FC2ブログ

09/05のツイートまとめ

2018.09.06 04:23 | EDIT

takeoquolaid

中心市街地の歩行者の通行目的は多様ですからね。一くくりで〇%アップと言っても増えた通行量の内容が問題かと。そもそもを言えば、経済活力の向上を通行量で計るというのが基本的に疑問。https://t.co/Ofk1toMaGI
09-05 21:08

中心市街地活性化基本計画、経済活力の向上のための事業及び措置の達成状況をコントロールする数値目標は、ほとんどの計画が『歩行者通行量』を設定しているが、経済活力の向上と通行量の関係、目標数値と計画されている事業及び措置との整合性はほとんど追求されていない。
09-05 21:03

RT @DLE41: Nike's Colin Kaepernick campaign has more reward than risk https://t.co/JhlFlrnG2b via @Yahoo
09-05 18:33

RT @WeinbergBot: 「コンサルタントの第三法則」― 料金は時間に対して支払われるのであって、解答に対して支払われるのではない、ということを忘れてはならない。
09-05 17:50

お薦めG・M・ワインバーグ BOT @WeinbergBot https://t.co/srGmJm1rRA
09-05 17:50

商店街の消費税対策は、商店街活性化の起死回生。既に取組が始まっている。後れをとること勿れ。福岡市との協同:https://t.co/Ndppwpbq94主宰:クオールエイド後援:福岡市
09-05 17:43

経済力は生産力では無く需要力で決まる。
09-05 17:39

これからいよいよ商店街の時代だ、という理論と、いやそうで無くても商店街を活性化してみせる、という気概、両方を持たないと個店も商店街も生き残れませんよ。
09-05 17:32

ショッピングモールを誘致して、雇用増進、税収増大と喜んでいる人は、その原資はすべて、ぜ~んぶ、地域の所得であり、それに数倍する地元資金が日々せっせと本社に送られていることに目をつぶっている。
09-05 17:05

商店街活性化は40年以上取り組まれているが、「商店街活性化とは商店街がどうなることか」定義されていないので、「活性化に取り組んでいる」と思っている人の数だけ活性化はいろいろある、という状態。
09-05 16:46

商店街活性化は、消費増税に負けない売場づくり、この一点で勝負する。売れる売場が商店街を活性化する。ゆ~ときますけど他はせ~んぶあだ花ですよ(^_^)
09-05 16:35

@imao244 @machikado2018 "商店街を活性化させる方法は様々"それは「商店街活性化」をどう定義するかで変わりますね。
09-05 16:31

商店街活性化と言えば、これまで何を意味するのか、なぜ必要か、定義もせずにただ漫然と取り組んで来たわけだが、来秋の消費税率アップを控えてにわかに喫緊の課題となった。的確に対応しないと所得循環機能としての維持が困難になる。
09-05 16:20

国の借金―投資が経済成長に帰結せず本社留保が積み増すのは、域内消費循環が機能していないから。独立自営地場中小小売商業が立地する商店街の活性化は、都市経営的には域内消費循環―経済成長システムの再構築。商店街活性化=経済活力の向上。
09-05 15:38

域内消費循環:域内の所得が消費に転じる際、購買先が域内小売業の場合、その消費は域内所得として還流する。この循環は域内再投資を担保し域内を流通する資金量を増やし経済を成長させる。
09-05 15:29

問題状況と解決に当たる関係各方面の問題意識のトンデモな乖離が解決を阻む最大要因。経路被拘束は改善し難し。
09-05 09:06

ありがちな学経言説:“商店街活性化は、既存個店の支援・保護では無く、社会的機能としての商業の活性化である。既存個店には売場の充実が求められる。云々”求めれば実現するなら活性化は必要なし。こんなこと言うより〈売場の充実〉を実現する方法を提案せよ。分からずに困っているだろうが。
09-05 09:04

商店街の消費税10%への反応、鈍くないですか? プレミアム商品券で一稼ぎ、と考えてたりして。 10%になったら廃業の潮時、が口癖だった理事長さんを思い出す。
09-05 06:43

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170