FC2ブログ

11/08のツイートまとめ

2018.11.09 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化にとって売場の改革は絶対条件。景観整備で観光客が来ても収益は増えない。事例多数。増収増益が実現できなければ再投資不能、事業承継不能、商店街は消滅する。事例あり。
11-08 20:27

景観整備事業が牽引する商店街活性化。3年間というスパンで商店街の景観整備に取り組む。この期間をそのままコミュニティマートプロジェクトの期間として、所要の事業を配置して構築を目指す。核心事業は売れる売り場づくり。景観整備の終了と共にショッピングゾーンとしての機能が再生している。
11-08 20:20

組織自体が情報ルートを持っていない。法人組織も支援制度の受け皿として、緊急に作られたし、その後強化施策は講じられていないし。中小企業者の協同組織は株式会社に比肩する歴史を持つと言うのだが。
11-08 19:17

商店街組織は、加盟店に対して価値の高い、他のルートからは入手が難しい情報を提供出来るだろうか。消費増税対策とか適切に対応出来ないと反動で離脱者が。
11-08 18:14

この取組を①行政が理解できない②商業者が乗ってこない③国の支援策が無いその他モロモロの口実でネグレクトするのは簡単だが、代替策は無いからね。
11-08 17:15

ここから先の取組は「売場の改革」=街のコンセプトを業容として分担しながら売れる売場に変身していく事業を企画推進しないと活性化は実現出来ない。ソロソロ分かれ(^_^)
11-08 16:43

これまで取り組まれてきた中心市街地―商店街活性化も内容では取り組みの核心・顧客の来街目的である個店売場の誘引力の向上が実現出来ず、取組は挫折することが明らかになっている。
11-08 16:41

売れる売場の一般理論あるいは売れない売場の一般理論があって、プラス適任支援者が必要ですね。
11-08 14:00

商店街活性化の成否は、前提条件無しで既存売場群を「売れる売場」に転換出来るか否か、転換術式を確保出来るかどうかですが、ここがキモだということが分からなければ開発努力もないだろうし。商店街所在の中小個店が個別に専門家の支援を受けるというのは難しいし、抑も専門家の有無も不明だし。
11-08 13:57

商業に関する原理論レベルの探究の現状:柏木信一『日本の商学・商学部のアイデンティティ・クライシス : 「商学原論」確立の必要性』https://t.co/pRss8AR3hx
11-08 11:20

RT @YUUU_0910: 国際赤十字が市街戦についての資料を出してたけど、うねうね動くタイプで驚き。https://t.co/cPashyGB85
11-08 06:27

自治体向け『商店街活性化情報』第3号 本日配布。 週一定期はきついが努力。 商業理論不在のの列島、自治体(に限らず)は商業、 商店街活性化に関する整序された基礎情報が蓄積 されていない。「暗中撫象」の脱却が急がれる。
11-08 06:02

正しくは『売れない売場の一般理論』でした。
11-08 05:55

#売れる売場の一般理論というのがあってもいいのではないか。というか無いと困るのでは。業種業態を問わず、売場が備えておかなければ売れない要件があるかと。これ持ってないと商店街活性化はきついよね。
11-08 00:18

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170