FC2ブログ

12/08のツイートまとめ

2018.12.09 04:22 | EDIT

takeoquolaid

商店街活性化、職業的指導者の不在 https://t.co/ngnpQ11hJ6自称専門家、登録専門家は多いのですが。
12-08 20:50

知ったかぶりされるのは、この事業の失敗が多分に多いかと。ただし、失敗したのは補助金を使ったからでは無く、企画自体がおかしかった、ということ。高度化事業のなんたるかを理解していなかった。短絡的に補助金を批判する側も無知ということでは同じレベル。
12-08 20:08

高度化事業の失敗は中活以前から起きていたこと。高度化離れ状態も。が、ポスト大店法の商店街活性化の切り札=高度化事業以外考えられなかった、ということ。ところが高度化事業自体の研究がほとんど行われていなかった、ということがあったんですね。一部で “補助金使うと失敗する” と
12-08 20:08

中心市街地活性化の挫折は、高度化事業の挫折ですからね。高度化事業の挫折を理解せずに中心市街地活性化の挫折は語れない、語ってもいいがウソになる。
12-08 19:40

このあたりの経緯について、現任タウンマネージャーさんが理解されているかどうか。空き店舗対策や集客イベントとは次元の異なる、商業集積としての集積性の拡充という根幹課題への対応が高度化事業構想。基本計画を自治体が作成することでこの事業の推進を担保させようとしたのが形成前のスキーム。
12-08 19:37

まちづくり会社の前身・TMOの正式名称は、中小小売商業高度化事業構想者、すなわちこの事業の構想を策定したものがTMOとして中心市街地活性化推進の司令塔となる、というのが中活法のスキーム。中心市街地活性化におけるこの事業の重要性、戦略性があらためて確認されるところ。
12-08 19:37

一説にこの事業を促進するために『中活法』は制定されたとも。中小小売商業及びその集積である商店街の活性化の推進にとって根幹となる事業だが前身である高度化事業と同じくほとんど研究せず、趣旨・成功要件などについて無知のまま、『基本計画』の数以上に取り組まれ、成果は「目標未達」。
12-08 19:27

「中小小売商業高度化事業」を知らずして商店街活性化を語る勿れ https://t.co/ttkmRShwVv
12-08 18:50

敷衍する学徒がいない件 https://t.co/YoHgmGmMy3
12-08 18:30

1941年12月。対米宣戦は欧州戦線の経緯を抜きには考えられないが、11月に、米国のソ連支援が開始され、12月、モスクワ攻略に失敗する。乗り遅れまいとしたドイツ製バスの運行が危うくなった時期。
12-08 17:30

商店街活性化について発言する商学部の先生達が、商店街活性化には商業についての体系的な知識が不可欠だ、と助言しないのはおかしな話。理論無しで出来ることですか、集積間競争のさなかに衰退趨勢に陥っている自生的商業集積の持続可能性を再構築するプロジェクト。
12-08 10:47

商学クライシスとのストラッグル https://t.co/qSWx2spWKv
12-08 10:45

消費続税対策と商店街活性化(集積性再構築)を一体的に推進する「売れる売場づくり」の取り組みは如何。https://t.co/Dz4ddSOa9T
12-08 10:24

商店街活性化、高度化事業、商業集積(集積間競争)、商業理論等が採録されていないのはどういう線引きによるのだろうか。 https://t.co/8YbOaLuxXs
12-08 10:20

OODAはトップガン界隈の方法ですからね。訓練に次ぐ訓練の果てに成立する方法。OJTを内包する民間企業の恒常業務に採用してうまく行くかどうか。もちろん、この方法を使用すれば正解が得られる、という保証は方法の内部には全く無い。
12-08 09:55

「中活法のスキーム」的文言を使用しない言説は、中心市街地を自己流に解釈して我田引水するので要注意。藻谷浩介先生以下、著名な専門家でレトリックに「中活法のスキーム」を使っているものは絶無と言って良い。関係各方面もその傾向の影響を受けているので要注意。目標未達の重大な一因ですよ。
12-08 09:51

中心市街地活性化とは、中心市街地的都市機能の活性化の謂であって、中心市街地所在の個別遊休不動産の活用という意味では無い。峻別しないと虻蜂捕らずに終わる。専門家を自称するなら中活法のスキームをちゃんと理解してからしゃべらないと。
12-08 09:46

ここまでの経緯を見て商店街は活性化出来ないとか、補助金を使うと道を誤るといった批判(?)は、活性化の取組や補助金の使い方に選択肢があることを想像できないトンデモなので特に注意。 中活法の主旨・スキームが頭に入っていないことを告白しているに等しい言説。
12-08 09:41

中心市街地活性化関係の言説には、中心市街地活性化法の趣旨・スキームとは無関係、かつ独自にスキームを立てること無く「好き勝手」を垂れ流すものが多いので要注意。現状を糾弾する舌鋒が対案の優位を意味するとは限らない。事例多し。
12-08 09:35

「商店街活性化=商業集積としての再構築」を否定すると中活法的中心市街地の存在を否定することになる。地場小売業の消滅が都市経済(持続可能性)に及ぼす負の効果をどう考えるか。
12-08 07:11

RT @toshouken: 【イトーヨーカドー釧路店、2019年1月20日閉店】https://t.co/yb10e62r8f38年の歴史に幕。日本最東端のイトーヨーカ堂であった。 https://t.co/4xbjF30pGF
12-08 06:53

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170