FC2ブログ

10/31のツイートまとめ

2018.11.01 04:22 | EDIT

takeoquolaid

理論が無いんだから、論証も仮説―試行も出来ませんわなぁ。蓄積に値する経験も出来ない。無い無いづくしで今年もおしまい、と。
10-31 23:57

発信済み。不要ならメールで連絡を、と注記するもメール無し。不要では無いらしい(^_^)
10-31 23:54

問題設定が拙劣。「地方活性化」の取り組みの至らなさの批判は出来るが、対案は出せない問題の立て方。まず「地方活性化」を定義してみることだ。
10-31 23:47

理論なくして活性化無し。日暮れて道通しと言えども代替案は無い。
10-31 23:41

唯一我々は持ち込み相応の成果を挙げたが「抵抗勢力」ならぬ〈凡庸〉に阻まれ定着出来なかった。凡庸:©藤井聡
10-31 23:39

RT @quolaidbot: 商店街活性化の七不思議https://t.co/5UWKbioTAS2003年の記事、以来今日までまったく改善されていない。どう思いますか?独自の道を歩くべきでは?
10-31 22:51

地方は活性化するかでは無く地方都市は存続出来るかでしょうよ。
10-31 22:10

商店街活性化=維持に支障が生じている商店街を商業集積として再生するプロジェクトに商業理論が不在というのは信じがたい話。商店街単独の取り組みならいざ知らず。
10-31 22:05

『中心市街地活性化必携』https://t.co/oIYtnDiqL610前のブログ。主流はまだここまで到達していませんので。
10-31 21:54

参考文献: https://t.co/ZShigOoSYX
10-31 21:43

商業理論の作り方:①市場の最小モデルを作る②売買接点が成立する条件を整序③自律性のチェックこれでおしまい。〈モデル―初期条件―説明〉を展開すればよい。売買集中原則じゃ話にならない。
10-31 21:26

「経験と勘」に代置されるべき理論⇔論理と戦略の提出は、支援専門家の任務だが、何しろ古今東西前人未踏のプロジェクト、相当の腕に覚えが無いと対応出来ないが、そういう人士がそこらにうじゃうじゃいるわけも無く。
10-31 21:14

商店街が「経験と勘」でいけたのは、最上位の競争が「商店街間競争」競争だった頃まで。競合が対GMS、ショッピングセンター、ビッグボックス群と多様化すると、「経験と勘」は無力・無効となった。
10-31 21:09

活性化を定義しないと目標数値:通行量を設定するときの通行量の内実が定義出来ない。定義出来なければ増大策が企画出来ない。企画出来なければ目標は未達に終わる。プラニングに関わった人があれば「問題解決としての商店街活性化」を考えて見られるとよい。
10-31 21:01

「商店街活性化」を定義せずに活性化実現の論理と戦略が構築出来るわけも無く、もちろん、計画も作れない。計画と称する『中心市街地活性化基本計画』にはロードマップが設定されていない。ロードマップ無きプロジェクト?
10-31 20:54

理論なき消費増税対策は、商店街に恒久的に持続する影響の防止、軽減に無力と言ってよい。対策は、増税を逆手にとった増収増益、売れる売場づくり以外に無い。
10-31 20:39

祝! DL一千万回突破細雪 - 田川壽美 HD-1080i https://t.co/bxYGyA8ABA @YouTubeさんから
10-31 20:09

訂正:転回→展開一般理論 ― 集積論 ― POP論 既存個店群の業容の漸進的転換の論理と技術フルセット必須。よほど頑張らないと間に合わないかも。
10-31 19:58

平成16年、27年に実施された、総務省・行政評価監視でも 【活性化の定義が無ければ活性化は実現出来ない、さっさと定義するように】 という指摘は無かったですからね~
10-31 18:33

商業理論の不在が商店街―中心市街地活性化の低迷の原因だということから、逆説的に理論の重要性が理解されるというもの。
10-31 17:14

商学原論はどんなアプローチ、構成にするか、というスタート時点で足踏み中。
10-31 17:10

既存個店群は、コンセプトを分担する下位コンセプトを設定して、業容を転換していく。仮説―試行による三位一体の売場づくり。ここまで、すべて理論の導きが不可欠。我々【コミュニティモールプロジェクト】を提案しているところに明らかなように、既に理論を持っているが、他はどうだろうか。
10-31 15:41

まず既存商業施設の分析評価、これをやるには商業理論が不可欠。次に空白ポジションの探索。既存集積が対応しきれていない消費購買ニーズの発見、商店街の自助努力で移行可能なことを見定めてコンセプトを決定する。コンセプト主導、街を一個のショッピングモールに見立てた再構築プロジェクト発動。
10-31 15:38

商店街活性化=商業集積としての持続可能性を再構築すること。最初の仕事は広域商圏に展開する多種多様な業種業態、施設、集積を分析評価し、商店街が自力で実現可能な商業集積としてのポジションを発見すること。これが発見出来ないと活性化は不可能。
10-31 15:37

毎度のことながら商学は、見れば分かるコンビニエンストアとスーパーマーケットの違いを理論的に説明出来ないレベル。集積間競争のさなかに於いて競合する各集積の分析評価を踏まえて、商店街が目指すべき商業集積としてのコンセプトを作成する、といった専門業務が果たせるわけが無い。
10-31 14:56

RT @tanu3pon: たぬさんです最新号のぽんタブ第32号PCワンズ様でいただいてきましたぬ#ぽんタブ#pontab https://t.co/lfWaatMNKm
10-31 14:51

ともかく。商業理論抜きでの商店街活性化は、百害あって一利無し、理論が無いということは、商店街的【経験と勘】に従うということですからね。これまで40数年間、随従してきた結果、今何が残っているか?蓄積されているか?
10-31 14:43

ばんばん展開しながら取り組み全体に方向と方法を確立するのが役割じゃ無いのかと。
10-31 14:41

各種委員会に参画する商学系の学経さんは、委員長、座長に座って【中立】を守る。はて、理論・知見を提供することが期待される人が中立のまとめ役でよいのか。まとめの対象になる言説は非専門家の、アカウンタビリティを伴わない【暗中撫象】だったらどうすんのよ。せっかく招聘されたのだから自説を
10-31 14:41

商業系学識経験者は、参画した事業に於いて、商店街活性化に関する自説を転回し、リーダーシップを発揮しているだろうか。していませんね。たいていはの場合、座長、議長、委員長などでもっぱら司会進行・まとめ役。自説を開陳するのは見たことが無い。
10-31 14:16

そういえば、2回行われた総務省の中心市街地活性化に関する行政評価は、商店街活性化の取組における指導理論の不在を指摘出来てない。商業理論抜きで作られた、コンセプト無し、ロードマップ無しの計画で数値目標を設定したり、PDCAを回すことを提案するのは、自身も商業理論を装備していない証拠。
10-31 14:12

大店法制定以来40年以上経過して未だに商店街活性化を導き得る内容を持った商業理論が登場していないのは各方面にとって由々しきことだろう。
10-31 14:12

商学原論、一般商業理論、名称はともかく、商業を理解するための基礎理論の不在は商店街、商店街活性化を大きくスポイルしている。理論の不在については、これ以上遠慮は出来ない。告知を強化して関係者の奮起を促したい。
10-31 14:02

しかし、商店街活性化プロジェクトを導きうる内容を持った商業理論は存在しない。商業の基礎理論=商学原論、一般商業理論はまだ構築されていない。商業理論の不在は、活性化すなわち商業集積としての再構築が課題となっている商店街にとって重大なリスクである。
10-31 13:53

プロジェクトの常として、コンセプトを確立、導きとして既存知見・技術の粋を結集して仮説―試行の連鎖、マトリックスとして推進される。仮説―試行の基礎となる優れた商業理論の存在が必須条件だ。
10-31 13:53

商店街組織(以下「組合」)の二大事業分野は、共同経済事業(販促、ポイント等)、共同施設事業(アーケード他の整備・維持)。商店街を維持するための恒常業務だ。他方、商業集積としての再構築を目的とする商店街活性化は、商店街の維持では無く、商業集積としての再構築を目指すプロジェクトだ。
10-31 13:53

大店法当時この方、商店街は商店街活性化のあり方について外部から指導を受けたことは無い。商店街に理論を持ち込んだ専門家、学識経験者はいない。
10-31 08:12

商店街にとって活性化とは、環境激動期において商業集積としての持続可能性を維持するための戦略課題へのチャfレンジ。恒常業務の加上では無い。
10-31 07:10

活性化の目標管理:①通行量の増大とは来街者や通行者の増大では無く、街区内回遊の増大。②したがって、施策は回遊目的となる売場等の増大を図る事業③=売れる売場づくり=商店街活性化の中核事業∴通行量が商店街活性化事業の進捗を測るメルクマールになるのはその内実が「回遊の増大」だから。
10-31 07:06

RT @quolaidbot: 商店街活性化、40年以上にわたって取り組まれているのに成功しないのはなぜか?こうまで成功事例が出てこないということは、1.活性化は無理、出来ない。 のかそれとも2.取組方が根本的に間違っていた のどちらかですね。間違っても辛抱すればそ…
10-31 00:28

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170