FC2ブログ

07/31のツイートまとめ

2018.08.01 04:22 | EDIT

takeoquolaid

基本計画・目標未達の原因は、各種施策の最終成果としての「顧客の創造」を既存個店に委ねていたから。既存個店群にイベントなど臨時来街者を得意客に転じる力量は無く、活性化のシナリオはここで頓挫した。このプロジェクトは「売れる売り場づくり」「顧客づくり」からスタートする真逆のチャレンジ。
07-31 23:54

ポスト「中心市街地活性化基本計画」。リベンジとしての中心市街地・商業街区の商業集積としての維持または再構築を目指すなら、このプロジェクトは、目下のところ、提供されている唯一の選択肢。 https://t.co/ZUAS0HLuuH
07-31 23:41

これまでの取組のすべてを中心市街地・商店街の活性化に役立てることが出来る、活性化実現の〈おそらく〉唯一の選択肢。これまでまったく活用していない商店街所属の地場商業者の自助努力の組織化による正真正銘の商店街活性化がスタートします。
07-31 23:03

再掲:https://t.co/6MSOzokVsu 『中心市街地活性化基本計画』終了で所期の成果を得られなかった(中心商店街が活性化出来なかった)都市は、基本計画・第七章『経済活力の向上のための事業及び措置』に継続する取組としてこのプロジェクトの採用を検討していただきたい。
07-31 23:03

『中心市街地活性化基本計画』が終了したが、所期の成果を挙げられなかった都市にお勧め。これまでの資金投入を無駄にしないため是非。追加投資無しでいけますよ(^_^) https://t.co/ZUAS0HLuuH
07-31 22:51

@quolaidbot 既にスタートしている事例は、中心市街地活性化基本計画終了後の中心市街地・商業街区。基本計画で取り組んだソフト・ハード各種事業の成果を一挙に獲得するための取組が〈コミュニティモールプロジェクト〉。同じ条件にある中心市街地にお勧め。
07-31 22:48

地方創生=都市の持続可能性の維持または再構築における域内資金循環の重要性を考えれば、地方創生最優先課題は地場小売業の活性化、その先頭を担うのが中心市街地・商業街区。中活法第2条、第3号要件を見よ。
07-31 22:36

中活法第五条、「中心市街地活性化は地方公共団体の責務」とある趣旨はどう理解されているか? 経済活力の向上=域内資金循環の担い手:地場小売業が集積する商業街区の商業集積としての再構築、消費―所得循環の再構築という都市経営上の戦略課題への取組だからこそ。
07-31 22:34

中心市街地・商店街活性化関係者必読〈だと思う〉 https://t.co/ZUAS0HLuuH
07-31 21:15

繰り返すが〈商業集積としての再構築〉を外すと、商店街の空き店舗利用や通行量増大など単発の商店街活性化策になったり、仕舞た屋どおりへの転換とかになる。これは、中活法の趣旨:中心市街地・商業街区の経済活力の向上からかけ離れた恣意的な取組。
07-31 21:13

〈商業集積としての再構築〉を放棄するならもはや中心市街地活性化ではない(^_^)疑うものは、基本方針第七章を見よ。列挙されている基本計画の形式は、何を目指すものか、マニュアルに戻って考えてみるとよい。
07-31 21:10

中活法における中心市街地活性化の定義は、福祉機能の増進と経済活力の向上、経済活力の向上は、商店街等を一個のいショッピングモールに見立てた再構築.と、明記されている。基本計画第七章の目的は商業集積としての再構築、それも「ショッピングモールとしての再構築」の方向で、がキモですよ。
07-31 21:07

根拠:添付画像 『中心市街地活性化対策Q&A』第2編 平成10年以後改定無し。「ショッピングモール見立て」の出所。現在も生きていることを所管官庁に確認済み(^_^)読んだ人いないでしょうね。 https://t.co/Em9AXAKZcG
07-31 21:02

従来の商店街活性化と中活法のスキームの違いは、前者が現状改善だったのに対して、後者は商業集積としての再構築を目指すというところに抜本的な違いがあるのだが、ほとんどの取組がスキームの意義を理解しないまま、旧態依然の商店街活性化=環境改善に止まっているのが現状。
07-31 20:51

中心市街地活性化法のスキームで中心市街地・商業街区の持続性の再構築=集積の高度化を目指すプロジェクトのモデル:https://t.co/6MSOzokVsu中活法が期待しているのはこういうプロジェクトですけどね。
07-31 20:48

こういう提言をする前に、商店街が商業集積として持続するために進むべき方向と進める方法を提示していただきたい。個別アイデアの提案は「方向と方法」示した後でをお願いします。
07-31 17:55

いいねをもらったので。富永仲基は、「古いものほど新しい」という方法を喝破したが、根本の原理を吟味する方法についてはどうだったかといえば、これはやはり到達していない。結局、哲学はギリシアに限られる?
07-31 17:05

@summum_bonum824 中活法は、中心市街地・商業街区を商業集積としての再構築する、というプロジェクトのスキームですが、このプロジェクトのディレクターに適格の職能が見当たらない。学祭、総合的アプローチという声もありますが、何しろ所要の理論が無いのでお先真っ暗です。
07-31 16:58

消費増税対応を商店街起死回生の好機として活用できるか否か。従来タブー視して来た個店シャッターの内側に手を突っ込む またとない機会だが。
07-31 11:36

商店街活性化が所要の知見技術を結集して推進するプロジェクト、という意味では学際的な協働が必要だが、だからといって商業理論が現状のレベルでよいと言うことにはならない。商店街活性化が低迷しているのは取り組みを主導すべき商業理論が所要の役割を果たせないから。
07-31 11:32

世間には空気と称される暗黙のご了解があるらしい。
07-31 09:00

商店街活性化への提言の数々①PDCAが全てを癒やす②空き店舗が埋まらないのは所有者のせい③活性化の主役は地権者④ナイトエコノミーが街を救う⑤商店街から雑居街へ⑥組合に代わる新組織を⑦空店舗に課税すると活性化する活性化の方向と方法を提案しない学識・専門家さんのご意見です。
07-31 08:14

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170