FC2ブログ

10/10のツイートまとめ

2018.10.11 04:22 | EDIT

takeoquolaid

活性化、近代化、高度化等々これまで何度作ったことか。計画づくり、いくら作ってもうまくならない。ハコは作れるが目的である活性化、近代化、高度化は実現出来ない。なぜか?という問題意識を持ったことが無い。計画とはそんなものだと思ったら疑似プランナーの餌食になっていた。
10-10 22:19

商店街活性化、「調査・計画・実施」というパターンは、大店法(1973年)以来、頻用される事業スタイル。成果乏しく今日に至っているのは①活性化が定義されていない②調査項目、手法が分からない③計画が立てられない④実施技術が無いという「ないないづくし」の問題状況を自覚出来ないから。
10-10 15:15

経済学賞のポジションがうかがわれる。
10-10 14:41

ヒックスさん、受賞した時点で対象となった理論的ポジションから離脱しちゃってたというエピソード。
10-10 14:33

ノーベル賞受賞業績にコンセプト主導案件が少なさそうな件。
10-10 12:43

問題解決の基本:問題状況の分析、問題の定義、解決シナリオの策定という段階が実装されていない問題解決システム。欧米未踏の問題状況に直面すると手も足も出ない。古くは欧米との共存、今はポストバブルの持続可能な経済の構築。どちらもお手本が無く、実装スキルで対応できない問題。
10-10 12:39

ニッポンOyatoi列島のコンセプト不在の問題解決パターンの由来:開国当時の緊急事情に鑑み①問題の発見解決のモデルは欧米にあり②プロジェクトリーダーはOyatoiでまかなう③人材育成はStratigystよりEngineerという方針が採用されたが、これが基本パターンとなって今日に至る。
10-10 12:33

中活法のスキームによる中心市街地・商業街区の活性化=ショッピングモールに見立てた再構築は、最終的に頓挫したと見える。基本計画第七章にプロジェクトとして登載すべきところ、実行事例無し。今から思い立っても体制が整備できない。
10-10 03:47

内閣府 稼げるまちづくり取組事例集「地域のチャレンジ100」https://t.co/kZZrOfXmxI
10-10 03:32

内閣府「地方における空き店舗活用等による商店街活性化について」https://t.co/A8vbD5TEQd
10-10 03:30

商店街活性化の二極化その一 定義無き商店街活性化その二 商業集積としての再生一は現状変更以外の何でもありの施策加上、衰退スパイラル続進二は売れる売場づくりが牽引する商業集積再構築すべての商店街が二者択一を求められている
10-10 00:47

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170