FC2ブログ

07/13のツイートまとめ

2018.07.14 04:22 | EDIT

takeoquolaid

各都市の計画が「立派な計画」であることの論証は、木下さんとしては自治体中心―専門家招聘―国の認定の三点セットでOKというレベルに終始、本文中にこれ以上の言及を見ることは出来ません(^_^)では本文では何をしているのか?以下まだまだ続く(^_^)
07-13 21:51

問題解決論、計画論、一般商業理論、現状分析、等々を踏まえて計画の事業体系、工程表について悉皆吟味、瑕疵が無いことを論証しなければならないが、木下さんはその素養を持っていない。そもそも中活法のスキームがアタマに入っているかも疑問(^_^)今日の一冊: https://t.co/ixv6XVKYry
07-13 21:41

故に失敗の原因は「計画―実行」という方法にある、と言える可能性があるということですね。木下さん、本文で取り組んでいるかと言えばこれは到底木下さんの手に負える作業では無いのでやってません。見なくて分かる(^_^)活法のスキームと照合してOK、というわけにはいかないレベルの作業、
07-13 21:41

あるべき本文:これまでの検討から推定される本文の構成は次のようになっているかと。各都市の基本計画について1.計画に瑕疵が無いことの確認2.実行段階に瑕疵が無いことの確認この二つの確認が10都市についてそれぞれ行われ、成功してはじめて「計画も実行も瑕疵が無かったが失敗した、
07-13 21:41

では以上を踏まえて、有料本文10都市の中活基本計画から木下さんが「学ぶ」こと、「学べること」とを無料で透視してみましょう(^_^)
07-13 21:21

専門的な知見その他の条件に不備は無い、なぜそう言えるか? なぜならば自治体が中心になり専門家を集めてつくり国が認可したから。すごい話。あとPDCAとかKPIとか出ていますが、木下流【立派な計画】の基準を知った今となっては、かかる木下流「場賑わせ」用語は、スルーでOKです。
07-13 21:16

木下さんの回答は:【自治体が中心となり”専門家”を集めて立派な計画をたて、それを国が認定し行政が専門家を招聘してつくり、国が認定した】という以上のことは言っていませんから、自治体が専門家を集めて計画を作り国が認定すれば瑕疵の無い計画ができあがる、
07-13 21:16

中心市街地活性化基本計画:当該市街地の都市機能の増進と経済活力の向上のための事業及び措置の計画ですから、作成するには中活法のスキーム以前にいろいろな分野の専門的な知見・技術が必要ですが、それらはきちんと準備して計画は作られているのか?
07-13 21:06

木下さんは、言い切っていますから、そら、「計画と実行」路線は「墓標」が経っている、ということになるのでしょう。しかし、その前提にしていることは、こんなこと前提にしゃっべっていいのというレベルですよね。行政が専門家を招聘して作り・国が認定すれば、即・立派な計画なのか?
07-13 21:00

これらを前提に据えるために木下さんが述べていることといえば:【自治体が中心となり”専門家”を集めて立派な計画をたて、それを国が認定し】た、ということだけ。これで計画も実行段階も問題ない、それなのに【多数の人々の労力と予算を投入し、それでも失敗してしまう。】といってよいものか?
07-13 20:54

これまで木下さんの手の内を見てきた我々としては、はいそうですか、ダウンロードする前に透視して見なくちゃ、ですね。本文に入る前に、「計画はうまく作られている」「実行段階はしっかり取り組まれている」ということが前提にされていますが、この前提は受け入れられるものでしょうか?
07-13 20:50

、なぜに成果改善がみられないか」といったような「なぜ?」に迫ります。】とここまでが公開されている無料部分。ここを検討することで、果たして本文:10都市の基本計画の分析と【計画墓標の総括】が読むに値するかどうか、批評しようということで。
07-13 20:50

それが墓標化しているから、「もう計画―実行」という方法は通用しないのだ。ということでモデル10都市の基本計画を分析しようということで、【「なぜしっかり計画をたてているのに失敗するのか」 「なぜKPI を設定してやったのに活性化が目に見えないのか」 「PDCA サイクルをまわしているはずなのに
07-13 20:50

【ここまでうまくいかないわけですから、求められているのは、「いかにうまく計画をたて、いかに高度な事業を展開し、適切に評価するか」ではないと気づかないといけません。】と脈絡抜きで「気づき」が要求される。レレ?行政が専門家に委託して作り、国が認定したから立派な計画?
07-13 20:50

そこに深刻さがあります。】だそうです。計画は悪くないし、みんな一所懸命取り組むのに失敗してしまう。そうですから、確かに深刻ですね。しかもこれは基本計画に限らず、地方で取り組まれる各種事業計画に共通していることなので、
07-13 20:28

木下さん、計画をどう見ているかと言えば:【各種種地域活性化事業は、いい加減に、適当な人が集まって事業を推進して失敗しているわけではありません。むしろ、自治体が中心となり”専門家”を集めて立派な計画をたて、それを国が認定し、多数の人々の労力と予算を投入し、それでも失敗してしまう。
07-13 20:28

計画―実行という方法自体が「墓標」への道。10個批判するのは、特異な事例ということでは無く、【そもそも計画をたて実行するプロセスの限界を見る上での多様なサンプル として選定しています】。どんな計画でも「計画―実行」というプロセスをとれば墓標化してしまうことを論証しようということで。
07-13 20:10

すなわち、あれこれの個別計画に失敗する原因となる部分がある、のでは無く、【計画をたて実行すること自体が墓標】すなわち計画―実行という事業の組み立て方そのものが失敗の原因であると言うわけですね。ユニークですね。
07-13 20:05

さて木下さんは、10都市の中心市街地活性化基本計画を俎上にあげ、『計画墓標』というおどろおどろしいテーマのもとで批判するわけですが、その基本姿勢は:【「墓標となる計画がある」のではなく、「計画をたて実行すること自体が墓標」というプロセス問題にあります。】(【】内は木下以下同じ)
07-13 20:01

よ~く見ててくださいね(^_^)木下さんが批判しているのは中心市街地活性化基本計画です。10都市の計画が取り上げられています。といっても個々の内容については、ダウンロードしないと読めないので、ここは無料で読める惹句部分を眼力でもって透視w、見えない内容を批判しょうという趣向。
07-13 19:53

ダウンロード定価10,000円。さいわい、イントロが紹介されているので、イントロ部分で全体を批判しちゃいましょう(^_^)
07-13 19:46

プランニング関係では「はちゃめちゃ」が通用?しているので一、二指摘してみよう。取り上げるのは、木下斉さんの『あのまち、このまち失敗事例集 「墓標シリーズ」』のうちAIR Mook 15『計画墓標-なぜ計画をたて、実行し、検証しても失敗するのか- 』https://t.co/diJKVbwBNg
07-13 19:40

自分で自分の誤りに気づけば賢さの確認になるのに、他人に間違いを指摘されると「攻撃された」と思うのってバカみたい。というかバカですよね。
07-13 19:28

@kinokuniyanet @dendentown スキーム改革志向の宣明か行政・商店街との三すくみ状態の表現かいずれもイメージ的にいまいちと。その点、シェーン様はコンサルタントの鑑ですからね。 https://t.co/sfc92lpD2a
07-13 17:04

@kinokuniyanet @dendentown 以後自称していいでしょうか(^_^)
07-13 15:23

@kinokuniyanet @dendentown 「流しのコンサル」かっこいいですね(^_^) https://t.co/9xA1SDaNmx
07-13 15:11

ネット上で見られる各種会議のメンバーに招聘されている場合の発言を見ると、そういうこと言うために参加してるんかい、という発言が少なくない。勢い、会議の成果もそのあたりに落ち着いて、主宰者の問題意識とはかけ離れた陳腐な結論に。的な会議が延々繰り返されて今日に至っている。
07-13 14:56

活性化策としてのB級グルメ、ゆるキャラは声高に批判するが、それらが組み込まれている中活基本計画等、上位計画の批判は出来ない、というレベルの識見が「学識経験者」として流通する問題状況が問題。
07-13 14:11

選択した方法、哲学が理論の他に優位する根拠を担保するわけではない。
07-13 14:01

方法、哲学は理論の外に立つ。
07-13 13:57

理論的探究はどこからスタートしてもよいが、やがて基礎理論―方法論―哲学への遡及は必然。
07-13 13:56

RT @zFtY6FICva9nDST: マクドナルドがハンバーガーの単品を買わせないためにメニュー表から消す暴挙に https://t.co/ttNdR7HMj3
07-13 13:04

我々の挑戦は、プロジェクトという認識に達していないところにプロジェクトとしてのオルタナティヴを提供しようと言うのだからなかなか大変、協働関係が出来たと思ったらすぐ異動w、時に “お前は馬鹿” と言われた気分になる人もいたりして(^_^)
07-13 12:58

商店街活性化のような一回性のプロジェクトのコントロールをPDCAで、というのはプロジェクトもPDCAも理解していないレベルの言説。おっとその前に、そもそも商店街活性化とは「商業集積としての集積性の高度化」をテーマとするプロジェクトである、という認識が無い。
07-13 12:50

哲学:意思決定の手続き、根拠に関する一般理論とすれば、万人に共通する課題だが、課題として自覚し、改善進化に努めるか否かで。
07-13 12:45

中心市街地活性化基本計画に欠けているもの:哲学、問題解決、計画、商業等必須分野の常識=この程度は持っていないとこの計画は作れない、というレベルの知識・技術。作成段階における、この世のこととは思われない必須要件の欠如が中心市街地活性化の挫折低迷の根本原因。
07-13 07:43

プランナーは、その業務に関する哲学(意思決定の手続き、根拠に関する一般理論)を持ち、かつ、不断の向上に努めなければならない。プランニングは演習ではない。
07-13 07:32

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170