07/09のツイートまとめ

2018.07.10 04:22 | EDIT

takeoquolaid

メモ)業容は客相に相対する。
07-09 22:44

実際の話。売れる売り場を作れない百貨店に見切りをつけたメーカーが商店街に還流しようかという話もちらほら。売れる売り場限りの話だが。
07-09 22:41

売れる売り場が商店街を救う商店街が消費財産業を救う消費財産業が国内経済を救うかくして、商店街―中心市街地活性化が経済活力の向上の代替無き担い手であることがあらためて確認される。
07-09 22:38

商店街活性化:経済活力の向上が国家的⇔国民的課題である二つの理由:①国内消費財産業のチャネルエンドの担い手として代替不能②立地する都市における所得―消費―所得、貨幣循環の担い手として代替不能「売れる売り場」が商店街を救う通行量とか空き店舗とか眠たいこと言ってんじゃね~よ
07-09 22:24

商店街という商業集積の活性化を論じるにあたって商業理論の必要がほとんど聞かれない没理論業界計画めいたものはあるが計画理論がないため、計画もどきに終わっている。なんというか「常識」が通用しない別世界。 https://t.co/JFlzYYwzK2
07-09 17:17

これは岩盤なので。儲かってナンボの商店街にして立ち向かえるかどうか。
07-09 15:28

内発的なPDCAで中活法のスキームと基本計画の間の齟齬を発見するのは難しいかも。そもそもプラニングリテラシーに不都合があった、ということですからね。
07-09 13:14

計画に投入された時間と金額に対する得られた成果の少なさは、数値目標の未設定や推進プロセスのマネジメントの問題というより、計画そのものの至らなさに淵源する。法のスキームと基本計画を対照させて見ると理解出来るはず、確認出来れば解決すべき課題が分かる。迷妄離脱の一歩。
07-09 07:06

あらためて。当事者が自覚していないプランニングリテラシーの欠陥ー基礎的知識の不在ーは、看過することが許されない問題。この欠陥のため、中心市街地活性化基本計画として執行されている計画は、例外なく、目的を達成するために必要な条件を備えていない。
07-09 06:56

この法律のスキームで都市の中心市街地全体の活性化、あるいは言うところのー定義抜きのーコンパクトシティとやらのスキームに応用するのは、リテラシーの現状を鑑みればやばい話。ただでさえ商業理論の不在等で低迷する取り組みを混乱させる原因になっている。
07-09 06:47

中活法第二条の三要件によればは、中心市街地とは、都市の旧市街地のうち、商店街等商業機能が集積する「商業街区」である。このことは、中心市街地活性化の定義(一条)のうち「経済活力の向上」のための事業が、もっぱら商業の活性化のための事業であることからも明白である。
07-09 06:29

訂正:毎時→明治
07-09 02:55

問題解決と計画の一般理論の入手は、地方自治体にとって重要な課題。毎時政府も同じ課題に直面したが緊急避難的にスルーし、以来未装備のまま現在にいたっている。
07-09 01:00

高弟は理系が多かったのが特徴でしたね。このことの総括は行われていない。 https://t.co/aItRNcCR1W
07-09 00:26

「ひと・まち:しごと」もプロジェクト的性格を持った計画はすべて基礎理論部分に欠陥があるということで、明治開国以来ついに露呈した基礎理論の軽視というビヘイビアの末路。
07-09 00:20

計画に関する基礎教養の不足は、基本計画の作成主体のみならず作成を支援・主導したプランナー、コンサルタント、シンクタンクなどにも共通する欠陥。基礎理論の欠如は計画論に止まらず、問題解決論、商業理論についても指摘しなければならない大問題。これを放置していたら中心市街地も地方創生も
07-09 00:17

前回から未検証が続いている基本計画そのものの、①中活法のスキームとの整合性、②問題状況との整合性(の不十分)については指摘されていない。計画に関するリテラシーの不足は関係各方面に共通する問題。
07-09 00:12

ということもチェックしてみるべきだったのでは無いか。適切な目標及び目標数値を設定可能な計画になっていたのか、ということ。以来、今日までこのレベルの検証は行われていない。平成28年の行政評価では設定した目標数値を達成出来ない計画が多かったので「PDCAをまわすことが勧告されたが
07-09 00:09

遡及すると平成16年段階で行われた総務種行政評価監視報告において、成果が発現していない対策として「目標数値の設定」が勧告されているが、この後作成された気温計画で設定された目標及びその数値は適切だったのか、あるいは、抑も成果が得られなかったのは基本計画自体の構造に起因していないか、
07-09 00:05

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170