FC2ブログ

08/03のツイートまとめ

2018.08.04 04:22 | EDIT

takeoquolaid

さて、域内経済循環〈所得・資金〉の担い手・地場中小小売商業者多数が集積する中心市街地・商業街区の経済活力の向上=個店群の増収増益の実現に誰か本気で取り組んでるかしら。
08-03 22:29

task force と project team の違い:前者:非恒常的課題に取り組むために恒常組織の編制を超越して編成される:連合艦隊後者:主体の存在に重大な影響を及ぼす一回性の課題に対処するために臨時に編成される:マンハッタン計画
08-03 21:53

プロジェクトの目的は、プロジェクトコンセプトの実現。コンセプトはプロジェクトの命。concept→conceiveプロジェクトの全体はコンセプトに孕まれている。コンセプトの具体化。全面展開。※コンセプトの作り方?
08-03 21:09

プロのプランナーの仕事は、受託した課題について、コンセプトの構築からスタートする場合が多い。クライアントの問題意識が、真に解決すべき問題であるとは限らない。コンセプトの策定は職人芸ですよ。そもそもコンセプトとは、というところから始まる話ですが。
08-03 19:02

組織内プラニング、プロジェクト構築は、下命に基づくもの、課題、コンセプトは上から降りてくる。したがって、実務レベルのスキルでOKですが、外部のプランナーが委託されて取り組む場合は状況がだいぶ変わります。こちらは「コンセプトの決定」まで守備範囲。
08-03 18:59

活性化の定義、いろいろあっていいと思いますが、無いというのはダメですね。さらに、商店街を商店街として維持したければ、集積間競争厳しい折から、「商業集積としての再構築」という方向は採用しないと。
08-03 18:54

商店街活性化とは街をどうすることか?定義しないということは、目標無しでプロジェクトを立ち上げているのと同じなんですけど。学識経験者さん多数が関与していて「商店街活性化の定義」が行われないというのは信じがたい。剰え、活性化は陳腐化したからまちづくりと改称しよう、とか。
08-03 18:50

プランナー実務実務向け参考書はあるが、基礎理論がない。実務参考書:分かっている人には整理に役立つが、分かってない人が読んでも力がつくわけでは無い。 https://t.co/6y0WsHa2Oe
08-03 16:07

汎用レッテル。 https://t.co/5GBMXJD6cU
08-03 11:30

本来、計画論レベルで所要の素養が無いとPDCAとか云々できないのだが、そのことにさえ気がつかないのがPDCA論の現状。
08-03 11:25

「PDCAを回す」論は、基本となるCheck=計画はなぜ目標を達成出来なかったのか、を子細に吟味することなく、「これからはPDCAを回そう」というのだが、何を根拠に「PDCAを回していれば計画は成功した」と言えるのか? そもそも計画を批判する権能がCにあるのかどうか。
08-03 11:23

郊外型商業(チェーン型)全盛時代に、空洞化した商店街を再生するには、郊外型が対象にしていない消費ニーズを標的にコンセプト主導で店揃えを再構築する。既存個店群が主役としてコンセプト主導のもと〈売れる売り場〉への転換に取り組むことになる。これ以外の道は無い。
08-03 10:26

商店街活性化とは、郊外型商業からお客を引っぱがしてこないと出来ない話ですから、集積間競争、コンセプト競争について無知なまま、目標とか数値とか掲げても未達に終わるのは当然ですね。
08-03 10:16

掲げるだけで、来街目的=「店揃え&購買支援」の再構築の計画が無いのは、指導者を含め関係者が商店街全盛時代の知見に止まっている証左。計画に集積間競争とか郊外型商業、チェーン小売業の特性とかを考慮した形跡が皆無というのは、あってはならない致命的な欠陥。
08-03 10:13

小売業界で主流を占めているのは〈業態〉。コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター等々は客相主導:コンセプト主導の業態ばかり、もちろん、ショッピングセンター、モールもコンセプト主導。集積間競争=コンセプト競争。中で商店街だけが〈高齢者と観光客に優しい〉などの「標語」を
08-03 10:05

商業集積としての再構築は、コンセプト勝負です。コンセプト:誰がどんな目的で来訪する商業集積を目指すのか、ということ。これまで作られた基本計画、商店街活性化計画は、実現を目指す商業集積としてのコンセプトが無い、という恐るべき欠陥品ばかり。コンセプト無しで出来ることでは絶対に無い。
08-03 09:45

ライリーとかハフとか使っちゃダメ、というか、こういう方法を持ってくるコンサルタントはダメです。https://t.co/Y8Kpfcm39v
08-03 09:38

商店街活性化=商業集積としての再構築の計画は、ありがちなデータの分析などはいくらやっても意味が無い、というかデータをもとにこねくり回して数値目標などを設定するとこれまでどおり、事業は完了したが成果は挙がらなかった、ということになりますよ。論理的に。
08-03 09:31

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170