FC2ブログ

12/01のツイートまとめ

2018.12.02 04:22 | EDIT

takeoquolaid

つまり、現在取り組まれている〈メンテ型活性化〉では、永久に再投資は出来ない。個店の改築に公的資金は使えない。使いたくても枯渇寸前。本気で商店街・商業街区を存続させたいなら、「売れる売場づくり」に取り組む以外に選択肢は無いですよ。
12-01 21:22

RT @43days: 奈良県大和高田市の天神橋西商店街|大和高田で雨に濡れる https://t.co/SAaYzYsdr9 https://t.co/YFXq44ryDC
12-01 20:24

チェーン小売業には手も足も出ない話。おっと地産地消、移入財の地場産への置換とかいろいろあって、商店街・POP起点の地方再生、というのは可能性大あり。
12-01 19:18

地方都市に共通する投資機会は、老朽化著しい商店街。投資可能性を創出するには基礎となる増収増益を実現しなければならない。これは当然川上に溯及していくので国内消費財産業、特に中小メーカー、産地に波及していく。商店街・POP起点の消費財産業活性化、もちろん全産業に波及していく。
12-01 19:18

ところで、メンテ派から再構築派へ宗旨替えしようという関係者はいないのかしら。
12-01 18:58

他の事業と〈売れる売場づくり〉の違うところは、売場づくりは確実にリターンがある、というところ。増収増益と売場づくりノウハウと問題解決力の向上。キャッシュで元が取れる、という事業は商店街では珍しいのでは無いか。
12-01 18:45

投資→貯蓄、一方通行の経済学 https://t.co/I6qQ5jTQmr
12-01 18:27

RT @honnoinosisi555: 「平成という元号は字義通りにはなれなかった。平らかに成る理想は、その含意を安岡正篤に求めても、山本達郎から山本達雄に遡って求めても、未完に終わったことになるのでしょう。とはいえ、元号とは昔からいつもそういうものです」(片山杜秀『平成精神…
12-01 16:34

・不景気の時は、減税と財政出動。好景気になったら増税すればいい。※そうとは限らない“そうとは限らない” 状況を想定するのは簡単。
12-01 16:26

反論したいこと(^_^)・国は徴税権を持つので円国債て破綻することはない。※そうとは限らない・財政健全化とは、国が裕福になり、国民が貧乏になることである。※そうとは限らない・国単位で考えるとお金は使っても無くならない。循環して価値を創造する。※そうとは限らない
12-01 16:26

モールがどうした、百貨店がなに(^_^) https://t.co/h2se3jQFVc
12-01 15:41

『中心市街地活性化基本計画』の作成に任じた、商業に無知なプランナーさん達は、中心商店街活性化とショッピングモールの関係などほとんど考えることが出来なかった。どだい無理だと思い込んでいるから、モールへの対応など一行も書けないのが『中心市街地活性化基本計画』のクオリティですね。
12-01 15:12

中活法第五条に、商業街区の活性化は地方公共団体の責務とある根拠はここですね。都市の持続可能性の維持、再構築と密接に関わる取り組み、行政主導、地場小売商業者主役の取り組み、構築し損なっている中心市街地活性化基本計画枚挙にいとまなし。 https://t.co/2fcNSEtvgc
12-01 13:31

もちろん、あなたの街の売場とも違いますけど差違が分別できますか?
12-01 12:26

百貨店でもモールでもない、商店街立地のレディースファッション。両者のPOPとは業容(品揃え・購買支援・レイアウト)が違うことが見て取れるはず。長崎県大村市(人口10万弱)のアーケード立地。 https://t.co/VCuQLG4C6v
12-01 12:23

モールはすごい、でおしまいなら地域活性化は夢のまた夢。
12-01 12:00

通行量増大、空き店舗解消で活性化、というシナリオは挫折しているが、代替案を作っている自治体、商店街は稀少。 https://t.co/F6YVzO59qd
12-01 11:52

若年層流出による地域崩壊を食い止めているのはモールの存在という卓見あり。
12-01 11:44

「まちづくり」という定義抜きの大和言葉にそれぞれの思いを込めて(時に転変するが)、パッチワークにいそしむ人が多すぎ。商店街は儲かってナンボ、増収増益を目指さずに何が活性化じゃやい、という人少なすぎ。
12-01 11:11

RT @quolaidbot: チェーンストア、マーチャンダイジング、ショッピングモールを知らずして商店街活性化を語る勿れ。 https://t.co/BalEldEDBW
12-01 10:55

帝国陸軍への鎮魂歌 https://t.co/smbdiqFsGg
12-01 10:52

ショッピングモールなんか怖くない(^_^) https://t.co/hz7Zl95b09
12-01 10:38

補助金依存から脱却するシナリオを持っていない商店街に補助金を出す根拠は乏しそう。
12-01 10:08

補助金の活用:一に、売れる売場づくり、二にも売れる売場づくり、三、四が無くて五に補助金依存からの脱却。
12-01 10:06

商店街活性化、いろいろ定義の仕方があろうが(その割りに誰もしないが)「補助金依存からの脱却」というのは有力な将来目標ですよね。補助金が無ければ活動できない、ということは〈持続可能性〉が脆弱という証左。
12-01 10:04

大手プランナーさんもモールに無条件幸福(降伏とも言う)だったりして。
12-01 09:55

商店街、既存売場群の業容(品揃え・レイアウト・購買支援)=売れない売場を温存しながら事業機会(通行量・社会課題対応)を提供するというのは、成果を得るのが困難な企画。活性化の第一ステップは売れる売場づくり、事業機会の拡大はその後の話。
12-01 09:53

地方都市におけるモールの役割を評価する意見が多いのはどういうわけか。
12-01 09:27

消費―所得循環が機能せず、このプロセスから生じる事業機会、経済成長機会が失われるということ。
12-01 09:18

都市が内外に於いていくら所得を確保しても、最終消費の場:売買接点(POP)を開設しているのがすべて域外資本だったとしたら、その所得は消費段階で域外に流出して還流することは無い。都市経営は片肺飛行、消費~所得循環が働かない。このことが意味するところは何か?
12-01 03:55

RT @quolaidbot: 商店街支援、〈選択と集中〉なら選択の基準は「補助金依存から脱却するシナリオを持っていること」で決まりでしょう!
12-01 03:29

ショッピングモールにビビってたんじゃあ商店街活性化は出来ませんよ。店あまり・もの余り時代、モールその他からお客を引きはがしてこないと商店街の持続可能性の再構築にはならないわけで。戦略的には敵を軽視せよ、といった人もいる。
12-01 00:05

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170