FC2ブログ

10/04のツイートまとめ

2018.10.05 04:23 | EDIT

takeoquolaid

地方創生=当該都市の持続可能性の再構築。課題は、①生活環境の維持・拡充 ②所得機会の維持・革新マクロ環境は「もの余り・店あまり」、「少子・高齢化」テーマは:移入代替移出代替移出財の再移入阻止既存産業の見直し(業容革新)新産業の創出特に域内資金循環(消費~所得循環)の再構築
10-04 23:54

TLに自衛隊右傾化?という議論が。廣中雅之『軍人が政治家になってはいけない本当の理由 政軍関係を考える』2017文春新書東日本大震災時、統合幕僚監部運用部長として全自衛隊の運用にあたった。廣中さんは “後輩に是非読んでもらいたい”と。 https://t.co/vvbvwSTt4I
10-04 21:59

活性化、つまずきの石は既存個店群を『売れる売場』に転換する術式の欠如。業容転換の論理と技術無くして商店街活性化の論理・戦略・プロ0ジェクトは構築出来ない。関係の皆さん、さあどうする?
10-04 21:31

中心市街地活性化基本計画、目標数値「通行量の増大」でチェックするのは「遊歩客相の増大」。もちろん、これを増大させる取組は、通行量の増大では無く、遊歩目的の拡充である。商店街活性化は、街を一個のショッピングモールに見立てた再構築。モール=業種揃え・店揃えの最適化=スイミー。 https://t.co/fEmRPifxeL
10-04 21:22

商店街活性化施策、バラマキからモデル構築へ。文字通りコペルニクス的転回がスタートすると。これから候補商店街の選出とか。毎年次々にスタートすると勝負が早い。
10-04 19:58

ということで。目標数値:通行量増大には活性化の入り口と出口の二種類があるんですね。ちなみに、中活基本計画の数値目標は出口論、地域商店街活性化法のそれは入り口論に立っていますよ(^_^)商店街活性化の問題状況、論理と戦略、プロジェクトのスキームについてのお問い合わせはDMでどうぞ。
10-04 19:45

商店街・中心市街地活性化という問題が、今現在逢着している状況のモノスゴサがご理解いただけたでしょうか。取り組み方さえ間違わなかったらとっくに終わっている事業ですよ。消費増税間近、ここからどう状況を切開していくつもりなんでしょうか、お役所は。
10-04 19:30

住む人来る人を増やす通行量増大事業と経済活力の向上を目指す事業の成果として増大する通行量はまったく別の概念。商店街・中心市街地活性化で目標にする通行量の増大は後者。目標:通行量の増大は、住む人来る人を増やすことで実現出来るものではない。これが理解できない関係者は・・・(^_^)
10-04 19:22

これは極めて重大な問題。基本計画は例外なく同じパターンで作られており、そのほとんどが目標未達ということは、既存パターンの経済活力の向上のための事業ミックスでは目標を達成出来ないことを意味する。大事件である。計画の見直しが必要だが、関係各方面、所有のリテラシーを欠いている。
10-04 19:13

中活・基本計画の数値目標:通行量の増大が未達に終わっていることは何を意味するか?通行量増大事業に取り組んだが失敗した、ではない。取組の最終成果として通行量が増大するはずだった「経済活力の向上のための事業及び措置」の全体が所期の成果を挙げられなかった、ということを意味しているのだ。
10-04 19:04

商店街活性化という問題状況問題解決のアプローチの間違いが状況を複雑化し、解決を困難にしている。商店街活性化限定の状況では無い。
10-04 18:30

新たな政策が活性化の進展に結びつく新しさを持っているかどうかは、活性化の定義とこれまでの事業の総括が無いので分からない。
10-04 17:39

定義無き商店街活性化は暗中撫象。新しい言説が出るたびに右往左往、どこから何処へ行くという当てもなく、堂々巡りを繰り返しているうちに最終コーナーを回った、かな。新たな政策は欲しいが総括は出来ない。
10-04 16:52

視点を変えれば商店街政策のスキームの変更は、高度化事業の推進をより円滑ならしめるため、と見ることも可能だが、近年はその存在すら忘れ去られている。そのポジションを取確認するには、中活法の基本方針、第七章を参看のこと。高度化事業の功罪を知らずして商店街を語る勿れ、だ。
10-04 15:26

中心市街活性化のスキームの核心が「中小小売商業高度化事業」であること、その機能が(中小小売商業の競争力の根幹である)業種揃え、店揃えの最適化の推進であることを理解する関係者は極めて少ない。国の商店街政策におけるその位置は商振法制定以来変化無し。
10-04 15:19

商店街組織は、商店街の商業集積としての再生、再構築という行動目的を掲げないと存在意義が消滅する「非常事態」にある。共同施設の管理、共同販促催事の開催など、慣れ親しんでいる「恒常業務」の繰り返しでは存在意義を発揮できない「非常時」に「恒常業務」体制で対応するという間ミステイク。
10-04 14:41

商店街の将来像をみんなで決めて計画を立てて、というアプローチは悪手、散々失敗している。商店街界隈に商業集積としての再構築を推進する論理・戦略・計画を立案する基礎体力があると仮定するのが間違いのもと。問題の定義という問題すら目に入らない基礎体力ですよ。 https://t.co/pydduWogUq
10-04 13:17

支援を“選択と集中”するなら「目的:商業集積としての活性化」の実現を目指す商店街に。これまでの「上位目的無き個別事業」への支援はもうお終い。上位目的の無い一回性の事業を支援する目的は何だったのか?「商店街活性化」を定義しない問題解決基礎体力に起因する期待せざる結果。
10-04 10:34

個別事業のメニューをいくつか用意した中から商店街が選定して取り組む、といういわゆる「ばらまき型」からは撤退、王道である「商業集積時しての再構築」を志向する商店街のメイン事業の支援に徹するべき時期ではないか。成功させて水平展開する二段階方式。 https://t.co/pydduWogUq
10-04 10:03

商店街活性化関係は随意契約でないと難しいですね。
10-04 09:23

#行為の意図せざる結果もちろん、原因はいろいろあって、意図と行為が整合していなければ当「然意図せざる結果」が帰結する可能性が高い。
10-04 09:11

RT @hirakawah: 「日本の基礎研究はこれからも期待できますか。 かなりの瀬戸際にあります。私たちの世代と、次の世代までは何とかやってこられましたが、今の40代以下は大変つらい状態。研究を続ける時間と金がもらえなくなっています。PD‐1は国から時間も金ももらえた時代…
10-04 09:05

我々が提唱する「コミュニティモールプロジェクト」は、これまでのところ、この課題に対応可能な唯一の存在かも。論理と戦略、実践技術、対象商店街の集積としての特性に応じる汎用性を備えている。まずはモデル性を持つ商店街を選定、術式の確保をば。
10-04 09:04

招聘する外部専門家は、当然ながら、プロジェクトの構想―推進全般を指導・支援する力量を有するもの。さしあたり、確立すべき商店街活性化の術式を提案していることが条件。コンペとか入札とかは論外。
10-04 08:45

地場商業振興、直面する三つの課題:1.消費税率アップへの対応2.個店群の繁盛実現3.商店街の商業集積としての再構築都道府県、政令都市等は、取組の一体的推進について術式を構築すべき。モデルとなり得る商店街を選定、外部専門家との協同でプロジェクトを発進させるとき。
10-04 08:39

藻谷流仮説・住む人来る人が増えれば商業活動は活性化する、ではなく、商業活動が活性化していれば通行量が増大する、しているはず、と言う仮説に基づく測量数値の設定。評価の対象は商業活動の活性化のために実施した事業の効果、目的整合度合い、達成度合い。たかが通行量されど通行量、ですね。
10-04 08:03

測定する数値は、経済活力向上のための事業の成果を測定するものであって、経済活力を向上させるための通行量の増大を測るものではない。活性化のために事業は、通行量を増大する事業であっては上位目的の達成に貢献できない。
10-04 07:54

上位目標の達成と直接の関係が無い通行者であって、経済活力の向上の結果として増大した歩行者数ではない。要は、経済活力の向上という目標に整合した事業計画が前提、事業の目標整合性を無視した、通行量増大のための事業に取り組んでその増大を実現すると言うことがあれば本末転倒である。
10-04 07:47

目標としての通行量増大は、経済活力の向上のための事業及び措置を推進した結果として増大した数値。これを実現するには、計画する事業及び措置が目標に整合していることが絶対条件である。この条件を無視した目標―事業―数値設定―例えばコミュニティ施設の整備による来街者の増大などは
10-04 07:35

したがって、数値の目標適合性を確保するには、実施する事業の成果として増大が期待される歩行者の性格が問題になる。経済活力の向上に貢献する事業及び措置を推進した結果としての数値の増大の確認でなければ意味が無い。
10-04 07:26

#目標数値のアカウンタビリティ「中活・経済活力の向上」の目標:歩行者通行量とは、一定時間内の当該市街地(測定箇所)において目視された歩行者通行量の総和(内容は多様)、その増大が目標になるのは、基準値と対比することで施策の効果の有無を確認出来るという推測から。
10-04 07:16

掲示板「都市経営入門」から『「藻谷流」活性化理路の検証』https://t.co/9v83wIgtvy中活は今でも、それとは知らず、藻谷流に呪縛されている。
10-04 00:13

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170