。すると「デジタルネーチャー」はネイチャー全体では無い、ということに。これは重要なこと。 https://t.co/mJ0NV0HJfN
06-24 01:19

最上位目的:国家の維持・存続(万国共通)緊急避難(短期・最優先目的)としての尊皇開国維持手段としての文明開花・富国強兵(上澄み移入)手段の自己目的化(方便としての八紘一宇?)上位目的無き軍部の行動・・・動機は「恐怖の共同体」? https://t.co/WuE9YqaK3l
06-24 00:58

一般問題解決論の枠組み
06-24 00:13

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170