FC2ブログ

07/18のツイートまとめ

2018.07.19 04:22 | EDIT

takeoquolaid

@summum_bonum824 プロジェクトを組むべき問題への対応が出来ないですね。商店街―中心市街地活性化の低迷の原因としては、スタート時点から現在までの経緯を掌握していますが、商業理論の欠如もさることながら、さらにメタの「問題解決」、「計画」といった一般論レベルの知見・技術の不備が大きいと思います。
07-18 23:55

@summum_bonum824 藤井さんの本に一般論が説明されています。商店街活性化の場合は、一般商業論が構築されていないこと、商店街活性化が定義されていないこと、総じて未知の領域に踏み込んでいく方法を持たない人が指導していることなどが原因でしょうか。
07-18 23:49

この問題、組合は知らんぷりは出来ませんよ。のるかそるかの大一番、組織の命運が掛かっている。
07-18 21:06

大店法以来、連綿と続けられて今日に至っている商店街活性化ですが、この間、立地する個店の経営維持はもっぱら個店の自助努力によるとされて来ましたが、大手小売業すら持続が危ぶまれる状況においてなお、消費税率アップへの対応は個店が自力のみで対応すべき、対応できる問題なんでしょうかね。
07-18 21:04

というか、現下の競争環境において商店街活性化=商業集積としての持続可能性の再構築を指導する皆さんがたかが消費税率アップへの対応を提案できないというのは考えられない、是非妙案をご披露いただきたい。「稼ぐまち」云々を唱導される木下斉さんには「まちで消費税に勝つ方法」を是非(^_^)
07-18 20:55

商店街活性化の切り札を自称して登場したが、間もなく失墜、陳腐なメニューの one of them と化している各種アイデアの言い出しっぺさんたちは、起死回生、消費増税対応の方法を提案されたらいいんじゃないでしょうか。
07-18 20:43

流しコンサルは、ここで執行部に手抜きされては一大事、失敗すると次の受注に響きます。なのでいろいろ言いたくないことも言わなくちゃなんない。何せ流しなので。この点学識経験者さんは違いますよ。事業の成否に関係なく研究資料は確保できる。仲良くしてれば目的は達成されたりして(^_^)
07-18 17:55

流しのコンサルは、言説勝負なので経歴業務実績一切関係なし、頼まれた仕事をやりとげるだけですが、次の受注を考えると失敗は許されない。学経と流しコンサルの違いはここ。
07-18 17:43

「定義無き商店街活性化」の正体が消費増税という施策で白日の下にさらされる、ということですね。
07-18 17:21

日ごろ「活性化する方法はいろいろある」と豪語?していた皆さんは、それらの活性化策が増税対策として効果が期待できるのか、出来ないとすればどうするのか、ちゃっちゃと提案すべき。商店街活性化論の真偽を判定、無効無能な方策を淘汰放逐する絶好の機会。というほどいろいろ提案されてませんが。
07-18 17:15

消費増税にどう対応すべきか?消費財産業全体―小売業界全体が直面し、対応を巡って新たな競争が激化すること不可避の状況に、活性化に取り組んでいる商店街はどう対応すべきか? 活性化に関わる各方面・個人にとって試金石となる事態の到来。
07-18 17:05

プラグマティズムが足りない!学界もビジネスもまちづくり界隈も蔓延する閉塞を突破するには:藤井聡『プラグマティズムの作法』2012 技術評論社加納治郎『計画の科学』を継ぐ「問題解決の一般論」へ https://t.co/yU8BmnRJAp
07-18 16:00

消費税率アップにどう対応してくれるのか、賑わい創出事業などの事務局やってる時ではないが。 https://t.co/aW4uzx6YhJ
07-18 14:18

そもそも計画が問題解決指向で作られていないために、個別事業 即 活性化事業そのものという錯視が関係者全般に蔓延しており、管理・評価・監視部門も例外ではない、という全てがゴッコじゃないのという疑義も生じかねない界隈環境。
07-18 14:14

商店街―中心市街地活性化の冠をかぶっている事業は、最上位目的:商業集積としての持続可能性の維持または再構築のための事業体系のどこに位置づけられ、その前後左右にはどんな事業が配置され進展状況はどうなっているか、確認しながら推進するのが常識だが。
07-18 14:06

RT @segawashin: 掘り起こされて話題になっている三年前の記事だけど、当時の産経的には「宰相の決断力!」みたいなトーンで書いているのが笑いどころかな……。「馬鹿の考え休むに似たり」を体現する結果になってるけど。 / “【新国立競技場】首相「冷暖房は…” https:…
07-18 13:44

問題解決の一般的過程①research in situation②decide problem&object③plan④do⑤see⑥criticismPDCAとか使っちゃダメ。
07-18 13:23

消費税率アップ、各都市の中心市街地はどう対応するのか。タウンマネージャー、まちづくり会社の本来業務としての腕の見せ所が到来した。まちづくりご一統に取って避けることの出来ない正念場、ここで踊れないと舞台が消滅する。
07-18 09:21

キャッチコピーをブレイクダウンして目標群を設定、それぞれに数値目標を掲げる、それらをクリアして「キャッチコピー」経由~上位目的:経済活力の向上を実現できるものかどうか。机上で確認できる。
07-18 09:17

こういうコンセプトまがいを掲げて上位目的のない単発一過性の事業にいくら取り組んでも成果を蓄積することは出来ず、中心市街地の空洞化は改善されることが無い。上位目的を欠いた基本計画が目的を達成できるわけが無い。
07-18 00:16

中心市街地活性化で、商業街区の活性化を「商業集積としての再構築」と適切に理解して取り組みを構築しているのは、我がコミュニティモールプロジェクトだけ、既存の基本計画は人に優しいとか歩いて暮らせるとかキャッチコピー級の目的をかかげている。
07-18 00:12

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170