FC2ブログ

10/07のツイートまとめ

2018.10.08 04:23 | EDIT

takeoquolaid

かし と かされる の現象学かし:見せびらかしかされる:見せびらかされる https://t.co/GE1Di1sWJY
10-07 22:04

興味があれば読んでみるよろし。基本計画第七章、経済活力の向上のための事業及び措置に関する計画は、法改正以前のマニュアルを越えているか。 https://t.co/8UJmIICdbw
10-07 20:52

ということで商店街―中心市街地活性化の低迷、根が深いと言うべきか浅いと言うべきか。
10-07 20:48

というか、誰も活性化は定義しないと実現出来ないと指導助言する者がいなかった、が正解。なぜ指導助言しなかったのか?誰も定義が不可欠と知らなかったから(^_^)
10-07 20:31

商店街活性化を定義しないのは、個別一過一回性の事業に取り組む都度それらしい疑似専門用語を散りばめた趣意書を作って補助金等の支援を受ければ事業に取り組んでいることになるから。上位目標が無いので提供されている事業メニューから適宜選択することも少なくない。
10-07 18:32

社会的課題に対応するに社会的課題をもって、と言うのは戦略的着眼だが、古来、戦略は採用可能な戦術的選択肢のキャパに制約される。着眼を戦略に仕立てるにはさらにその先を考えないと。
10-07 11:48

え、また活性化の事業計画を?
10-07 11:43

良かれと思って取り組んでいるのでその弊には気づきにくい。効果が無いと次の一手が加上される。きり無し。陳腐な景観から連想される品揃えの陳腐。そら、何を並べても売れませんよ、見てもらえないもん。このあたりを払拭、売れる売場が見えてこないと、売場のあり方自体が社会的課題。
10-07 11:42

商店街は、コミュニティの担い手、社会的課題に対応する中で事業機会を拡大せよ、というのは難問。出来るくらいなら今の窮状は無かった。まず、やるべきことは売場の整理整頓。毎度のことだが売るための努力、創意工夫が売れない売場を作っている。気づき、解脱が第一着手。
10-07 11:35

RT @krishnamurtibot: 話し手は皆さんを感化し、導き、手助けしようとしているのではありません。何らそういう事をしようとしているのではないのです。一緒に、多分手に手を取って、ある非常に微妙で、複雑な道をたどりつつあるのです。
10-07 11:24

誰も商店街活性化を定義しない、それで平気だということは、いくら何でも他業界には有り得ない? 活性化とシャッポをかぶせれば何でも活性化に早変わり。どこを目指すという当てもなくここまでよくまあ続いてきた。
10-07 11:19

活性化を定義しなくて良いとする関係者でその理由を述べている例は見たことが無い。
10-07 04:43

商店街が直面する四つの問題一、個店群の業績低迷二、組織活動の陳腐化三、組織の求心力の劣化四、消費増税キモは四つの課題に一個の事業で取り組むこと。
10-07 04:41

前者入り口、後者出口。
10-07 04:36

めも)いわゆる通行量に二種。一は、住む人来る人、来街者。一は、街区内を回遊する遊歩者。地域商店街活性化事業計画では前者。中心市街地活性化基本計画では後者。
10-07 04:35

言うまでもないが、仮説―試行法における仮説の質は仮説を作り、吟味する主体の持つ知見・技術の質に依る。蟹はおのれの姿に似せて巣穴を掘り、問題解決者はその意志と力量に応じて解決すべき問題を発見する。
10-07 03:45

理論無き堂々巡りとはおさらばさらばの時
10-07 03:28

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170