FC2ブログ

10/18のツイートまとめ

2018.10.19 04:22 | EDIT

takeoquolaid

これは全然たいそうな仕事ではない。視点着眼を変えるだけで可能になることが山ほどあ(^_^)
10-18 18:32

中心市街地活性化基本計画で思うような成果を挙げられず(ほとんど該当)、かつ、このまま終熄するわけには断じていかない、という都市には我々とのお付き合いを勧めます。これまで取り組んできた全ての事業の結果がプラスに転じるかも。
10-18 18:30

現場では話が逆になって、我々は、現場だけじゃなくて理論も持っている(^_^)「売れる売場づくり」で20時間はいけます。
10-18 18:02

我々は、理論だけじゃなくて現場も出来るんですから。人呼んでレイアウトの魔術師(^_^)お金を掛けず自分たちで出来る範囲でレイアウトを変えるだけで増収増益を実現する。
10-18 17:48

これはプロ(コンセプチュアライザーですね)と協働して方法を習得するプロセスがあった方がよろしいかも。ちなみに、我々が言うプロとは: https://t.co/tFLIrhbDjh
10-18 13:40

補助事業に成功する秘訣は、趣旨とか目的の項にいろいろ書かれていることをマジメに受け止めて、それらを実現するには事業内容をどう組み立てるべきか、導きにすること。コトバをカタチにする道しるべに利用すること。これが出来ないとどんな支援制度が出来ても猫に小判。
10-18 13:29

前回の消費税アップ対応支援・「にぎわい補助金」の実務レベルのアプローチ。今回も類似支援施策が講じられても、現場に活用できる基礎体力が無ければ前回同様壮大な無駄遣いに。残るのは修復不能な個店―商店街のダメージ、とならないように基礎体力を勘案しつつしっかり考えて活用されたし。 https://t.co/zy1xuasVW7
10-18 13:22

知らないのは自分だけ、きっと誰かが定義しそれが共有されているから流通している、と思った大間違い。
10-18 13:03

七重八重 心は折れて やまぶきの
10-18 12:55

おつかれモードのまま現場行き。
10-18 12:52

@summum_bonum46 舶来概念でしょうがもともと所得の話とは別立てだったのではないでしょうか。
10-18 12:46

@summum_bonum46 中心市街地活性化がらみで言及されるコンパクトシティ限りです。
10-18 12:44

持続可能性だぁといえば、再投資可能性ありや、と谺が返ってくる
10-18 12:06

地方活性化、コンパクトシティなどは、言ってみればビニール風呂敷、何を包んでいるのか中身が問題。
10-18 12:04

最低でも選択肢の供覧くらいはやってもらわないと。
10-18 11:52

消費税対策、商店街組織は自分が正面で受け止める問題と認識されているだろうか。年来組織を維持してきたのは今日のため。
10-18 11:47

民主主義は啓蒙(自律思考)と二人三脚。啓蒙を考慮しない民主主義は抜け殻ですよね。
10-18 11:29

3店閉鎖の三越伊勢丹。好調の大丸松坂屋と明暗が分かれた理由#MAG2NEWS https://t.co/Wvx9gsUtPa小間割り多すぎ、在庫多すぎ。
10-18 09:17

RT @quolaidbot: ☆にぎわい補助金の使いかた☆前回の増税対策支援のにぎわい補助金で取り組まれた「恒常的に賑わう商店街づくり事業」の基本姿勢コトバをカタチに変えることを考える作業です。 今回の支援メニューの発表はこれからですが、参考になると嬉しいです。ht…
10-18 09:14

取組の見直し、改善が遅れている中で問題状況はどんどん変わっていく。難しいものです。ちゃっちゃと終わらせる方法があるといいですね。
10-18 09:03

商店街活性化というオモイはあるが、まだコトバに出来ていない。コトバにしないまま、施策に取り組んでもあまりよい結果は生まれない。
10-18 09:00

商店街活性化をカタチにする https://t.co/RLXnjCloDe
10-18 08:56

施策を評価・採用するには〈買い控え・店離れ〉対策として効果があり、かつ、将来にわたって経営の持続可能性を担保できるかどうか。施行前後の影響弥縫では弥縫にもならないと思われ。
10-18 08:42

オモイをコトバで表現するのがコンセプト。この段階から “カタチ志向” の作業である。専門的な知見技術が必要だったり。
10-18 08:39

消費税対策支援と称していろいろ出てくると「王道」がかすんでしまうおそれ。商店街組織の頑張りどきですね。
10-18 08:20

商店街活性化プロセスオモイ―コトバ―ケイカク―カタチ“思えば叶う” を実現するには、技術が不可欠。
10-18 08:16

「商店街活性化=商業集積性の構築」が普及しないと。一色に染める必要はないが。
10-18 07:46

カタチの作り方が分かっていないと計画は作れない。【コトバ・ケイカク・カタチ】
10-18 07:39

計画はカタチのコトバ段階の姿カタチの姿が見えなければ計画の体裁をとっていても計画ではない
10-18 07:33

要諦はコトバ段階の作業で「カタチに出来る」を念頭に置くこと
10-18 07:31

『学問とは何か 羽入・折原論争』https://t.co/v8m5LpczAI掲示板を見てたらあったのでお暇つぶしに。果たしてヴェーバーさんを射貫いているでしょうかね(^_^)
10-18 00:09

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170