FC2ブログ

09/16のツイートまとめ

2018.09.17 04:23 | EDIT

takeoquolaid

都市の持続可能性の維持・向上、再構築という上位課題への取組にまで負の影響を及ぼしていることに鑑み、その根本的な原因を明らかにした上で、あるべき取組を構想し直さなければならない。これまでの取組の総括は不可欠の課題。
09-16 23:49

このスキームによる取組の挫折を受けて法―スキームが改正されたのが現行中心市街地活性化法である。この低迷の原因を究明するには、前身である整備改善活性化法の挫折、さらに訴求して大店法当時以来の商店街活性化の挫折を総括することが不可欠。現在迷走は法定中心市街地活性化に止まらず、
09-16 23:42

中心市街地活性化の迷走は、商店街活性化の迷走に起因する。中心市街地活性化は、成功事例が出ない商店街活性化の改善策として施行された「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律』をスキームとする都市の旧中心市街地所在の商業街区の活性化に始まる。
09-16 23:36

中心市街地活性化は、『中心市街地活性化法』のスキームに基づいて地方公共団体が中心となって推進する事業だが、周知のとおりスタート以来二十年を経過して未だに成功事例が現れない。そうしたなか、類似微差の弥縫策が繰り返される理由はただ一つ、中心市街地活性化は初手から迷走しているのだ。
09-16 23:07

中心市街地活性化はなぜ迷走するのか?「ちかすい第二部」で思い当たったことなど。 https://t.co/krygBlcH4L
09-16 22:44

RT @chiikizone: 第二部は以上で終了です!あとがきについてもブログの方で書いておりますので、興味ある方はぜひ!。https://t.co/1m7exSkvVI
09-16 21:56

RT @quolaidbot: 商店街で言われる「経験と勘」の内容は、数十年前の大型店=150坪規模のスーパーマーケットの売場づくりノウハウの採用だったりしますからね。ポップの書き方、レイアウト、陳列の仕方、セミセルフ接客、物販以外のサービス等々、SM由来のノウハウを独自の「…
09-16 21:51

RT @quolaidbot: 商業集積という時の集積とは、単独で完結する機能を備えた店舗(売場)が集まっていること。単独売場では対応出来ない消費購買行動に対応可能な機能・条件を創り出し、消費購買行動を誘引する新しい力を発揮する。
09-16 21:50

RT @quolaidbot: 商店街活性化の話になると、ほとんどの人が自分の頭を使って考えることを放棄して、世間話レベルに終始するのは、自分の頭で考えるために必要な情報が蓄積されていないから。蓄積しようにも入手が困難だから、という側面もある。何しろ商学原論が無いんですから。
09-16 21:50

「商店街活性化」の陳腐化から逃亡、まちづくりの専門家というポジションを取っている諸君は責任を果たしてね。状況は「まちづくりの専門家」を名乗れば専門家、学識経験者として機能が果たせて応分の処遇が得られる、という状況では無いことは理解されているのかな。
09-16 16:19

好転するどころか、経年劣化は否み難く状況は悪化するばかり。「商店街活性化」を問題状況に即して論理⇔理論的に定義すること無く、名称変更や区々たるノウハウの変更で達成出来ると考えている諸君は、立場不問、その根拠を公開すべき。それが専門家の職責、アカウンタビリティというものだ。
09-16 16:13

「商店街活性化」という地場小売商業者多数が立地する商業集積の空洞化趨勢からの脱却を目指す概念を定義すること無く濫用した挙げ句、用語が陳腐化したと称してまちづくりと言い換え、さらに中心市街地活性化、コンパクトシティ指向と話は大きくなるが、活性化を必要とする商店街の問題状況は
09-16 16:13

今商店街が取り組むべき事業は、個店共通の消費税対応としての増収増益・売れる売り場づくりを通じた商業集積としての新しい在り方に挑戦して行くこと。難しいとか、できっこないと思った瞬間、幸運の女神は音も無く傍らを通り過ぎてゆく。
09-16 14:04

@quolaidbot 商店街本来の存在価値である「買い物の場」としての機能の充実を実現せずに、来街者を増やす、空き店舗を減らすというのは本末転倒、ソロバンを弾いてなんぼの地場独立中小小売商業者が取り組むべき事業では無い。取り組んでいる間、他の取り組むべき事業がおろそかになる。
09-16 14:01

モールのデスティネーションの基本を構成するファッションが衰退する理由のうち、あまり指摘されないこよを一つ:本来、嗜好品の調達先はデイリー行動圏にあることが望ましいのに、わざわざ.よっこらしょと出かけなければいけないという利用条件。好きな時にチェックできるネットとは大違いですね。
09-16 13:49

モグラ叩きはモグラを叩くことに意義がある暇つぶし。モグラを叩くこと以外に実現する目的・目標は無い。通行量とか空き店舗はどうでしょうか。公的資金と公的時間を費やして取り組む事業の目的は、事業終了後にお客に支持される売場、ショッピングゾーンが姿を現すこと。 https://t.co/uphDbBOh7f
09-16 13:40

こうしてあらためて書いてみると、中心市街地活性化基本計画の成否は、第一に、中心市街地を活性化しなければならない問題状況をしっかり理解することにあることが確認される。衰退趨勢を放置することはなぜ許されないのか? ここを理解しないと施策はモグラ叩きになる。
09-16 12:40

中活法第五条は、中心市街地活性化の施策を講じることは地方公共団体の責務と定めている。対症療法的通行量施策、空店舗対策で新規投資を喚起することが出来ると本気で信じているのか、謎。
09-16 12:33

行政の仕事は、域内に域内企業者の投資(新規&再)が可能になる条件を創り出すこと。通行量増大や空店舗利用の取組で投資機会の増大、新規創出は出来ない。
09-16 12:28

貯蓄➡投資の実現は、域内企業者の奮励努力にかかっているが、「もの余り・店あまり」というマクロ環境は、個々の企業者の事業活動に都市の将来を託せる条件が失われていることを意味する。この状況で投資機会を創出することが都市経営に当たる自治体が直面する課題。商店街活性化は、重要な機会。
09-16 12:23

商店街活性化=商店街をショッピングの場として再生する、といったとたん、まず取り組むべきことはショッピングセンターを理解すること。「ショッピングセンターを理解せずに商店街を活性化できる」という程度の「ものの見方・考え方」で商店街を活性化出来ますか(^_^)
09-16 12:12

問題状況の見誤り―上位目的の不在―対症療法の自己目的化。集積間競争、消費購買行動の変化、売場の対応力の劣化という状況に目をつぶり、ひたすら通行量を増やして街路を活性化しようというトンデモな問題意識に基づいて取り組まれている、商圏情勢、個店売場の課題双方を遮断した街路活性化策。
09-16 12:06

「商店街活性化」が解となる問題とは何か?問題を理解しないまま、街区内で目視される状景に対症療法的に取り組むという幼稚なスタイルは、まちづくり、中心市街地活性化、コンパクトシティと風呂敷がどんどん大きくなってもまったく変わらない。通行量、空店舗、コミュニティ施設、イベントetc,
09-16 11:55

RT @quolaidbot: 商業集積とは「売場の集積」のこと。集積とは独立した機能が相互に連携することで個別では発揮できない機能を果たすあり方。伝統的な商店街は商業集積だが、その機能はショッピングセンターなどに比較すると集積性(集積効果)が低い。
09-16 11:40

@quolaidbot 集積間競争のこれから顕在化する要件の可能性大。
09-16 11:40

トリクルダウンは、域内における経営革新、起業による資金需要の増大を通じて実現される。資金需要すなわち投資機会の増加、潜在需要の開発無くしてトリクルダウン無し。効能を高めるには域内資金循環の向上を追求すること。消費―所得循環の強化、再構築。
09-16 08:30

トリクルダウンが成立するには、投資対象となり得る潜在需要が存在しなければならないことは言うまでもないがそれだけでは不十分、投資機会が同時に域内投資循環を増大する機会として構築されなければならない。この機会の創造―構築者は革新志向の域内企業経営者、起業者である。
09-16 08:23

商店街活性化の根幹の取組である商業集積としての集積性の拡充、再構築に取り組む計画を持っている中心市街地活性化基本計画は作られたことが無い。つまり、商業集積としての活性化=経済活力の向上を目指す本物の取組はまだスタートしていない。
09-16 00:25

商業集積としての集積性の充実に貢献しない空店舗活用(事務所、居酒屋etc)が商店街活性化に寄与することはない。通行量増大も同様。
09-16 00:17

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170