FC2ブログ

11/29のツイートまとめ

2018.11.30 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化論玄人 商店街を活性化する素人 モール他色々揃ってるからムリ玄人 それでも活性化する素人 じゃあ、郊外との関係は?玄人 ・・・棲み分けとか素人 ?どゆ意味玄人 ・・・歩いて楽しいまちとか素人 ?どゆ意味玄人 ・・・
11-29 23:46

商店街活性化界隈は、商業に関する基礎的な知識を持たず、そのことが露見しても平気、という人たちが跋扈していますからご用心、といっても既に遅し、か。商店街活性化に専門的な知見は不要と思っているのか、不備不足はお互い様、文句は出まい、と高をくくってるのか。
11-29 20:54

現在小売業についての基礎的な知識があれば誤解の余地は無いと思いますが、基礎といってもそこらで簡単に入手できる条件が無い、というのがやっかいなところ。
11-29 20:23

商業集積としての持続可能性を再構築する=郊外型集積との棲み分けを目指す方向で集積としてのコンセプトを掲げていない活性化は、どんだけ巨額の投資をしたとしても「対症加療」です。自生型商業集積としての衰退趨勢から脱却することは出来ない。エスプラッツ、アウガ以下同じパターン。
11-29 20:18

加登川さんは、偕行社刊『証言による南京戦史』の編集部総括を個人で負った人。https://t.co/4rjRkIprkR
11-29 19:29

反省しないための反省録もある https://t.co/x3uNpfocv0
11-29 19:13

住む人来る人を増やしても回遊客数が増えるとは限らない。というか、住む人来る人を増やせば街は元気になる、という短絡思考では回遊客数は増えないし、その延長上に実現が期待される来街頻度の向上も夢幻のままおしまい。というのが中心市街地活性化基本計画、悉皆目標未達の教訓。 https://t.co/84KR0vuKDI
11-29 18:34

通行と回遊(遊歩)は違います。商店街で実現したいのは後者grazingですね。 https://t.co/BrYUKdSWRp
11-29 17:44

A:メンテ派B:再構築派これまではAの一人天下で、結果はご覧のとおり。これからBが大逆転出来るかどうか。もちろん、消費増税への対応を考えればBだが、“それは個店の仕事” という返し技を持っている。 https://t.co/n12d18oLtQ
11-29 15:50

空き店舗を埋めるのはメンテナンス、増えないようにするのが活性化。
11-29 13:37

中心市街地活性化の二者択一:メンテか集積の再構築か今のところハッキリしているのは、これまでメンテ路線は時間と金を掛けてさんざん取り組んで来たが、結果はご覧のとおり、ということ。
11-29 13:00

中心市街地活性化の実現、関係関係各方面の「メンテ思想からの脱却」が必須だが出来るかな。ちなみにメンテ思想とは、中心市街地が空洞化しているのは諸処に不備不具合が生じているからだ、メンテをすれば活性化するという考え。不備不具合の例:通行量、空き店舗、アクセス、駐車場、魅力ある店W々
11-29 12:57

中心市街地商業街区の商業集積としての再構築、というテーマがあるのなら、これは他の諸々とは切り離して方向と方法・シナリオを確立してから、それをもってすり合わせに臨まないと。おっと、とはいっても「商業集積としての活性化」担当するスキルが不在ではね。
11-29 12:51

道路とか駐車場とか論議しているのはちょっと違うような。存在価値、広域からの来街目的の再構築の話、コンセプチュアライズの話に来街手段話は出番間違いかと。
11-29 12:47

同伴有識者で「メンテ思想からの脱却」を提唱している例があるかどうか。脱却を提唱すればたちまち「広域間競争裡に優位性を確保する」という課題が現れ、論地・戦略・技術を提供しなければならない。大変ですよ。このあたりの内幕を知らない都市計画方面が
11-29 12:44

活性化したければ「メンテナンスの思想」から脱却しなければならないが、脱却するとその先に待っているのは「集積間競争」への対応ですからね、二の足も三の足も踏みたくなるというものだ。
11-29 12:40

都市計画のノリで中心市街地=都心商業街区の活性化を考えたのが挫折輩出の原因の一。中心市街地空洞化の原因は、商業集積間競争への敗北を認めず、目視できる不備不足のメンテナンスで立ち直れると錯覚したこと。これは根深い。
11-29 12:37

レイアウトは機能に貢献する、とするならば、中心市街地活性化の再優先課題は、商業街区が担うべきコンセプトを決定すること。法定中心市街地は都市計画的中心市街地とは異なる概念であることに留意(中活法第二条第一、二号)。
11-29 10:06

関係者の言動から推測される暗黙裡に共有されている定義は、活性化=可視症状へのメンテナンスだ。ここに想到すると定義不在という謎が消える。修理修繕なら定義は不要。ここには、問題は集積間競争への敗退、可視症状はその結果であることが、学経を含め発言されず論議されないこと。
11-29 09:25

商店街が活性化出来ないわけその一:商店街が活性化するとはどうなることか、定義(合意)されていない。学経含めて合意の必要が理解されていない。それで活性化に向かっていると信じているならバベルの塔よりヤバい。
11-29 08:57

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170