FC2ブログ

07/10のツイートまとめ

2018.07.11 04:22 | EDIT

takeoquolaid

中心市街地活性化基本計画=都市中心部の「商業街区を活性化する計画」だが、作成主体、支援者が商業理論を持たず、プラニングリテラシーも持ってないのに、なんで計画が作れたのか不思議だが、作ったが役に立たなかったことは不思議でも何でも無い。
07-10 23:54

プランナーを含む関係者全員が気づいていないこと。魅力ある店舗が少ない中で通行量を増やせばどういうわけか買い物客・得意客が増て街は活性化すると。でも魅力ある店舗は少ないんですよね・・・。
07-10 23:22

中心市街地活性化基本計画。空き店舗には大いに期待してともかく、何でもいいから埋めてしまおう、という計画ばかり。一方、営業中の店舗には何の期待もしていないらしく、役割はゼロ、役割を担うために必要な施策も当然ゼロ、というのが中心市街地活性化基本計画的クオリティだということは
07-10 23:19

商店街は空き店舗を減らし通行量を増やせば活性化する https://t.co/1tTvmSutTi
07-10 22:56

個店経営は、売り場の一般理論が無いと出来ませんので、一般理論を持たないフェーン小売が導入するには理論の勉強が先ですよ。
07-10 20:23

アンケートで魅力ある店が少ないと回答しながら、欲しいのは通行量とか空店舗埋め?そしたら商店街が活性化するんですね。
07-10 19:49

もう一回ゆ~ときますが、商店街活性化って通行量、空店舗のことじゃ無いですからね。ど~せ聞く耳は持たないだろうが。
07-10 19:28

ノウハウ無しで形だけ作っても機能しないので、餅は餅屋、当社との協働を熱烈推奨。メーカー、問屋以外にもボランタリーチェーンなどもいいですよね。サポート先も個店に限らず地場チェーン、商店街もOKですよね。
07-10 19:16

ベンダーの転廃業は青天の霹靂。目下我々は独自に取り組んでいるが、慢性的人手不足。ベンダーの協力も恒常的には無理。行政、商工会議所の出番ですね。ただし、
07-10 19:11

全国商店街の空洞化趨勢は、川上(メーカー、問屋)にとってチャネルの崩壊を意味する。転・廃業は引きも切らない。ブーメランして商店街立地の繁盛店にとって優良ベンダーの突然死。という事態は日常的に起こっていること。我々の業務の一つは新しいマッチングの支援。
07-10 19:05

福岡、横浜、名古屋などは、都市特性に鑑み、リテイルサポートセンターを設置すべき。何なら相談に乗りますよ。コンセプトは、市内所在の消費財産業(企業)と市内~広域の小売業者のマッチングとリテイルサポート。需要多大、善は急げ。
07-10 18:58

♬ツイートは、愚痴か涙かため息か、この世の憂さのなんとやらっと。
07-10 18:49

百貨店の撤退で数十のメーカー売り場が路頭に迷うことになり、同時に地域の商補購買の選択の幅が減縮する。メーカーは商店街に売り場の確保を検討するが候補が乏しい。受け皿になる売り場の確保が商店街の課題だが。取り組んでいる例は稀少。
07-10 09:58

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170