FC2ブログ

07/20のツイートまとめ

2018.07.21 04:21 | EDIT

takeoquolaid

計画を理解するには、経営、問題解決、意思決定、知識理論等々、メタ領域の知見を要する。プランナーさんは深遠宏大な教養を要請される大変なお仕事。
07-20 20:11

小売業は基本的に成功事例追随、仮説―試行という革新性を持つものは少数だ。商店街空洞化という未曾有の環境変化が始まって以来、商店街には追随に値する成功事例は無いのだが、他に方法を持たないために先行事例に追随してしまう。商店街にとって何かに挑戦するとは新しい先行事例に追随すること。
07-20 19:01

#商店街の秘密小売業は、極めて少数の革新者とその他の追随者で成り立っている。ほとんどの商業者は成功事例の模倣プラス差別化で業容を作っている。しかし、商店街にとって摸倣追随出来る先行成功事例はない。これは重要。追随される各種事業は成功事例ではない。
07-20 18:38

何しろ悉皆目標未達ですからね。ハンパな理由付けは出来ません。すべての基本計画に共通する欠陥がこれ。
07-20 16:47

上位目的&論理と戦略無き、戦力と時間の眼前状況への弥縫的加上的無批判的逐次投入。
07-20 16:44

#商店街の秘密商店街空洞化のを論理的に解明し、その上で展開されている活性化の論理と戦略は暁天の星。ほとんどの施策は、商店街に対するアンケート調査をもとに作られている。通行量、空店舗などはもとはと言えば商店街の問題意識。解消すれば街は活性化するはずだったが。
07-20 16:37

失われた30年を勘案すると、問題状況はこのあたり。30年間で分かったことは、問題解決能力が問題状況に適合して成長できないこと。象徴的なのは中心市街地活性化を巡る20年。 https://t.co/Cq5TuPUWdc
07-20 16:17

通常、人はおのれの能力に応じて問題を定義するが、所与の任務となれば話は別、能力そっちのけで遂行しなくちゃと、問題をおのれの力量範囲に矮小化する。中心市街地活性化基本計画死屍累々の一因。
07-20 16:10

地方活性化、地方創生の専門家というクラスタが存在するらしいが、どんなスペックを保有しておいでやら。
07-20 15:52

#商店街の秘密地域商店街活性化法という法律が有って、商店街の通行量増大を目的にソフト・ハードの各種事業に取り組む商店街活性化事業計画を作って推進する商店街を支援する。
07-20 15:32

お奨めは、売れる売り場づくり。個店の増収増益、持続可能性を構築しながら並行して商業理論―集積論を修得、漸進的に持続可能なショッピングゾーンを目指す。一に勉強、二に勉強、小売業は勉強あっての商売と観念すべし。お客からも言われるでしょ、もっとベンキョーしてよ(^_^)
07-20 15:08

勉強して現状をしっかり認識、可能性を判断しないと活性化の方向と方法は選択できない。活性化計画の作成などとんでもない話、暴挙。
07-20 15:03

①は、ナショナルチェーン多数が集積する超広域型商店街。自生的集積。②は、多彩。都市規模などより街の集積度合い、その他の諸条件が必要。③は、全国遍在。②に行けるか、④に落ち着くか④も遍在、周辺環境、取り組み次第で新しい展望もいずれにせよ、商売の理屈を勉強しないと始まらない。
07-20 14:59

#商店街の秘密「商店街」4分類:①自生的成長が可能な商店街②商業集積としての再構築が見込める商店街③既存個店群の自助努力に将来が掛かっている商店街④仕舞た屋どおりちなみに中活法のスキームは②向け。①~④共通の課題は、売れる売り場づくり。
07-20 14:49

40年来、通行量、空店舗、賑わいといった条件反射・弥縫加上に終始する問題意識に災いあれ、だ。
07-20 14:40

#商店街の秘密商店街が直面している3プラス1の問題:①既存個店群の業績の下落 ②活性化事業の無効 ③組織の求心力の減衰 という長期趨勢に加えて④消費増税の来襲。最後に番外編:4つの問題の所在が認知されていない。気づいていても手が打てない。
07-20 14:36

解決すべき問題と利用可能な能力にギャップがある場合は、両者間の整合を図る作業が必要になる。
07-20 12:55

売れる売り場は選ばれる売り場
07-20 10:17

#消費税対応ボランタリーチェーンの課題:求心力向上好機。スーパーバイザーによるサポート内容の抜本的改革による加盟店の売上アップの実現。「選ばれるチェーン」を目指そう!
07-20 08:19

通行量が増加する前に「売れる売り場」のお客が増加する件。その理由が分からないと商店街活性化は難しい。 https://t.co/8LPTs5UfPo
07-20 07:05

ということで。独立自営地場中小小売商業者のみなさん! レイアウトは大事よ(^_^)売れる売り場づくり(消費税対策)講座 第二講「レイアウト論」日時:8月21日(水) 19:00~場所:街角研究室
07-20 06:59

人間は環境に包まれて生きることを知る存在、そこからレイアウトの課題が生まれる。 https://t.co/1gTKX7xJoj
07-20 06:35

高度化=中小小売り商業の競争力の高度化=集積における業種揃え・店揃えの高度化、個店売場の業容の標的客相マッチングの高度化、
07-20 06:15

高度化事業の結果として中小小売商業の高度化、業種揃え・店揃えの高度化が実現されていない件。
07-20 06:11

『中心市街地活性化基本計画』のキモ、中小小売商業高度化事業計画の「高度化」が定義されていない件。もちろん、高度化とは施設の整備のことではない。
07-20 06:09

店舗、集積の規模は関係ない。標的客相の消費購買行動と業容の適合の高度化。
07-20 06:02

ポスト消費税率アップ、選ばれた少数の売り場にお客が集中する情景。
07-20 05:59

面白うてやがて悲しき
07-20 05:57

レイアウトの変更、什器の撤去で売り上げアップ、アーケードを歩く人はほとんどいないのに、各個店にはお客が複数組、ショッピングを堪能している風景。
07-20 05:52

コミュニティモール、チャレンジする個店はらしくなってきた。
07-20 05:46

書かれていることはほぼ当たっているとして、何を目的に書かれたのかが分からない。
07-20 05:39

この本ですけどね。違和感あるよね。 https://t.co/dSK0TUzDB8
07-20 00:37

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170