FC2ブログ

08/27のツイートまとめ

2018.08.28 04:23 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化クライシス商店街活性化、まちづくりに取り組むに当たって、商店街活性化、まちづくりを定義する必要を感じていない学識経験者は、今すぐ、なぜ定義しなくも活性化、まちづくりが達成可能か、説明していただきたい。
08-27 23:55

訂正:非拘束性→被拘束性
08-27 23:47

商店街クライシスと商店街活性化クライシスのダブルパンチ。
08-27 23:32

商店街賦活の論理と戦略。商店街の空洞化は経済学・経営学的にはどう認識されているのかな。経済学・経営学の範疇に入る問題状況であることは間違いないと思うが。おっとマーケティング理論からも一言あってしかるべきかと。
08-27 23:30

大店法当時、空洞化の原因となったスーパーマーケット、日本型GMSの分析に基づく商店街、中小専門店等の対応策の提案が必要だったが、分析・提案とも行われないまま現在に至っている。商学のクライシスもさることながら商店街及び地場中小商業のクライシスが続いている。
08-27 23:15

商学の現状は、原論から商店街を演繹的に説明出来るだろうか。空洞化からの商業集積としての賦活の論理及び戦略を展開することは難しそう。実際に活性化の論理と戦略を展開している商学系の学者は管見限り見当たらない。学識経験者としての使命遂行は果たして如何
08-27 23:09

これはマジの商学原論への挑戦ですが、同じ趣味の人如何かな。趣味じゃ無くてもかまいませんが。
08-27 21:50

商学原論と商業理論商取引のうち対消費者取引の特殊性。
08-27 21:48

今後類似ないしさらに有力な選択肢が提供される可能\性は、う~ん、無いでしょうね。基礎となる理論がありませんから。
08-27 16:53

商店街活性化の要諦:既存個店群はそれぞれ自店の売れる売り場づくり―増従増益の実現に注力していれば、商業集積としての集積性の向上、持続可能性の維持向上が実現する、という取組を企画すること。我がコミュニティモールプロジェクトは現在提供されている唯一の選択肢。
08-27 16:53

ここを押さえておかないと経済学、経営学、マーケティングは成立しない。特に経済学の均衡仮説のトンデモ振りは、純粋商学の前にそのデタラメ振りが暴露されることに(^_^)
08-27 16:45

五つの要素が揃えば商取引は成立する。どれが欠けても成立しない。他方 非商取引の場合は五要素が揃わない。後はこの五要素の関係(プラス派生要素)と初期条件による変化で、史上行われた商取引&現在行われている商取引は全て説明可能。これが原論の機能ですね。ご確認あれ。
08-27 16:37

原論レベルとは:ギリギリ商取引の成立に必要な要素だけで組み立てる。純粋商取引(^_^)売買二者と商品と提供方法と取引場所。うち、「商品(群)、提供方法、取引場所」は我々が言うところの売買接点・売り場。売買二者の存在は前提とすれば、商学原論は「営利事業としての売り場の構成原理」かな?
08-27 15:04

商学、商業学の現状が『原論構築』を課題にしていることを示す論文は他にも見られる。学問として取り扱う範囲をどう設定するか難しい問題。いっそのこと売買接点に絞るという方法もありそう。他は派生ということにしないと収拾がつかないかと。
08-27 14:38

商店街組織活性化の眼目:経路非拘束性からの脱却には『消費増税対応』の取り組みが最適。我々が支援すれば増税対応の取り組みがまんまで商店街組織の活性化に直結する。 https://t.co/kcTJbkU2pL
08-27 14:24

@quolaidbot 活性化のキモである「お客に見える売り場づくり」に有志が先行して取り組み、を挙げて可能性を実証して普及させていく、というシナリオで合意を確立すれば良い。全員が最初から共同行動、という既成概念を脱却すれば道は開ける。
08-27 08:56

コンセプト:構築を目指す商業集積の広域商圏におけるポジションプロジェクトとしての取組の決定(以下続く
08-27 04:45

売買接点論と商店街活性化の関係実践課題としての商店街活性化における売買接点論(商業集積論以下)の使命。問題設定:目的―初期条件―移行する位置(コンセプト)の設定目的:商業集積としての機能の確保(商店街の機能)初期条件:状況分析(商店街の現状・競争の実態・消費購買行動
08-27 04:38

商店街活性化の1.商業理論における位置2.商業経営における位置3.都市経営における位置先行して売買接点論からスタートするメリット売買接点論が牽引する商業原論。売買接点:産業と家政の接点。
08-27 04:05

宿題:商業理論における売買接点論の位置商店街活性化において商学、商業系の理論は売買接点(売り場・店舗・集積)論があれば良い?
08-27 03:56

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170