FC2ブログ

08/28のツイートまとめ

2018.08.29 04:23 | EDIT

takeoquolaid

暗中撫象、暗闇の中でこれまで象を見たことが無い面々が手探りで象を見極めようとする。しっぽに触った一人は縄のようだ、といい、耳に触れたものは生きている団扇だ、といったそうな。ところで理論抜き、スキーム未読で活性化を論じる皆さん、活性化とは街がどうなることですか?
08-28 23:41

今取り組んでいる活性化事業で既存個店群の業容は改善され、業績が向上するという見通しを持っている関係者は少ないだろう。しかし、売場の改革に取り組むべきだという声が一向に上がらない。消費増税待ったなしというのに。
08-28 23:37

北海道日高郡新日高町(行政人口33千人。競走馬の産地)に静内商店街(協同組合)がある。スーパーマーケットを核に地場中小小売店が商店街を形成、空き店舗ほとんど無し。もちろん郊外にはチェーン業態が展開している。こういう商店街が「コミュニティモール」を掲げるとあっという間に成功事例に。
08-28 23:27

基本課題は、揺動期においてどのようなシナリオ選択すれば状況を乗り切って都市としての持続可能性を維持またはDS愛好馳駆できるか、ということ。シナリオに沿って地場産業・企業が新しいポジションを確立していくというプロジェクトの経営だ。
08-28 23:19

地方創生、まちづくり、商店街活性化、どのテーマをとっても大揺動期における持続可能性の維持、再構築のシナリオ・戦略を提案しているコンサルタントはいないので、単純に個別案件の最高失敗を論うという素人レベルしか出来ない、というこの自己表出。
08-28 23:17

総務省が二回にわたって中心市街地活性化についての行政評価監視が計画段階の目的整合性をチェックすることなく、目標数値の瀬設定、PDCA回しなどを勧告したのも影響があった。この勧告内容では計画自体は中活法のスキームに即しており問題は無いということになりますね。
08-28 22:49

中活法のスキームに基づく商店街活性化の論理と戦略の不在は、事業の継続性を損ないます。加えて、総務省行政評価が数値目標設定やPDCAオペレーションなどを勧告すると、事業は数値目ひょいうとして設定可能な事項を目標にする。通行量がその典型。
08-28 22:45

個別事業の評価においては、常にプロジェクト全体の推進を念頭に個別事業が目指す方向、他との連携などを勘案しなければならない。個別事業の成功を喧伝するのは、その成功がプロジェクト全体の進展に戦略的な意義を有することを説明してからのこと。
08-28 20:10

商店街活性化、地方創生等は街区、地域の経済活力の向上を目的とするが、限られた条件の下での取組だから、全体の活性化、向上を実現するシナリオをもって、全体を見ながら戦略要地的事業を選択して取り組み、事業の成功とそこからの波及効果を実現する。コンサルタントその他指導支援に当たる立場は、
08-28 20:10

今日の一句:膝の子をあやす言葉でぼくを責め ―作者不詳身につまされますなぁご同輩
08-28 18:58

理論⇔論理を持たないコンサルタントは事例に逃げる。仮説―試行を指導するコンサルタントが事例なんか持ち出してそうすんのよ、ということですが、成功事例も失敗事例も素人でも見れば分かる程度の紹介に終始しているので、きいたからと言って情報精度が向上することも無い。
08-28 18:21

とりわけ、商業集積プロジェクトですから、基礎理論としての商業原論の存在は最重要条件。ところが現状は、この商業原論がいま構築の途上というか、構築の入り口を伺っている状況ですから、大変です。これまでの挫折事例の多くは計画の不備に起因しますがその根本に、恐ろしや、商学原論の不在がある。
08-28 18:16

商業原論不在の損害もっとも被害を被っているのは商店街活性化と商店街立地の商業者。自生的商業集積・商店街を活性化する=計画的商業集積として再構築する仕事は、仮説―試行型プロジェクトですが、この種のプロジェクトの常として仮説を支える関係学術方面の理論を駆使することが不可欠。
08-28 18:16

商店街活性化、今大事なことは:効果抜群の新事業を発見することではなく、これまでの取組はなぜ成功しなかったのか、考えてみること。そもそも商店街活性化とは商店街をどうすることか。定義は共有されているかどうか。
08-28 12:35

名称を変えれば実体が好転するなら何の苦労もありませんね。それよりも心配なのは「改称すれば事態が変わる」という発想 → ものの見方・考え方。
08-28 10:36

改称で何が得られるか?商店街活性化―まちづくり―賑わい創出地域振興―ふるさと創生―地方再生―地方創生趣旨は、持続可能性(再投資可能性)の維持・再構築という方向ですが、定義されておらず、取り組んで成果が思わしくないと名称が変わります。商店街の場合、改称の理由は「名称が陳腐化したから」。
08-28 10:31

RT @aNmiNreNtaN: 「僻地の廃校」に年間2万人が訪れるワケ 実業家が生んだ、常識破りの美術館:PRESIDENT Online - プレジデント https://t.co/T77uR3Rx7qディマシオ美術館には年間2万人が訪れるそうですが、1人1100円払うと…
08-28 10:10

もし、勉強が不要だとお考えならその根拠をしっかり展開していただくと我らが悪戦が泡と消えて往生できます(^_^)
08-28 08:42

商学系の学者で商店街活性化を指導されている先生方には是非、活性化には理論と技術を修得する勉強が不可欠であることをきっちり指導していただきたい。
08-28 01:01

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170