FC2ブログ

08/07のツイートまとめ

2018.08.08 04:22 | EDIT

takeoquolaid

①ならば、向上する根拠を示すべきだが出来ないだろう。②ならば、まず経済活力を向上させる目標を立てるべき。結局、いずれにしても「目標通行量」は経済活力の向上とは直接関係なさそう。
08-07 23:46

#通行量問題①通行量が増えると経済活力が向上するのか、②経済活力が向上すると通行量が増えるのかさらに、③計測するのは来街者数かそれとも?
08-07 23:41

個店の状況は、その技術が消費購買行動の変化、競争の変化に適切に対応して売れる売り場を維持するには課題があることを示しているが、この問題へのアプローチは無い。この問題の存在を指摘し、解決策を提案しないと指導専門家、識見を提供する学識経験者の名に値しない?
08-07 19:20

特に中心市街地活性化、商店街活性化については、プロジェクト的アプローチが要求される課題であるという認識が無い?恒常業務的認識で通行量減少→増大策、空き店舗固定化→利用促進という対症療法が通用する状況では無いことを理解しようとしないことが問題をこじらせている。
08-07 19:15

吟味、再点検という作業が行われことは無い。なぜか?費用を投じて外部から招聘した専門家との協働で作った計画、間違っているはずが無い、とか。
08-07 15:29

『計画の神話』の呪縛我が列島には、「物事を進めるにはまず計画を立てる」を転倒させた「物事は計画を立てればうまくいく」という迷信が蔓延しており、それでうまくいかないと、目標が立てられていない、PDCAがまわされていない、という形式城見にこだわり肝心の計画、目標の目的合理性の
08-07 15:29

既存個店群の売り場の改革改善に取り組まない商店街活性化とは、不具合に陥っている競争力の最適化には見向きもすること無く、眼に見える問題への対症療法に専念する、本来の活性化とは無縁の取組。活性化に失敗するのはあまりにも当然の話。
08-07 15:02

問題を理解していない証拠。計画というものは、単に作って統制管理すれば目的を達成出来る、というものでは無い。日本列島はジャンル不問で計画立案、問題解決に関する常識が欠落していることを忘れる勿れ。
08-07 14:53

再構築するからには、①広域商圏内に商店街の能力で対応可能な潜在消費ニーズを発見する②①をコンセプトとする商業集積への転換を図ることが必須課題。当然、既存個店群の売り場のあり方の改革改善は、最優先課題である。これをスルーして、計画だ、PDCAだ、というのは、
08-07 14:50

マイカー中心の広域商圏における各種業態・集積間の競争は、店揃え・品揃えの最適化を巡って争われている。標的客相を基準に実現を目指す「店揃え・品揃えの最適化」がテナントミックス。テナントミックス≠空き店舗活用。商店街活性化=広域圏における集積間競争のただ中で持続可能な商業集積として
08-07 14:43

中活法・基本方針・第七章に、“中小売商業の競争力の根幹は業種揃え、店揃えの最適化である" とあるのに誰も注目していない件。支援に当たる専門家ならこの一文は無視しちゃいかんだろう。無視→指導者失格確定と言っていいくらい。
08-07 14:26

商店街の進路をデータ分析やマーケティング調査などで決定するというのは調査、計画と問題解決との関係に無知な人のアプローチ。
08-07 14:15

コンサルタントさん、プランナーさんには、自分が行う提案の根拠をより明晰にするため、その職にある限り研鑽を重ねる責務がある。
08-07 13:58

消費税対応といえば軽減税率、対応セミナーと言えば軽減税率説明会。これが消費税対応現下の状況です。
08-07 12:03

商店街活性化は陳腐化したからまちづくりと言い換えることにしたら、まちづくりも陳腐化の一途。今どき、「〇〇活性化」といえば:〈持続が危ぶまれる〇〇に的確な施策を講じて持続可能性を維持または再構築すること〉くらいのニュアンスで定義しておかないとこれまでの活性化の轍を踏む。
08-07 11:58

商店街活性化を阻んでいるのは、状況を踏まえつつ自分の頭で考えた、とは到底思われない言説が岩盤化している界隈風潮。売り場づくりより通行量。営業店舗より空き店舗。店揃えより集客催事etc.,
08-07 09:40

現状は、組合加盟の推進でぎくしゃくしているが、商店街が直面している課題を前提にすれば、難しい話ではない。実はチェーン本部も商店街の集積としての再構築は望むところ、でしょうし。コミュニティモールを目指す、といえばすぐ決着する。
08-07 08:41

課題は、問題解決過程を通じて問題解決リテラシーの向上を図ること。意識的に追求しないと問題自体が解決出来ない。
08-07 08:32

地域・地場産業振興五つの方向(著者)1.移入代替2.移出代替3.移出財の再移入阻止4.既存産業の見直し5.新しい産業の創出さらに、着眼として地産地消域内資金循環時間堪能もの余り・店あまりなどがあるとよいかと。〈ものづくり〉も作ればいいというものではない。
08-07 08:20

地方創生指南書:清成忠男『八〇年代の地域振興―その実践的展望』 1981 日本評論社当時から課題は不変、解決されていない。創生≓甦生・賦活・活性化:持続可能性の維持または再構築(中活法) https://t.co/aUv2GLbGxj
08-07 08:09

商店街ぐるみの消費税対応販―流―製 協働の消費税対応という流れが生まれて当然の問題状況。商店街立地業態のチェーン企業と組合の協働が双方にとって不可欠だが。
08-07 07:43

RT @keyaki1117: ご参考アフリカ豚コレラ・ウイルス(ASFV)についての一問一答-その1https://t.co/ZBcdRqdDhm①人には感染しない②感染豚の症状は熱、下痢、食欲不振、呼吸不全、鼻血、皮膚出血など③感染豚は7日から10日内に死ぬ。性別…
08-07 06:59

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170