FC2ブログ

11/03のツイートまとめ

2018.11.04 04:22 | EDIT

takeoquolaid

小売業の競争アリーナは、標的客相の脳内ショッピングマップ上のポジショニング。競合を陳腐化、その売場を手を下さずに凡庸化すること。
11-03 22:38

商業集積としての持続を望む商店街が早急に取り組まなければならないのは、1.広域生活圏において担おうとする商業集積としての役割を決定すること。2.1の実現に不可欠な個店群の業容転換技術を確保すること。特に2については、増収増益の実現が必須課題になっている折から喫緊の課題。
11-03 21:56

というかネットコマースの特性がイオン、チェーンコマースと親近と言うこと。熟知型アイテム入手法。
11-03 21:06

イオンで買ってたのをネットで買ってもそのアイテムが登場する生活は変わらない。イオンが提供しているソリューションは、ネット代替可能なレベルだった、ということ。
11-03 20:42

これは本当にその気で取り組まないと。言葉の綾、きれいごとと思ってたら絶対乗り越えられない。この店が変わる前の、この店を知らなかった頃の自分の生活は陳腐だったな、と評価されないと起こらないことだ。
11-03 20:31

これが納得出来ないと対象の活性化は出来ない。 https://t.co/dVuUePXcXe
11-03 18:36

コミュニティ・ソリューション・モールは如何。
11-03 18:31

「活性化」を定義せずに取り組まれる活性化事業は、恒常業務である販売促進事業の一環。活性化が必要な商店街は販促の効果を発揮するための条件を備えていないのでいわゆる活性化事業はやるだけ無駄、というのが論理的帰結。
11-03 18:30

訂正:陳腐化すること➡脱却すること。頭一つ抜け出せば、増収増益、未知の世界が顕現する。
11-03 18:23

世間で一番頭がいいのは国文学者だ、というのは私の偏見の一。
11-03 12:18

時代の底流は、少子高齢化では無く【もの余り・店あまり】である。広域生活圏に地場資本の投資機会が無いことが地方創生、再生、活性化の問題状況。我々が提唱するのは現在の【もの余り・店あまり】状態を革新的【ものと店】の提供で陳腐化すること。「陳腐・凡庸からの脱却」の提案が商店街の使命。
11-03 11:00

intellectual honesty はもはや趣味の態度。
11-03 10:49

「一般商業理論」を装備していればけして踏み込まない迷い道。
11-03 10:43

『修正ハフモデルのまやかし』https://t.co/FoGG2RLmqV
11-03 10:42

ペットフードコーナーの隆盛も。
11-03 10:39

出生数過去最少もベビーフード市場は拡大 女性の早期復職・男性の育休が使用を後押し|食品産業新聞社ニュースWEB https://t.co/AHxZYp5Rco @ssnp_coさんから
11-03 10:37

今日の一句:ポトラッチ カーゴ信仰 通行量
11-03 10:28

試行中の新機軸は、初年度に売場のコンセプト構築にトライするというもの。前述の「弱点」のうち後者への対策であり、同時にモールプロジェクトへの結集を図る。取組の基本理念:コンセプチュアライジングの実践そのもの、考えてみれば。
11-03 09:59

商店街活性化の論理を持たず、構築の必要も感じない縁辺関係者が、「空き店舗には重課税せよ」と主張する夕間暮れ。
11-03 09:53

アカウンタビリティ省略、すんなり第一人者に納まったのは、善男善女に通行量こと消費購買目的の回遊現象体験があり、夢よもう一度、という彼らの願望に支えられてのこと。カーゴカルトの構造そのもの。商店街の会議で頻出する懐旧談が「活性化策」として使えると担保無しで保証してみせた。
11-03 09:48

商店街活性化の第一着手、「お客に見える売り場づくり」の〈弱点〉は、たかがそれしきのことで売上が上がるわけが無い、と拒絶する人と、取り組んで業績が好転し始めたらそこで満足する人が少なくないこと。
11-03 09:34

今は昔。繁盛している商店街を行き交う人波から、商店街は通行量を増やせば繁盛することを洞察、住む人、来る人を増やせば活性化できる、と主張して一世を風靡した「活性化の第一人者」がいました。
11-03 09:17

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170