FC2ブログ

08/30のツイートまとめ

2018.08.31 04:23 | EDIT

takeoquolaid

これは早急に手を打たないと。消費増税で起こる「買い控え・店離れ」対応が必要な時期、売れる売り場づくりが全国的なうねりにならないと「ニッチもサッチも」になることは確実。商店街活性化と書いてベンキョーと読む運動とかどうでしょうか。
08-30 23:52

大店法、商振法がセットで施行された1973年当時以来、一貫して個店売場については黙して語らず、が商店街活性化界隈の常識?中心市街地活性化基本計画にも個店売り場の改革を推進する事業はまったくといっていいほど計画されていない。集客イベントの成果が顧客増として蓄積されない理由ですね。
08-30 23:48

後者は売り場命、ですからね。売り場が書かれていない本はない、というくらい。商店街活性化はなぜ個店・売り場について緘黙するのでしょうか?このあたりを考えると突破口が見えてくるかも。
08-30 23:42

ご供覧左:商店街活性化(まちづくり)向け参考書右:チェーン小売業向け参考書両者の違いはというと:前者には消費購買行動の来街目的である個店・売場の話がまったく語られないこと。 https://t.co/uEb7vNbL9l
08-30 23:17

#ニッポン商店街活性化論の陥穽このあたりが常識化する日が来るものだろうか。相変わらず通行量増大、数値目標、PDCA回し、という目的を見失った取組が続行しているが、一度注活法のスキームを読んでみるべき。基本計画の多くは「中活法―基本計画―実務マニュアル」を踏まえずに作られている。
08-30 21:16

活性化と書いてベンキョーと読む。
08-30 20:54

このまとめはすっかり忘れていましたが、毎度おなじみ通奏低音「勉強なくして活性化無し」の上に商店街では売場・売買接点論が皆無なのに対してチェーン小売業は「売場命」であることをご覧.. https://t.co/mwcYwKEth9「ニッポン商店街活性化論の陥穽」https://t.co/LuYm4KpDfQ にコメントしました。
08-30 20:50

商店街を活性化したければ、通行量では無く、買い物客を増やすべき。買い物客を増やすには「売れる売り場」を増やすこと。売れる売り場は自分たちで作れるが、通行量を増やすのは難しい、増やしたからと言って売上が増えることも無いし。
08-30 12:18

商店街懐旧談全盛期にはとおり博多が触れ合うほど通行人がにあふれていた、と。イーエ、当時とおりにあふれていたのは通行人では無く、ショッピング意欲にあふれた買い物客でした。
08-30 12:15

通行量増大策がす商店街活性化施策として適切で無いことは、いくら増大策を講じても通行量を増やせないところにも明白。皆さんが本当に期待ているのは通行量が増えることでは無く、買い物客が増えることのはず、これは通行量増加策では増えません。
08-30 12:11

従来路線と決別するか従来路線に商店街の将来を呑み込まれるか二つに一つ。
08-30 11:45

商店街活性化の課題は天動説からの脱却
08-30 11:43

実際に商店街を一周すれば答えは明らか。既存個店群の「経験と勘」的売り場づくりでは商店街活性化の実現につながる・「店前通行量を活用した顧客増大」は不可能。すなわち天動説は、商店街活性化の手法としては適切では無いということであり、これは既に全国各地の取組で実証されているところ。
08-30 11:42

売場づくりを支援しなければいけない。天動説は、既存個店群は「売れる売り場づくり」の能力を持っていることを前提に組み立てられているが、現実は果たしてどうか。イベント目的の来街者が入ってみたくなる売場が提供されているだろうか?
08-30 11:37

活性化施策。通行量増大策は:1.個店の事業機会を増やす個店支援施策か、それとも2.個店の繁盛を実現~街の商業集積としての持続可能性を向上する商店街活性化策か。判然としない。「1.」なら後は個店の責任となろうが、「2.」ならそうはいかない。店前通行量を個店の顧客に変える
08-30 11:37

消費増税対応の取組は、同時に組合のタウンマネジメントに必要な能力の確保を担保しなければならない。基礎となるのは売り場づくり―経営の理論と技術の修得、共有。これが無いと商業集積性の再構築は不可能。
08-30 11:11

商店街組織の情報収集能力はどうなっているか?大店法緩和とセットで施行された商店街活性化策の受け皿として法人化された商店街組織は補助事業の実施主体の要件はクリアしているが、本来業務である商店街の運営=タウンマネジメントの主体としての能力が不足しているが、確保する機会が殆ど無い。
08-30 11:08

中小個店の消費税対策は、個々の店舗では有効な対応が難しい。商店街組織は、組織の存在意義を掛けてこの問題に取り組まなければならない。商店街活性化の「地動説への転回」という課.. https://t.co/0tp269ixIy「商店街活性化のコペルニクス的転回」https://t.co/z2jZj6wO0P にコメントしました。
08-30 10:40

まとめを更新しました。「商店街活性化のコペルニクス的転回」 https://t.co/z2jZj6wO0P
08-30 10:35

郊外型小売業が主流を占める状況で、あらためて自分の売場を「売れる売り場」として作り替えるために必要な理論と技術を個々の店主が独自に入手する、というのはきわめて難しい。公開されている術式は少なくアクセスが難しく、入手しても実際に活用できるとは限らない。ここは商店街組織の出番である。
08-30 10:31

これは難しい、個店が自力で実現出来るなら、既に充実した・顧客で賑わう売場が実現していたはず。個店群のこれまでの経験と勘に基づく経営で「売れる売り場」を作ることは難しい。
08-30 10:28

「顧客の来街目的=売場」での対応をスルーした「シャッターの外部の施策」で消費増税対応(=お客・競合対応)は不可能。外部施策で来店目的を充実させることは出来ない。消費増税対策は売場の充実以外に無い。ここで問題は、「売場の充実は個店の力だけで実現で出来るのか?」ということ。
08-30 10:24

地場中小小売業の消費増税対応は、「買い控え・店離れ」の対象にならないこと。「対象にならない条件」を売場に創り出さなければならない。間違っても、集客イベント、プレミアム商品券などに過度に期待してはいけない。これまでの商店街活性化=天動説的取組では消費増税に対応することは不可能。
08-30 09:54

売れる売り場=ショッピングを堪能できる売場ショッピング=購買、下見、冷やかし、暇つぶしetc,.
08-30 09:49

あらためて確認しておきたい。商店街=売買接点群が集積する街区の活性化とは、商品がよく売れるようになること。そのためには、「商品がよく売れる売り場」を作り、「ショッピングを楽しむ場」として提供することが絶対条件。店側の「売れる」はお客にとっては「楽しめる」である。
08-30 09:49

前回もそうだったが、「集客イベント+プレミアム商品券」では顧客の増税対策:「買い控え・店離れ」及び集積間で激化する価格競争=顧客争奪に対応することが出来ない。この際、抜本的な対応策を考えなければならない。目標は、「買い控え・客離れが起こらない売場づくり」
08-30 09:49

#コペルニクス的転回来年10月に予定されている消費財率10%への引き上げは、小売業界に大きな打撃となることが予想される。消費購買行動の買い控えや買い物行き先の見直しが増え、同時に店舗~集積間の競争(顧客争奪)の激化、特に価格競争の激化は必至。地場中小小売業、商店街の活路はいずこに。
08-30 09:37

.@Dam_midorikawa そういう店もあるでしょうね。個々の店舗の事情は千差万別、商店街活性化は既存個店の救済では無く、街区の商業集積としての維持または再構築が目的です。 https://t.co/KEp6t0rZUC「商店街活性化のコペルニクス的転回」https://t.co/z2jZj6wO0P にコメントしました。
08-30 08:40

.@onpu_original "発展している"モールからお客を奪還しようというのが商店街活性化ですね。 https://t.co/8XtsDJE1nV「商店街活性化のコペルニクス的転回」https://t.co/z2jZj6wO0P にコメントしました。
08-30 08:35

活性化したいなら天地入れ替えは喫緊の課題ですが手間暇掛かるうえ「経路被拘束原理」もあるし。 https://t.co/IqTFrxHyzk「商店街活性化のコペルニクス的転回」https://t.co/z2jZj6wO0P にコメントしました。
08-30 08:16

「商店街活性化のコペルニクス的転回」をトゥギャりました。 https://t.co/z2jZj6wO0P
08-30 08:02

天動説:1.集客イベント、居住者増などで通行量を増やそうとしても増やせない。2.他の要因で増えたとしても入店客―得意客の増加は実現しないなぜならば、通行量増加策で「ショッピング行き先としての充実」は創出出来ないから。
08-30 00:26

この論文は論理が混乱している。
08-30 00:10

天動説的資料:国土交通省都市局都市計画課『まちの活性化を測る歩行者量調査のガイドライン』2018年 https://t.co/0C6Lq9g6kY活性化と歩行者量との関係はどう考えられているか。
08-30 00:06

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170