FC2ブログ

09/07のツイートまとめ

2018.09.08 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商学界隈では商学原論の構築が喫緊の課題とされているが、原論が構築されていないために、どのような弊害が起きているか、についてはまったく語られない。大店法・商振法施行以来、関係各位は当該理論の不在が何をもたらしているか、考えたことがあるのだろうか。
09-07 22:58

古人曰く、タダより高いものは無い。 https://t.co/SuMyBOP58r
09-07 14:40

以来、今日まで迷走に次ぐ迷走。消費税率アップを奇貨とする「個店の増収増益を目指す売れる売り場づくり」が最後の頼みだが、狂瀾を既倒に巡らす取組、旗を振る勇者が出現するのか否か、興味津々。
09-07 14:36

『中心市街地活性化法』のスキーム(法・基本方針・TMOマニュアル)における商店街活性化は、商業集積としての再構築= “街を一個のショッピングモールに見立てた業種揃え・店揃えの最適化" だが、『中心市街地活性化基本計画』段階では商業集積としての再構築という最上位目標がスルーされた。
09-07 14:31

これは「空き店舗利用促進事業」ですね。 空き店舗利用促進が商店街活性化促進に直結するには、空き店舗利用が上位事業=商業集積としての集積度の向上を図る事業に位置づけられていることが条件。 テナントミックス=商業集積としての店揃え・品揃えの最適化の追求
09-07 14:25

『地域再生法改正法(商店街活性化促進事業)の概要』https://t.co/w8yBpBnOcJ内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進事務局〇成功事例:日南市油津商店街〇商店街活性化とは空地空店舗の利活用?
09-07 14:14

RT @quolaidbot: 連続ツイート消費増税、商店街では何がどう変わるか?ご承知のとおり、消費税率アップは、賑わいイベントやプレミアム商品券で対応出来る一過性の変化ではありません。アップをきっかけにして何が起こるか、どう対応すべきか、考えてみましょう。
09-07 12:21

浮上している消費税率アップへの対応という課題は、活性化への再スタートのまたとない機会だが。
09-07 10:58

この問題にまちづくり会社は何の機能も果たせないはず。行政は丸投げしたつもりかもですけどね。
09-07 10:56

孤立深まる商店街立地の商業者。個店経営に関する有益な情報を得る経路がほとんど無い。街区内に立地するチェーンストアとの情報格差は壮絶。組織の活性化が急務だが、行政・商工会議所とも総すくみ状態。
09-07 10:52

訂正:商店街・中心市街地活性化支援界隈➡まちづくり界隈
09-07 10:38

かって、行政筋が商店街支援の切り札として全国の商店街組織(法人)に配付した資料が下部へ配付されず、組合事務所に山積放置されているのを見掛けたことがある。商店街組織の形骸化という深刻な問題はスルーされている。街の空洞化と組織の形骸化の同時進行。
09-07 10:20

チェーンストア理論の専門用語を体系内的に理解せず勝手に解釈、自説に流用して専門性を擬態するのは商店街・中心市街地活性化支援界隈にありふれた傾向。
09-07 10:07

中活法のスキームに言う「中小小売業の競争力の根幹:業種揃え・店揃えの最適化」は、チェーンストア理論におけるテナントミックスのこと。ところがまちづくり界隈では、テナントミックス=空店舗の利活用と理解されて取り組まれている。競争力の根幹を再構築する取組は完全にスルーされている。
09-07 10:00

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170