FC2ブログ

バックナンバー

[ 2018.09.18 ] 09/17のツイートまとめ

[ 2018.09.17 ] 09/16のツイートまとめ

[ 2018.09.16 ] 09/15のツイートまとめ

[ 2018.09.15 ] 09/14のツイートまとめ

[ 2018.09.14 ] 09/13のツイートまとめ

前のページ«

»次のページ

09/17のツイートまとめ

2018.09.18 04:23 | EDIT

takeoquolaid

中活法の定義(第二条の要件)以外の文脈で中心市街地活性化を論じる場合は、それなりに中心市街地、中心市街地活性化を定義してからにしないと。こんがらがると議論が無駄になりますね。一々定義するのは大変なので、定義の所在を示してもらえば見に行きますよ。
09-17 23:18

中活法と基本方針とこのマニュアルは中活法的中心市街地活性化推進の三点セット、必読必携です。なぜか読まずに作られたとおぼしき基本計画が少なくない(^_^)一号認定のまるっと模倣なら読まずに書けたでしょうね。
09-17 23:12

ついでにこれも。中小企業庁商業課他『中心市街地活性化対策の実務』1998 ぎょうせい旧法当時のマニュアルですが、法改正後これに変わるマニュアルは出ていません。適宜読み替えながら使うのが吉 https://t.co/T32gEZoGff
09-17 23:08

中活法における中心市街地活性化とは:当該市街地における①都市機能の増進及び②経済活力の向上②については、中活法基本方針第7章参照商業街区の商業集積としての再構築であること、「業種揃え・店揃えの最適化」が根幹課題であることを再確認されたし。
09-17 22:55

中活法における中心市街地とは:中心市街地活性化法第二条中心市街地第一号:集積要件、第二号:趨勢要件参照のこと。
09-17 22:48

ちょいと考えるところがあり、我々が提唱する中心市街地(商店街)活性化の論理と戦略を紹介しておきますね。『コミュニティモールプロジェクト』https://t.co/0h7JvmJN2A我々に「批判ばかりして」というのはたいした指摘じゃ無い。重要なのは我々が批判した相手に「反論して見せよ」と要求すること。
09-17 22:42

.@Dam_midorikawa 中活法のスキームにおける中心市街地とは、都市の旧中心部に所在する商業街区beyondですね。中活法は商店街活性化のスキームです。名称が紛らわしいですが法―.. https://t.co/xKxya9QP15「「中心市街地活性化」はなぜ迷走するのか?」https://t.co/ZqCuNMbREj にコメントしました。
09-17 22:33

@chiikizone
09-17 21:46

「「中心市街地活性化」はなぜ迷走するのか?」をトゥギャりました。 https://t.co/ZqCuNMbREj
09-17 21:43

さすがに消費税対策セミナーなら、きっちり回覧すると思ったのがおお甘だった(^_^)
09-17 21:28

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

09/16のツイートまとめ

2018.09.17 04:23 | EDIT

takeoquolaid

都市の持続可能性の維持・向上、再構築という上位課題への取組にまで負の影響を及ぼしていることに鑑み、その根本的な原因を明らかにした上で、あるべき取組を構想し直さなければならない。これまでの取組の総括は不可欠の課題。
09-16 23:49

このスキームによる取組の挫折を受けて法―スキームが改正されたのが現行中心市街地活性化法である。この低迷の原因を究明するには、前身である整備改善活性化法の挫折、さらに訴求して大店法当時以来の商店街活性化の挫折を総括することが不可欠。現在迷走は法定中心市街地活性化に止まらず、
09-16 23:42

中心市街地活性化の迷走は、商店街活性化の迷走に起因する。中心市街地活性化は、成功事例が出ない商店街活性化の改善策として施行された「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律』をスキームとする都市の旧中心市街地所在の商業街区の活性化に始まる。
09-16 23:36

中心市街地活性化は、『中心市街地活性化法』のスキームに基づいて地方公共団体が中心となって推進する事業だが、周知のとおりスタート以来二十年を経過して未だに成功事例が現れない。そうしたなか、類似微差の弥縫策が繰り返される理由はただ一つ、中心市街地活性化は初手から迷走しているのだ。
09-16 23:07

中心市街地活性化はなぜ迷走するのか?「ちかすい第二部」で思い当たったことなど。 https://t.co/krygBlcH4L
09-16 22:44

RT @chiikizone: 第二部は以上で終了です!あとがきについてもブログの方で書いておりますので、興味ある方はぜひ!。https://t.co/1m7exSkvVI
09-16 21:56

RT @quolaidbot: 商店街で言われる「経験と勘」の内容は、数十年前の大型店=150坪規模のスーパーマーケットの売場づくりノウハウの採用だったりしますからね。ポップの書き方、レイアウト、陳列の仕方、セミセルフ接客、物販以外のサービス等々、SM由来のノウハウを独自の「…
09-16 21:51

RT @quolaidbot: 商業集積という時の集積とは、単独で完結する機能を備えた店舗(売場)が集まっていること。単独売場では対応出来ない消費購買行動に対応可能な機能・条件を創り出し、消費購買行動を誘引する新しい力を発揮する。
09-16 21:50

RT @quolaidbot: 商店街活性化の話になると、ほとんどの人が自分の頭を使って考えることを放棄して、世間話レベルに終始するのは、自分の頭で考えるために必要な情報が蓄積されていないから。蓄積しようにも入手が困難だから、という側面もある。何しろ商学原論が無いんですから。
09-16 21:50

「商店街活性化」の陳腐化から逃亡、まちづくりの専門家というポジションを取っている諸君は責任を果たしてね。状況は「まちづくりの専門家」を名乗れば専門家、学識経験者として機能が果たせて応分の処遇が得られる、という状況では無いことは理解されているのかな。
09-16 16:19

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

09/15のツイートまとめ

2018.09.16 04:22 | EDIT

takeoquolaid

現状でテナントミックスサポート事業が完了したということなら、この事業は油津商店街の「仕舞た屋通り化」を上位計画無しで行政が推進したことになるのでは。費用対効果で見たとき、仕舞た屋通り化は果たして都市経営上の選択肢たり得るのか?
09-15 23:17

先進成功事例と喧伝される奇跡の商店街こと油津商店街のテナントミックスサポート事業。地方再生でモデルに取り上げられているが、どこが・なぜモデルなのか、アカウンタビリティは大丈夫か。商店街の集積性の向上という上位課題に解決に貢献する要素は低いのだが。
09-15 23:12

商業についての知見乏しく、それで専門家としての職責が務まると思っているのだから、商店街活性化とは商業集積としての集積性の拡充であり、実現するには理論と技術を修得する機会を作ることが喫緊の課題であることを理解する日は来ないのではないか。
09-15 23:05

空き店舗の利活用は、金さえ掛ければたやすいこと。だが、既存個店群の業容転換をメインテーマとする商業集積としての集積性の拡充という上位目標を設定せずに単独で取り組むと「何でもあり」になってしまい、既存個店群との相互作用は発生せず、「仕舞た屋どおり化」を推進することになりかねない。
09-15 22:16

これまで取り組んで来た活性化事業がほとんど効果を発揮できなかったのは、根幹である商業集積性の強化という課題にまったく取り組んでいないから。問題はここから抜本的な取組の転換が出来るかどうか。消費税対応という新しい対応の難しい課題も登場しているのだが。
09-15 22:10

根本的課題への取組はまったく講じられていないの既存の中心市街地活性化基本計画の水準であり、基本計画の作成に協働した関係各方面の問題意識の有り様だった、ということ。総務省の評価もこれを剔抉することが出来ず、数値目標の設定、PDCAの活用等を勧告しているという問題状況。
09-15 22:07

「中心市街地における商店街等をショッピングモールに見立てた再構築(TMOマニュアル)」あるいは「業種揃え・店揃えの最適化(基本方針)」あるいはより一般的に「商業集積としての集積性の拡充」という方向で定め、実現のための目標群を設定しているものは一個も無い。つまり商業機能の拡充という
09-15 22:07

商店街活性化には「商業集積としての集積性の充実」という概念が中心に据えられていないと、どんな意味での活性化(通行量とかにぎわいとか空き店舗活用とか)も実現出来ない。総務省の二度にわたる行政評価で「効果発現認め難し」と評された基本計画で「経済活力の向上」の定義を
09-15 22:07

こんなものは何の役割も果たしていない。優しいとはどういうことか、優しければ商業集積としての存続が可能になるのか?商業集積のコンセプトとは、業種揃え・店揃え、販売方法、環境空間の最適化を追求する基準。
09-15 21:56

広域商圏及びeコマースの状況を分析し、商店街が:1.それらと棲み分け出来る2.基本的に自力で実現出来る商業集積としてのコンセプトを発明すること。商店街活性化界隈で我々だけが主張する課題ですね。他はなぜ言わないのか、不思議。中活基本計画では「高齢者と観光客に優しいまち」
09-15 21:56

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

09/14のツイートまとめ

2018.09.15 04:22 | EDIT

takeoquolaid

エスプラッツ、アウガも竣工時点では「成功事例」でしたからね。商業についての知見を持っていれば見誤るような事例ではなかったのですが。
09-14 19:04

「商店街活性化」を定義しなければ、成功事例は出てこない。巷間成功事例と言われているのはずべて個別事業が終了した時点で「成功」と見なされているだけのこと。事業本来の成否は事業終了後、時間を経て発現するが、残念ながら成功転じて失敗事例となっているケースがほとんど。
09-14 19:04

商業に関する知見・技術の不備とプラニングリテラシーの未熟の影響は、中心市街地活性化界隈に止まらず、地方創生、商工業振興など都市経営の根幹に関わるところで負の影響を発現することは確実。都市経営的問題状況と問題快活に当たる能力の間のギャップは埋めがたい。
09-14 18:56

中心市街地活性化基本計画の立案に必要な知見・技術を持った適任者を確保していたか否かは、近年達成状況が公表されている各地の計画の出来映えをチェックすれば一目瞭然。全ての計画が所要の能力を欠いた状態で(そのことに無自覚なまま)作成されている。全基本計画,効果発現無し、はここに原因が。
09-14 18:51

商学方面に商業原論が無いということは、商業系コンサルタントさんたちが経験的専門分野以外についても知見技術を持っているか否かはもっぱら当人の研鑽次第、ということです。
09-14 17:01

殆どの基本計画が目標未達に終わり、活性化に成功している例が無いという現状を引き起こしているのは、ここに原因があるのだから、現在のプラニングスキル、商業知識を前提に計画を作りPDCAを回せば中心市街地・都市中心部の商業街区を商業集積として再生出来る、ということはない。
09-14 15:58

#もはや需要無し潜在需要無くして投資無し、投資無くして経済成長無し。
09-14 15:51

中心市街地活性化とは、1.中心市街地的問題状況に2.中活法のスキームで対応、解決するということだが、現状は3.問題状況の分析が出来ていない4.スキームを理解していないという条件で取り組まれている。結果は見てのとおり。
09-14 14:22

状況と整合する仮定は一個も無かったが、4つの仮定は今なお継続されている。取組の目標未達は、4つの仮定の検証には向かわず、1.数値目標を設定しなかった2.PDCAをまわさなかったというように4つの仮定は問題状況に整合しているとした上で「加上措置」が進められようとしている。
09-14 14:15

基本計画はご都合主義仮定の集成1.作成した基本計画は問題状況に適合している2. 組織したTMOは所要のスペック・スキルを持っている3.任命したタウンマネージャーは任務を遂行する能力を持っている4.既存個店群は環境の変化を事業機会に転化する能力を持っている
09-14 14:15

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

09/13のツイートまとめ

2018.09.14 04:22 | EDIT

takeoquolaid

地場小売業が域内経済循環に果たす機能を考えれば、出来ることなら保護してもいいくらいだが、あいにく、消費者相手の小売業を保護することは不可能で、お客に『買い物行き先』として選ばれ続ける売場づくりは、本人たちにしか出来ないこと。
09-13 22:34

ということで定例アップ:安土敏『日本スーパーマーケット原論』商学部の先生には『日本小売業原論』を是非ものしていただきたい。 https://t.co/eIwbwqFza6
09-13 22:30

チェーンストアにとって研修、セミナーは呼吸のずうっとように当たり前、商店街にとって勉強は暇つぶしと見なされているかも。スーパーマーケット登場以来、ずうっと続く平行線。まちゼミは取り組むが、その前に自分たちが勉強する機会を作ろうという機運はなかなか。
09-13 22:27

我が国の中小小売商業・商店街振興施策を概括するには、高度化事業の歴史を把握すること。業種揃え・店揃えの最適化を追求する手段としての高度化事業がハコ整備に終わったのは、現場を指導支援する専門家が事業の趣旨を理解しなかったことが原因の一つ。
09-13 22:21

定義の無い商店街活性化を目的に、それを実現するための目標群を設定し、その達成状況を唯一の数値目標:通行量でコントロールする、というのが今流行の商店街活性化のPDCAですね。
09-13 22:06

メーカー、卸による商店街への直営店舗の立地が始まっている。もちろん、出店に対する支援は期待していない。取引先が激減する中で販路を確保する方策。これは支援しなくては。
09-13 22:02

商業理論(原論他)の不在に起因する取組の混迷。商学専攻の学識経験者が「通行量の増大」についての論文を発表する異常事態(^_^)
09-13 21:58

広域商圏における商業施設の展開及びeコマースの伸長という競争状況において、商店街の商業集積としての持続があれこれの思いつきレベルの施策で確保出来るわけが無い、ということには思いが及ばないらしい。
09-13 21:55

二つ問題がありそうで、第一に、商店街活性化を実現する方向と方法が共有されていないこと。第二に、商店街活性化が当該都市及び我が国経済において不可欠の理由が理解されていないこと。
09-13 21:52

空き店舗を利活用すれば商店街活性化を促進される、という言説のアカウンタビリティ(所説論拠説明責任)は、これまで一度も行われていない。実践においてはむしろ言説を否定する結果が生じている場合が多い。例:日南市油津商店街の取組
09-13 21:18

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170