FC2ブログ

11/10のツイートまとめ

2018.11.11 04:21 | EDIT

takeoquolaid

ライフスタイルの提案かライフスタイルへの提案か
11-10 23:57

パラダイム論議は腕と度胸に加えてセンスが不可欠、活性化論議のセンスではちときつい。
11-10 23:56

商店街活性化を定義せずに活性化の方向と方法を決定することが出来る、知識や技術は商店街既存のもので間に合う、というのが大方の学識経験者に共通する識見のようで、これを批判する論文は見たことが無い。
11-10 23:53

「商業・まちづくり」系の学者、専門家さんたちは、よほど概念の定義が嫌いか苦手かよく分からんが、商学原論未構築でも活性化を実現するために、なすべきことは分かっているつもりらしい。
11-10 20:09

定義抜きの商店街活性化を玩弄したあげく、活性化は陳腐化したと放擲、まちづくりに転向した連中が定義は排除の論理と称しながら、商業・まちづくり、観光まちづくり、交通・まちづくり、福祉・まちづくり等と区分する噴飯。それでも「商業・まちづくり」の定義無し。
11-10 20:01

「もの余り・店あまり」という底流の上で不要不急の商品を販売するのが小売業の社会的使命。通行量がーとか、空店舗がーとか言ってるとお客にそっぽを向かれてしまう←今ここ。
11-10 19:55

駆動力である個店売場の整備を放置、目的である「活性化」の定義無しで、何を基準に事業を企画し、行動し、結果を評価するのか、謎。
11-10 18:40

今、商店街連合会と行政との常設協議体の設置を推進中だが、夾雑物無しでいくのがよさそう。その他参加したい組織団体はければ応能負担ありで(^_^)人を出すか、経費負担か。フリーライド無し。
11-10 18:09

一読むずかしそうに見えて、実践は「売れる売場づくり・お金を掛けずに増収増益」という単刀直入がミソ。 https://t.co/WLZDUo5dTt
11-10 11:59

パスタイム:自己目的的時間費消、またその対象。
11-10 10:21

相互作用:相互補完、比較、ワンヴィジットショッピング、相乗効果:来訪目的達成の可能性の向上
11-10 09:50

「売れる品揃え」は「売れる売場」でないと実現できない。セブンのヒットアイテムを商店街のスーパーに導入しても売れるとは限らない。
11-10 09:45

商店街の「経験と勘」が当てにならないのは、「経験」が整理されておらず、「勘」が吟味されないこと。経験に立脚するなら経験を整理整頓、体系化―理論にまとめなければならない。作業をサボっている経験と勘は「思いついた口実」にすぎないことがある。
11-10 09:42

取組をスタートすれば、客数、客単価向上がたちまち実現する、日々の業務に手応えが選られ、売場での問題発見―解決が楽しくなる。夫婦、親子で仕事の話が弾む。久しぶりで前向きの時間が得られたなどのレポート。
11-10 09:20

「知識・技術は現状のままで、通行量を増やし、空店舗を減らせば商店街は活性化できる」というのは、「経験と勘」につけ込んで街を衰滅させようと企む悪魔のささやき。
11-10 08:42

商業集積というときの集積性とは、所属する個店群の相互作・用相乗効果によって実現するショッピング客の期待に対する効能効果。
11-10 08:34

商店街を活性化したければ、広域生活圏における商業集積としてのポジション(お客から見たショッピング目的でわざわざ出かける理由)を確立すること。
11-10 08:27

集積間競争の最中にあらためて自力更生を目指すなら他に選択肢は無い。取り組んでみると、思ったより簡単ですぐ成果が得られる。成果:売場の増収増益と街の回遊。
11-10 08:24

商業集積としての存続を目指す商店街は、二つの難問に直面している。その一、広域商圏で相対優位を占められる商業集積としてのコンセプトの創発その二、コンセプトの具現を担う個店群の経営技術の向上二つの問題の解決こそが唯一の活性化への道であることを理解すべし。
11-10 08:20

商店街活性化=商業集積としての持続可能性の再構築と定義し、実現の方向(コンセプト)及び方法(既存個店群の売れる売場への転換)を提案しているのが、この期に及んでなお全国唯一我々だけ、というのは極めて厳しい状況。関係各方面は覚悟が問われているが。
11-10 01:17

基本計画の挫折は数値目標設定やPDCA回しで対応できるレベルの問題ではない。ここが分からないと堂々めぐりから脱却できない。
11-10 01:02

タウンマネ-ジャー公募要件:「当市の中心市街地活性化基本計画で当市中心市街地を活性化する能力を有する者」などとされているが、①活性化が定義されていない、②基本計画の合目的性が立証されていない ③「必要な能力」が定義されていない、という無い無い尽くし、いずれも無くて済む話では無い。
11-10 00:59

「商店街活性化」を定義せずに事業を計画し推進するという方法は、当事者の商店街活性化以前の段階、問題解決一般に関する能力レベルに重大な問題があることを示している。解決を支援する問題を定義せずに任務を果たせるとする専門家とかいるんだ。
11-10 00:25

コンセプトはモールをはじめチェーン小売業と棲み分け、顧客の生活編集への貢献を標榜、売場群の柔軟な連係で実現する。
11-10 00:09

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170