FC2ブログ

09/02のツイートまとめ

2018.09.03 04:22 | EDIT

takeoquolaid

都市に様々なルートで入ってきた資金を出来るだけ都市内で環流させること。結果としてサイクルの中で増収増益が実現すれば、再投資の原資(信用拡大)が確保され、域内を循環する資金が増える。何が何でも実現したい都市内資金循環の拡大、鍵となる地場小売業の活性化。というところで今日はお終い。
09-02 22:39

実現するには、通行量を増やして後は商業者の自発的自助努力に期待する、という安易な考えではダメ、シャッターの内側に入り込んで「売れる売場づくり」を推進しないと、資金循環の担い手、都市の持続可能性の担い手である商店街の活性化は出来ません。これまでの取組で分かっているとおり。
09-02 22:26

都市の自律的可能性の維持、再構築と地場小売業、その集積としての商店街の活性化は戦略的課題。地方創生はの課題、都市の経済活力の向上、資金循環の担い手であり、地産地消の担い手である地場小売業・商店街活性化の重要性を確認しましょうね。
09-02 22:21

商店街、「売れる売場づくり」から始まる都市の経済活力向上のシナリオ。0.売れる売場づくり1.増収増益1-1.雇用の増大1-2.改装改築設備投資2.波及効果2-1.域内取引先2-2.建築関係3.業容拡大 以下循環拡大再生産チェーン、ネットは域内循環を破壊する。
09-02 22:14

RT @keyaki1117: アフリカ豚コレラについての私のブログ記事、逐次、最新情報も入れて公開しています。 「北東アジアに蔓延し始めたアフリカ豚コレラ・ウイルス(ASFV)ーー日本は大丈夫か?」 https://t.co/fx47yH2LDC
09-02 20:37

国内で類似の研究成果は報告されていないのかな。ともかく、商店街活性化は弱小地場商業者救済のための事業だと思ったらとんでもないですよ。商業者を救済することは出来ない、その売り場づくりを評価し支持するお客だけが自分の満足追求を通じて増収総益実現に貢献する。
09-02 20:22

我々は、商店街活性化の論理と技術修得・集積再構築のシナリオを提起しているので。『コミュニティモールプロジェクト』https://t.co/jCfGQDXmep
09-02 19:59

商店街活性化は陳腐、これからはまちづくりだ、とか、地権者が協力しない、別収入があって困ってない等々、一部小耳にはさんだ話を事情通ぶって流す専門家が散見されるが、そんなゴシップはどうでもよい。言いたいことがあれば、商店街活性化の論理と戦略、シナリオを提示してからだ。
09-02 19:53

商店街活性化は、個々の商業者の責任では無く、商業者組織の責任でも無い。『中活法』第五条には地方公共団地の責任と明記されている。商業者は協力が要請されているポジション(同法第六条)。商店街活性化=域内資金循環再構築は来年10月の消費増税がタイムリミット、それまでに活路を切開できるか。
09-02 19:45

都市が都市機能としての小売商業部門をチェーン小売業に委ねるということは、経済・所得・資金の域内循環を大きく損なうもの。商店街―中心市街地活性化=経済活力の向上はまさにこのことを意味する。しかし、関係者でこのこと指摘するものは稀少。米国の事例は報告されているのだが。 https://t.co/rDbIxJKmUO
09-02 19:39

RT @dendentown: 専門店ゾーン、テナントリーシングに苦労してそうやな……ということが伺える再開発ビルである (@ ビオルネ in 枚方市, 大阪府) https://t.co/hYIqgo2yZN
09-02 18:31

三千世界、消費税対策が急務と言っているのは我々だけというのは如何なものか。それにしても当事者たる独立自営地場中小小売商業者の発言が聞こえないのはTLの構築具合のせいかしら。
09-02 16:57

イベントをすると固定客が増える
09-02 16:40

空き店舗を埋めると実店舗の売り上げが上がる
09-02 16:39

#風が吹くと桶屋が儲かる通行量が増えると売場が賑わう
09-02 16:37

@Tocqueville_tan @dagon_kawadu コンシェルジェを配置すべきですよね。いろいろな場所に必要になってきます。先ごろスーパーマーケットに提案しました。
09-02 16:34

ということで。「⚪⚪伝道師の真偽の見分け方」を伝道しなくては(^_^)
09-02 16:28

喫緊の課題:消費増税対策、戦略的課題:活性化事業の再構築。二者択一ではなく一体的に取り組む事業を今すぐ発進しなけれならない。施策の伝道ではなく創造だが、伝道師さんのスペックで対応できるかな。
09-02 16:26

成功事例とやらを伝道すれば消費税対策になるのかな。消費税率アップ、放置すると何が起こるか分かってますよね。
09-02 15:07

商店街活性化。眼前の課題は消費税対策。これまでの取組のレベルでは対応できない。と言うことは、従来の施策では商店街は維持できない=従来的活性化の論理・技術・戦略の総破綻が、今明らかになっていると言うことですけどね。。
09-02 15:04

伝道師さん方は、制度の趣旨を体して伝道行為を行うに当たっては、自分が伝道しようとする理論・技術・戦略等が制度が伝道しようとするところに適していることを論証する責務を負っているわけだが自覚されているのかな。論証は、経歴や指導実績、成功事例の開陳では置換出来ないですよね。
09-02 14:35

このあたりはジョーシキの領域。問題:商店街活性化解決策:通行量の増大は、問題と解答が整合していないのでいくら精緻な計画を作っても問題は解決できない。さらに、商店街の特性上、通行量増大も実現できない。
09-02 14:21

問題の定義解決策の決定試行評価問題2へ※計画の前に問題あり。解決すべき問題を解決できる様式で定義することがキモ。計画以前の問題。例:商店街は通行量を増やせば活性化出来るのか。商店街は空き店舗を減らせば活性化するのか。
09-02 14:16

等々々。仕方が無いので自分たちでやるかとなると、―あっと驚く― 作業に使える「商業理論」が無い・・・・。商店街活性化に取り組みたかったら、商業理論を自前で仕込んで来ること。中活法時代になるとさらにさらに。
09-02 12:49

ゆ~たらなんですが、商店街活性化を支援すると決めたとたん、想定外の課題が出てくるわくるわ(^_^)まず第一に、商店街活性化とは街がどうなることか誰も定義していないこと。第二に、郊外型商業との競合関係、どう位置取りするか議論が無い第三に、ショッピングモールその他競合が分析されていない
09-02 12:49

まずは、自分が伝導すべく準備しているスペックをネット上に公開、第三者による客観的な吟味を可能にしていただきたいもの。短絡的な失敗・成功事例の紹介とかは要らないからね。手持ち理論と技術を吟味するに当たっては事例紹介とかノイズにすぎない。
09-02 12:23

「〇〇伝道師」という前代未聞の人材派遣が制度化されているのは、大変動期の最中、従来の経営ノウハウ、問題解決パターンでは産業・企業・地域を維持することが困難になっている中で、持続可能性を再構築するという課題への取組を支援するため。当然、経営コンサルタントと異なる仕事が期待される。
09-02 12:18

PDCAは生産管理手法。これをマネジメントサイクルに使うなら:計画(Befor Action)統制(During Adtion Control)評価(After Review)さらにこのサイクルと別次元で批判(Analysis)が行われ、次の段階に移行する経営管理過程は問題解決過程、一般的な問題解決過程は「P1~P2」サイクル。
09-02 12:07

RT @takeoquolaid: memo)P―D―C―AとP1―TT―EE―P2P1:initial problemTT:tentative theoryEE:error-eliminationP2:resulting problem
09-02 11:46

〇〇伝道師さんたちは、それぞれ制度設置の目的に則して伝導したい理論⇔論理と戦略を公開し、採用に値するものかどうか吟味する機会を提供すべき。公開情報が自分の主張に基づく分析評価抜きの〈事例の紹介〉では情けない。まずは〈地域活性化、地域創生〉が課題になっている状況の分析から。
09-02 11:39

地域活性化の伝道ならまず一般論を展開せよ。1.地域活性化の定義2.状況分析3.基本方向と戦略4.産業別活性化の方向と戦略5.上記を推進するために整備すべき要件等を提唱するのが〈活性化伝道師〉の仕事だろう。勝ちに不思議あり、一般理論無き成功事例は模倣できないことも伝導すべき https://t.co/4auLp9jadv
09-02 11:29

さて、我々は先に商店街活性化の七不思議を供覧したが、続いては当然中心市街地活性化の七不思議。見事七つ揃ったらご喝采。その一、法定中心市街地とは、都市の旧中心部の商業街区のことだが理解していない人多し。
09-02 00:31

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170