FC2ブログ

12/04のツイートまとめ

2018.12.05 04:23 | EDIT

takeoquolaid

ほれ https://t.co/mX21Fs4b85
12-04 22:44

百貨店は百貸間店ですからね。小間が狭っくるしくみすぼらしい。情けない。
12-04 22:37

@quolaidbot 面白がりながら恒久的な増収増益が実現するんだから乗り換えない手は無いと思いますけどね。まさか儲かりたくないから今の活性化wそ止められないんじゃないですよね(^_^)
12-04 22:17

百貨店は、お客さんが売場で過ごす時間⇔空間をどう演出すれば堪能してもらえるか、しっかり考えるべきですね。何も考えていないんだから、そら、お客さんに愛想尽かされますよ。
12-04 22:13

周知のとおり、検討会は、主催者の問題提起とは縁遠い中間総括で頓挫中。千載一遇のチャンスだったんですけどね。主催代表・中企庁経営支援部長挨拶:https://t.co/bnA23oeyPQ
12-04 20:58

地方創生、地域振興、中心市街地活性化、商店街活性化等々の名分は、個別事業で私物化しちゃいかんよ。まず、大義名分の網をバサッと掛けて、実際に取り組むのはその一部、一部だが全体に有意義であり、かつ先駆的な取組であることを示しておくこと。
12-04 17:15

もちろん初挑戦しているのは、我々では無く『中心市街地活性化法』ですよ。
12-04 17:04

ということで、我々は、商店街活性化B組の戦列に参加する有志を募ってますよ。まちづくりか、商業集積再構築か。後者は人類史上未だ誰もトライしたことの無いプロジェクト(^_^)
12-04 17:02

商業界隈に集中原理などというものは無い。
12-04 14:32

集中原理派が商店街活性化もまちづくりも定義しないのは、定義が無用だからでは無く、実はの「集中原理」からは活性化、まちづくりが導き出でないからでは無いか、という邪念が季節外れの入道雲のように(^_^)
12-04 14:24

#商業原理売り手(商品)と買い手(貨幣)とPOPで成立。その他は初期条件。メーカー不在、流通も集中も無しで商業は成立する。ここからスタートすれば、商店街活性化は定義出来るし、道も開ける。集中原理は、原理以外からいろいろ密輸入してこないと何も出来ない。
12-04 13:45

まちづくりの定義(何をどうしょうというのか)無し、理論⇔論理、戦略、中軸事業の設定無し。「定義無きまちづくり」の客観的な検討は難しい。石原さんは、中企庁主催「新たな商店街政策の在り方検討会」の座長を務めた人。 https://t.co/jycfb7fjHw
12-04 12:40

小売業の存在意義を「売買集中」に措き、その機能を「売買集中原理」で説明しようとして行き詰まっている感のある石原武政さんが商店街活性化の言い換え・まちづくりの理論的指導者というのは奇妙な話ではある。石原さんの理論的な到達ポジションではまちづくりは定義しようにも定義できないはず。
12-04 12:19

商店街活性化。活性化を定義せずに事業を企画し、補助金を消化して、事業が終わると“終わったことをとやかく言っても仕方が無い” と言って次に向かう取組のこと。
12-04 11:04

エリアマネジメント、コミュニティデザインに限界を感じている人、あなたがいるべきところはそこではない。
12-04 10:54

「まちづくり」、「まちゼミ」よりも面白い! https://t.co/zbdnoAXPxm
12-04 10:31

商店街の時代=地方j百貨店の時代、売れる売場づくりが百貨店再生への道。 https://t.co/kxzSk8Hrz0
12-04 10:01

@yutosokennews 一度見てみたいですね。
12-04 09:57

追加:6.都市中心部の景観形成7.都市中心部の中心性の再生ということで、都市計画、アーバンデザインとかの人たちも、まずは形式の前に機能をきっちり構想しようせ、というのは如何でしょうか。デザインは機能に従う、とか言うじゃないですか(^_^)
12-04 09:53

まちづくりとかコミュニティデザインとかで頑張ろうとしている皆さんは、そっちと商店街活性化とをもう一度 秤に掛けてみたら如何。 https://t.co/c5kHpqvfMr
12-04 09:42

その根拠1.地場中小小売商業者の増収増益2.域内経済循環(資金、産品 他)の再興3.商店街発トリクルダウンの再生4.新規創業助成5.コミュニティ貢献なんぼでも出てくるな。商店街以外じゃこんだけのことは出来ませんよ(^_^)
12-04 09:38

活性化が必要=衰退趨勢に陥っている、放置すると立ち直れない状況に進んでいる商店街に多額の資金、人材、時間を投じて趨勢を転換しようというのが商店街活性化。何でそうまでして頑張らないといけないのか?中活法第五条は、活性化は地方公共団体の責務と定めているがその根拠は何か?
12-04 09:30

#コンセプト意味するものとされるもの、とかありますね。その関係を確定するのはその時々の発語者ですが、社会的連関の内部で用いる場合は、そら、しかるべき約束が必要よ。 https://t.co/xq3Ff0jFxm
12-04 09:25

訂正:経路非拘束→経路被拘束仮説:物欲、所有欲が経路被拘束かも知れない件。
12-04 09:17

関係者は中心市街地活性化法・中心市街地活性化のスキームを愚直に読み込み、血肉化したいないと、知見・技術と知恵を一体的に活用して活性化への道を切開していくことが出来ない。まず目的を確立せよ。目的空白のプロジェクトとかありえんだろ。
12-04 09:09

増収増益確立、融資を得て設備を更新すれば域内循環資金拡大、地元業者所得増大、経済活力の向上実現。これが地域振興のプロトタイプ。ここまで見通さないと商店街活性化が都市経営の戦略課題にならん。
12-04 09:05

革新的商業集積へ蛻変しなければならない。これが商店街活性化を志す商業者有志、商店街が漸進すべき道である。迂遠のようだが「売れる売り場づくり」を中軸に据えた確実迅速な方法である。
12-04 07:12

我々が提唱するコミュニティモールはその目下のところ唯一の例。多様な種類の集積、施設が布陣する広域商圏に改めて商業集積として参入するについては、成功している既存集積の模倣追随は許されない。既存集積群との棲み分けを果たす革新的コンセプトを創出、その導きのもとこれまで存在しなかった
12-04 07:03

多くの商店街は、自生的集積のままでは存続が難しい。協働型集積への転換が不可欠。ここに協働型集積とは、新たに掲げるコンセプトに共鳴する商店街有志が自助努力を組織して協働構築する革新的商業集積。
12-04 06:48

そこそこ止まり、況んや民間においておや、という延長上に商店街活性化があるとするなら、何ごとによらずご無理ごもっとも、ですypなあ。
12-04 00:08

明治開国がOyatoi開国だった、実務・現場組しかいなかったということは、開国はconceptualizer 不在のプロジェクトだったということで、以来我が国はコンセプチュライザー不在。そら、現場の能力もx@
12-04 00:04

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170