FC2ブログ

2018.06.30 04:17 | EDIT

takeoquolaid

先日、減価型ベーシックインカムのテーマで盛り上がったので。 https://t.co/oSrm71dPg0
06-29 22:32

これぐらいの仮説?に立たないと連戦連敗の商店街活性化を再構築するもとはことは出来ない、というコンセンサスが成立するといいですね。狂瀾を既倒に巡らす第一歩。
06-29 19:08

『商店街活性化の病理』とか。
06-29 18:40

普通には一般理論→初期条件→各論 だと思いますけどね。
06-29 17:43

一般論に裏打ちされていない各論は何を根拠にそのポジションを主張するのだろうか?
06-29 17:42

根拠を持っていない、というレベルにある。数値目標の達成如何に関わらず、経済活力の向上は実現されておらず、実現に向かう趨勢も無い。目的:経済活力の向上、目標:数値目標の達成、事業:対症療法 三者間に目的―手段の関係は確立されていない。なぜこういう事態が起きているのか?
06-29 17:22

数値目標:通行量の増大は、活性化の目的=経済活力の向上のために取り組む「事業&措置ミックス」の効果蓄積の結果として発現する「通行量の増大」を実測することで取り組みのPDCAを担保しようとするのだが、設定されている通行量の増大は事業幹楠の成果では無く、かつ、経済活力の向上を担保する
06-29 17:22

さらに遡及すると、抑もプロジェクトを必要とする問題に対応した経験が無いこと、問題解決の一般的な方法が装備されておらず、かつその必要が想到されていない。中心市街地・商店街限りの特性ということではあるまい・・・。
06-29 16:33

基礎理論―環境変化―問題設定―解決策決定―PDCAというフローにおいて、基礎理論が無いため:状況分析が出来ず、可視的状況に個別に対応することが中心市街地・商店街活性化の一般的な方法になっている。きわめてまずい状況。
06-29 16:30

一般論無き各論の寄せ集めで中心市街地を活性化しようというこころみ。 https://t.co/9ixW3VxoLf
06-29 16:17

RT @Jazz_review: アルバート・アイラーの 'Holy Ghost' は、1967年7月21日のジョン・コルトレーンの葬儀で演奏された Love Cry / Truth Is Marching In / Our Prayer が収録されたアルバムです。https:…
06-29 08:06

我々が「一般商業理論」の任務と見なしているのは、現下展開されている多様な小売業を理論―初期条件によって説明すること。将来的存続が危惧される商店街を活性化するには、商店街以外の小売業を理解することが必須条件であり、担保する一般商業理論の役割は不可欠だが・・・。
06-29 08:04

消費税率アップへの対応、我々以外は軽減税率一辺倒だが、アップを引き金に起こるであろう「売り場の大淘汰」、消費離れ売り場ばなれ対策は手つかず状態。販促イベントや商品券でクリア出来る問題では無いことは前回の経験でよく分かっているはず、というのは大甘だった。
06-29 07:49

消費税対策、軽減税率オンリーだがそれだけじゃイカンでしょ。もの余り・店あまり、断捨離・シェア、もの離れ・店ばなれは確実。売り場の大淘汰は必定ということで全国に先駆けて消費税対策としての顧客生成ー維持装置こと既存個店・売り場の改革を提唱する今日この頃。
06-29 06:06

昔、均衡価格とは需給が経緯を経て均衡に至るという仮説かと思っていたら、時間は関係ないと言われてびっくり仰天したことがある。後に「稲妻経済学」という揶揄があることを知った。
06-29 05:57

自店の取引先の持続可能性。これからも安定した取引が維持できるかどうか。「うちの状況を他の取引先に紹介して。何ならいろいろアドバイス出来るから」と。これは座学の成果。「仲間の店にお客が入っていると私は嬉しい」とも。協同の精神は綺麗事では無い、自店の存続を左右する武器ですね。
06-29 00:45

商店街活性化であまり表面化していないが切実な問題がある。川上すなわち、メーカー、問屋の減少、弱体化だ。「売れる売り場づくり」で新しい軌道に乗った店主が共通して気になることが二つ。一つは商店街のまだ取り組んでない店舗に取り組んでもらうこと。もう一つは、
06-29 00:35

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170