FC2ブログ

12/02のツイートまとめ

2018.12.03 04:22 | EDIT

takeoquolaid

A組の商店街活性化は、衰退趨勢からの脱却では無く、衰退趨勢の現象である通行量の減少、空き店舗の増加等を弥縫するもの、趨勢の進展を遅らせることすら出来ない。なお、「商店街活性化」を陳腐化した挙げ句、定義無き「まちづくり」に移出した同伴有識者は悉皆A組所属。
12-02 23:55

フェイスブックから戻ってきたらTLに異変が!
12-02 23:06

商店街活性化を言い換えるとすれば、「商業集積性の再構築」でしようかね。「活性化=元気にする」と素朴に考えれば。「通行量を増やす」、「空き店舗をなくす」では無いでしょう。通行量を増やせばものが売れるか、空き店舗をなくせばものが売れるか。
12-02 21:06

評論家の〈見る〉はホントに素朴で、見た目ですごければ、評論でもすごいとなります。何というか、自分の内部に評価判断する基準を持っていない。要するに教養に欠ける、ということですね。多いですよ。
12-02 20:58

RT @taro_kosai: 原さんの監督復帰と巨人の病気再発 …こさいたろうの視点・論点 0073https://t.co/K7TCEtxoNQ https://t.co/K7TCEtxoNQ
12-02 18:23

再掲加登川さんは、中学―士官学校経路出来る機甲科。同じ経歴の先輩に、後に陸自教育系に影響を与えた酒井 鎬次。両者に関心があれば、まずはwikから。 https://t.co/2I143CtSaa
12-02 18:03

講釈師見てきたようなウソを言い評論家見てきたまんまを垂れ流す https://t.co/hbZbNuvAei
12-02 12:06

中心商店街は頑張らないと。
12-02 11:55

依存=被拘束
12-02 11:55

Oyatoi開国のプリンシプルは、アカウンタビリティは欧米任せ、開化実務は促成官僚。不時開国ですから致し方無かったとして、その後の経過はよく知りませんが、経路依存というタームもありますね。
12-02 11:29

今は昔、中心市街地活性化基本計画作成で「消費購買行動調査」をしたところ、35歳以上の女性で「家族の衣服の購買先はショッピングセンター」という回答が6割以上だったが、今どき自分のファッションはどうしてるんでしょうかね。
12-02 11:17

中心商店街が構成員の自助努力の組織化をもって獲得可能な事業機会が想定されて初めて中心市街地活性化基本計画の作成が可能になる。ということを理解するのに専門的な知識技術は不要、幾ばくかの教養があれば不可避の経路
12-02 10:41

思わず藻谷さんが登場したがwww、この人のアカウンタビリティを欠いた言動の結果は、社会学方面には格好のネタですね。概方面に気合があればの話だが。さて、中心商店街的事業機会の探索・発見・確定は、大店法以来の執念が無いと難しいかも。ともかく、事業機会無くして活性化の機会無し、だ。
12-02 10:26

論拠に同町を「日本一元気な商店街」と持ち上げ、活性化するには中心市街地に住む人来る人を増やせと提言、一挙に大勢が決した。以来エピゴーネン多数輩出現在に至る。先生におかれてはその後里山方面に移住された由。
12-02 10:16

これは当然、中心商店街の潜在的事業機会如何ということになるわけで、もちろん昨日今日突発したことではなく、中活法制定当時厳存していた問題。事業機会の発見無くして活性化の方策無し。この核心は自明に非ず。そこに、全国の市町村に行ったことがある・藻谷先生が登場して、佐世保四ヶ町の人出を
12-02 10:10

加古川総括は『三八式歩兵銃』に。
12-02 06:07

当然Oyatoi開国問題に連なる。軍制移入、建軍コンセプト、仏独競合、メッケル少佐。
12-02 06:04

話は変わるが。加戸川幸太郎さんは、帝国陸軍七十五年の総括を「建軍期におけるコンセプチュアライジングの不備」と達見。
12-02 05:54

もの余り・店あまり時代、百貨店退潮期の中心商店街で成立するレディースファッションPOP。
12-02 05:41

RT @takeoquolaid: モールがどうした、百貨店がなに(^_^) https://t.co/h2se3jQFVc
12-02 05:37

論理を立てるには、チェーンストア、中核技術・マーチャンダイジング、チェーンストアの集大成・ショッピングモールを解明しなければならない。チェーンストアは都市の生活に何を提供し、どう貢献しているのか?かってチェーンストアの台頭が破壊し、今その隆盛が準備する中心商店街の事業機会とは?
12-02 05:36

そこにつけいる隙を発見しなければならない。これは必須課題。隙が無ければ中心商店街再興の機会は無い。再興=消費購買客の奪還ですからね、奪還の論理抜きでデべを気取るとエスプラッツ、アウガになる。
12-02 05:20

中心商店街をもり立てるぞ、と言ったとたん、モールその他の商業施設を横目に見つつ、アクセス難ありの中心商店街までわざわざショッピンブ目的で来街させる・来街目的を確立しなければならない。当然のことである。まずは、当該都市における生活と郊外型・チェーン型POPとの関係を解明し、
12-02 05:11

もの余り・店あまり時代、都市中心部商業街区を活性化しようというなら、ゼロサムですからね、郊外蟠踞のチェーンストア群から顧客を剥奪しなければならない。あまりにも当然の話。だが、剥奪の論理をどう立てるかという課題は、中活法制定以来認識されたことがなかったわけで。
12-02 04:53

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170