FC2ブログ

09/01のツイートまとめ

2018.09.02 04:22 | EDIT

takeoquolaid

再掲。民主主義とは頭を叩き割る代わりに頭数を数える制度。―詠み人知らず
09-01 21:07

ごめん、代わりに頭数を数える、でした。
09-01 19:20

TLに届いた。40年考えてたどり着いた満足できる解の由。 https://t.co/2vQuoCRrWf
09-01 17:43

活性化界隈は議論・討論・争論が足りない。
09-01 17:10

民主主義とは頭蓋骨を叩き割りあう代わりに理論の潰し合いをすることだそうですから、いいんじゃないでしょうか。
09-01 17:08

活性化界隈を活性化するには百家争鳴、ツイッターを誹謗中傷、罵詈雑言何でもありの討論ならぬ闘論場に見立ててがんがんやり合うと見えてくるものがあると思いますけどね。頭の使い方を修行するには口喧嘩が一番(^_^)
09-01 17:03

チリも積もれば山と勘違いして登ってみたくなる人が出てくるかも。登ってから悔やむより登らぬ先に山では無くチリであると知った方がよろしいのでは(^_^)
09-01 16:54

活性化・創生界隈のコンサルタント、プランナー、学識経験者さんたちの言動を批判すると、善男善女から「他人の飯椀を叩き落とす所業」といやがられるらしいが、何をおっしゃるやら、彼らがやっていることは指導支援と称しつつ自分のアタマで恣意的に選択した〈成功事例〉を紹介するだけ。
09-01 16:54

勉強無くして繁盛無し。勉強無くして活性化無し。フェイスブック「商店街活性化を導くべき商業理論の不在」https://t.co/n2DNGE0D0N
09-01 16:14

〈数値目標:通行量〉を基準にPDCAを回す、回せる、うまくいけば通行量が増え、さらにうまくいけば商業集積としての経済活力の向上が実現出来る、というシナリオだが。 推論の常道とされていたはずの客観性とか合目的性などはお飾りだったということで。
09-01 15:08

これまでに作成された各地の『中心市街地活性化基本計画』において一度も示されていない。もちろん、具体的に掲げられている数値=「基準数値から〇%増加」という具体的な数字が活性化を担保することの論証も行われていない。この目標を基準にPDCAを回して目標達成を目指すというのは苦しい話。
09-01 15:00

メモ)省思考・省吟味と選択的情報遮断・忌避
09-01 11:49

RT @anthrock: 「ATMを使えない高齢者も多いのに窓口対応ができないのは、町民の生活の質に関わる問題でもある。」一連のAIが淘汰するとかなめんな問題に通ずる話がここにも。、 https://t.co/HdhV7AVk9c
09-01 11:32

これまでに作成された各地の『中心市街地活性化基本計画』において一度も示されていない。もちろん、具体的に掲げられている数値=「基準数値から〇%増加」という具体的な数字が活性化を担保する能力の論証はまったく行われていない。この計画―目標を基準にPDCAを回して目標達成というのは
09-01 10:22

だけでは無く、問題状況における経済活力の向上という目的を達成する作業における〈通行量増大〉が持つ意味を吟味すれば、論理的に帰結するところである。重ねて言うが、中心市街地活性化の推進において、PDCAを推進する目標数値として〈通行量の増大〉を設定することの論理整合性は
09-01 10:16

「通行量増大のための事業及び措置」に取り組むというパターンは、活性化の効果を発現できないばかりか、当の通行量増大すら実現出来ない、というのが帰結。〈通行量増大〉のための取組では経済活力の向上はもちろん、通行量の増大自体さえ実現出来ない。これは現状が示している
09-01 10:16

PDCAの前提となる計画自体の状況―使命との整合性は吟味されないまま、計画が所期の成果を挙げられないのは、目標が明確になっていないから、数値化されていないから、PDCAを回さないから、というのは安易に過ぎる。計画自体を再吟味しないまま、数値目標として例示された中から〈通行量〉を採用、
09-01 10:05

現状を改善できるとする根拠は示されていない。そもそも『中活法』のスキームに基づいて作成される中心市街地活性化基本計画において最重要課題である〈経済活力の向上(商業街区の活性化)〉を実現するため実施する事業及び措置の全体としての進捗を統制する目標として〈通行量〉が妥当かどうか。
09-01 10:00

成果に到達できない。二回に渡って行われた総務省の中心市街地活性化に対する行政評価・監視では、計画の問題状況への整合性の評価は行われないまま、一回目「目標数値の設定」―二回目「PDCA回し」が勧告されている。現場は勧告に基づいて動いているが、総務省が指摘した「効果発現認め難し」という
09-01 09:55

#PDCA論の基礎大本の計画の問題状況に対する整合性が確保されていないと、いくらDCA段階を回そうとしても状況は好転しない。商店街活性化において現在取り組まれているPDCA推進論は、スタート時点で取り組むべき〈計画の状況整合性を確認する〉という作業がスルーされているため、期待されている
09-01 09:55

通行量を増大する計画が成功しないのは、集客イベントで集めたお客がショッピング客として定着する契機が提供されていない=お試しショッピングを溯及する売り場が不足しているから。売れる売り場を計画的に増やしていくことが喫緊の課題。売り場づくりを無視した活性化が奏功することは無い。
09-01 09:39

商業に関する基礎理論・知識不在のまま取り組まれる商店街活性化。周知のとおり、集客イベント・空き店舗対策が中心だ。類似同質の商店街間競争時代ならいざ知らず、郊外型商業施設になれているお客をショッピング目的で街に向かわせる誘因にはならない。
09-01 09:35

@koutuyudo ととそけとへよよよ゜゜ろよ゜よろ゜よ゜ろよ゜よよろ゜よよよよろよ゜よよよろよ゜よろよ゜よよよろよ゜ろ゜よよよよよよよよよ゜よよよよよろよ゜よよよろ゜よろ゜よよよよよよよううんててて
09-01 02:25

#中心市街地活性化定義は、当該地区における福利機能の増進と経済活力の向上を指す。
09-01 02:07

中活法のスキームに数値目標:通行量などが出てくる論拠は無い。商業街区の経済活力の向上は、広域商圏における位置取り及びその推進状態に依存する。通行量の増大とポジショニングは何の関係も無い。
09-01 01:18

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170