FC2ブログ

08/02のツイートまとめ

2018.08.03 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商学方面では、内部性、外部性という概念が使われているがいまいちよう分からん。なんか使い勝手が悪そうな。売り場とか売り場構成で良さげなのに内部秩序とか。
08-02 22:37

RT @quolaidbot: よく商店街は自生的商業集積と言われますが、自生的=自然発生的ではありません。自生:全体の計画無しで形成された商業集積ですが、自然に出現したわけでは無い。
08-02 21:41

RT @quolaidbot: 消費増税への対応の基本は、施行と同時に始まる消費購買行動のシビア化、「店離れ・買い控え」の影響を受けない売り場をあらかじめ作っておくこと。地場中小小売店の消費税対策はこれ以外にありません。
08-02 21:41

正しい理論に到達する正しい方法とかは無いので、理論づくりは腕力と度胸次第。度胸があればなんとかなる(^_^)
08-02 21:36

ポスト基本計画の商店街活性化 https://t.co/mjuBIoO190「消費増税来る!」危機をチャンスに変えるおそらく商店街にとって最後の機会。
08-02 18:43

後は、誰にどのような手段で提案すれば動き出すか、ということですね。事業主体は当然ポスト基本計画・状態にある都市ですが。
08-02 18:32

商業理論、消費増税まで一年有余、商店街起死回生の論理と戦略の創造に貢献できるレベルで提供されるでしょうか。
08-02 18:23

チェーン群を見れば一目瞭然、恣意的にチョイスできる状況ではありません。ここは適切な機能=来街目的を決定、コンセプトとして確立する、という最重要業務。チェーン業態・集積と棲み分けが可能なポジションを選定すること。ここが適切に決定できれば後はおおむね行けます(^_^)
08-02 18:18

ポスト基本計画。残されている課題は、当該商業街区の「商業集積としての持続可能性の維持・再構築」ですね。ここからスタートすると:1.広域商圏で担任可能な小売商業機能如何2.機能構築の戦略3.実現へのプロジェクトのパターンを提供すればよいことになる。ちなみに1は、郊外に布陣する
08-02 18:18

本日落手:保城広至『歴史から理論を創造する方法』2015 勁草書房理論はどんな手を使って作ってもいいんですよね。出所は夢でもおみくじでも何でもあり。ただし、理論と主張するには理論に求まられる条件を備えておかなければならない。正しい理論を作る方法とかありませんからね。 https://t.co/f0cXVEwch1
08-02 18:03

ポスト基本計画の取組は、この状況を踏まえた取組で無いとこれまでの経験の教訓として目標を達成する、という趣旨を全うできない。というようなことをまとめるのが「memo」の目的ですがいまいちですね~。「ポスト基本計画の商店街活性化はなぜプロジェクトであるべきか」をまとめたいのですが。
08-02 17:51

という計画を作っても、そら、目的である「商業街区の持続可能性の維持・再構築」は未達に終わることは当然だし、通行量だって「恒常的な買い物の目的の来街者の増大」ですから、一過性の集客イベントや居住人口の三桁の増加程度で実現出来るわけが無い。
08-02 17:51

活性化だけは、目標数値の達成を含めほとんど見るべき成果に到達していない。ということで。1.商業集積としての集積性の維持・再構築という目的の不在2.広域圏で分担する商業集積としてのポジショニングの不在3.状況分析の不在4.論理と戦略の不在という状況で「目標・通行量の増大」
08-02 17:51

#ポスト基本計画中活法は一見、都市中心部の福利機能の増進及び経済活力の向上と文字通り中心市街地全体の機能の活性化を目的としたスキームのように理解され、すると計画の核心が定まらず、中核を欠いた計画になってしまった。その結果、他の分野は目標を達成したが、肝心の中心市街地・商業街区の
08-02 17:39

論理と戦略抜きで計画できるようなプロジェクトでは無いんですけどね。中心市街地活性化こと都市中心部・商業街区の活性化。論理と戦略は本家・軍事に学ぶ。 https://t.co/nk2AngT10r
08-02 17:31

誰も必要と感じていない。どこからも商店街を活性化するには「論理と戦略〈シナリオ〉」が必要だという問題提起、提案は行われていない。40年間取り組んでますが。
08-02 17:04

いまだかって〈商店街活性化の論理と戦略〉は提供されていない。我々が知る限り、都市中心部・商業街区の「経済活力の向上」を商業集積としての持続可能性の維持・再構築=広域競争圏におけるポジションの再構築として実現する論理と戦略は提案されていない(https://t.co/loPSGNBnGC を除く)(^_^)
08-02 17:01

商店街レベルでは、街に人を集めるのは組合の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事、などと言われることもあるが、とんでも無い話。それが出来るくらいなら業績維持してますよ。このあたり、執行部は突っ込んで対策を講じるべきだったかもだが、まあ全国的にこんな感じだったんでしょうね。
08-02 16:38

知見・技術が不足していることなどが軽視され、来街通行量を増やせば街の賑わいが生まれ、その結果各個店は繁盛〈増収増益〉が可能になる、という誰も実証していないストーリーが跋扈した、多くの基本計画が〈経済活力の向上〉の目標として通行量の増大を掲げた根拠は何も無かったのである。
08-02 15:47

対する関心が希薄だったこと。〈商業集積〉という概念の理解が浅かったことなどが指摘される。さらに強調しておくべきことは、既存個店群の機能及び現状についての理解が不十分だったこと。街区の商業集積としての機能を担うのは各個店であり、その連関であること、個店は環境変化に対応する
08-02 15:43

「中心市街地活性化」という大きな文言に惑わされて?商業街区の商業集積としての持続可能性の維持・再構築を基本計画が達成すべき目標のone of them に位置づけたこと。都市機能の拡充の取組によって商業機能の活性化が推進できると考えたこと。「集積間競争」という商業街区をを取り巻く市場環境に
08-02 15:39

基本計画の基づいて取り組んだ事業ミックスはなぜ活性化を実現できなかったのか? これはきちんと押さえておかないと同じ轍を踏む可能性が高い。この二つの条件が基本計画当時とこれからの取組の違い。では、第二、これまでの取組はなぜ活性化を実現出来なかったのか?から。
08-02 15:34

基本計画終了後の中心市街地活性化。その特徴は、第一に課題を商業街区の活性化=商業集積としての集積性の再構築に絞ることが出来ること。福利施設の増進についてはほぼ計画通りに終了していると思われるので。第二に、これまでの取組から有益な教訓を引き出すことが出来ること。
08-02 15:34

引き続き、都市独自の取組で活性化を目指す、ということだろう。中には、優先度の高い別の課題へシフトする例もあるかも知れない。いずれにせよ、域内資金循環の担い手・地場小売商業者多数が立地する商店街の商業集積としての維持は都市経営上の重要な課題であることに変わりは無い。
08-02 13:55

memo)#ポスト基本計画 の中心商店街活性化認定基本計画、一次、二次と終了した都市の中には、所期の成果を収められないまま中活法のスキームによる取組を断念している例が散見される。計画した事業はおおむね終了したが、得られるはずだった成果はアグラなかった、商店街の趨勢は好転していないが、
08-02 13:55

RT @quolaidbot: 状況を突破する力量が無かった、と。 https://t.co/9gyDU5peZk
08-02 12:10

コミュニティモールプロジェクト:消費増税への対応:所在の個店売り場群の潜在能力を引き出し、街ぐるみ増収増益できる体制を構築することで中心商店街の商業集積としての再構築=中活法趣旨「中心市街地における経済活力の向上」を実現する。https://t.co/6MSOzokVsu
08-02 09:40

基本計画第七章は、〈経済活力の向上のための事業及び措置〉についての計画だが、サブタイトルを「コミュニティモールプロジェクト」として、 https://t.co/6MSOzokVsu を踏まえて計画すれば達成出来たはず。このとき、目標数値の一は、趣旨に賛同して売り場の改革:テナントミックスに参加する個店数
08-02 09:36

本来、基本計画第七章「経済活力の向上のための事業及び措置」は、実現を目指す最上位目標として「商業集積としてのコンセプト」を定め、それを実現するために必要な事業及び措置を体系的に計画すべきだったのだが、目標無し&事業及び措置の体系性無しでは挫折は当然。
08-02 09:31

コミュニティモールプロジェクト。中心市街地活性化基本計画が目的を達成出来ないまま終了した自治体の挑戦に最適。商業街区の広域商圏における存在価値を再建する。商業者を中心に関係者の合意を確立、商店街・個店売場の潜在能力の発揮からスタートし、消費増税に対応しつつ漸進する未曾有の企て。
08-02 08:43

計画未達 目標を設定したらといわれ設定したが達成できず、数値目標にしたらと言われて根拠ゼロの数値を掲げてもちろん未達、PDCAを回せと言われてその気になっている今日この頃。
08-02 01:08

計画の目的整合性の検討などは一切無視、計画はPDCAさえ回せば成就できる、というニュアンスが蔓延している可能性。今はホントに21世紀か(^_^)
08-02 00:05

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170