FC2ブログ

09/26のツイートまとめ

2018.09.27 04:23 | EDIT

takeoquolaid

RT @quolaidbot: 商店街の集積効果あなたのお客が行きつけの店が商店街内にいくつあるか、ということ。多ければ来街のたびに回遊が期待されますね。うちの店だけなら来街回数=来店回数、回遊ゼロ。お客の共有が出来るかどうかは商店街、個店にとって大変重要です。
09-26 23:30

ベーシックインカム 内部留保が貯まる
09-26 22:55

お金を刷れば内部留保が貯まる
09-26 22:54

戦略の定義、戦争における
09-26 22:53

本日入手菊澤研宗『戦略の不条理~なぜ合理的な行動は失敗するのか~』 (光文社新書) ポパー「世界3」を「知性的世界」と。 https://t.co/zRChdL0ksu
09-26 21:42

#問題解決問題は白地で起こるのでは無く、問題状況のただ中で起こる。問題に的確に対処するには、問題では無く、問題状況を理解しなければならない。 https://t.co/IwXIs1lDBp
09-26 20:40

商店街活性化は、取り組まれていることと、取り組むべきことのギャップがすごくでとてもじゃないが、そのうち間違いに気づいて自発的に活性化への道にたどり着く、というようなことは期待できませんね。
09-26 18:27

たかが通行量されど通行量w入り口論なら前提として来街者を個店~街の得意客に変容させる仕組みが必要であり、もちろん難しい。出口論なら別途街の愛顧客を逐増する仕組みが必要。どちらもただ単に来街機会を提供すれば来街した人が翌日以降の来街―回遊客になってくれるというわけでは無い。
09-26 18:23

商店街活性化と目標数値=通行量増大1.入口論:通行量を増やすと商店街は活性化に向かう・・施策展開2.出口論:活性化した商店街は通行量が増えている・・・施策評価両者の関係は自明では無い。1はひたすら通行量増大に取り組むことになるが、2は1の立場が前提とは限らない。
09-26 10:05

中心市街地活性化基本計画は、実現を目指す商業集積としてのコンセプトを確立、既存個店群の業容転換を計画的に推進しなければならない。しかし、既存の基本計画で商業集積としての持続可能性の構築について取組を計画している例は無い。根本的なレベルのしっぱい。
09-26 00:05

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170