FC2ブログ

バックナンバー

[ 2018.11.16 ] 11/15のツイートまとめ

[ 2018.11.15 ] 11/14のツイートまとめ

[ 2018.11.14 ] 11/13のツイートまとめ

[ 2018.11.13 ] 11/12のツイートまとめ

[ 2018.11.12 ] 11/11のツイートまとめ

前のページ«

»次のページ

11/15のツイートまとめ

2018.11.16 04:22 | EDIT

takeoquolaid

ポスト中活基本計画の商店街活性化、一回性のプロジェクトを構築できるか、それとも従来通りの繰り返しか、都市の経営力量が露わになるとき。
11-15 23:39

当然、中心市街地活性化基本計画もプロジェクトのはずだが、実態は果たして如何。
11-15 22:49

商店街活性化は、自生的商業集積・商店街が衰退趨勢から脱却する一回性のプロジェクトだと理解する関係者は暁天の星。他はどう考えているかといえば、ぶっちゃけ、なんも考えていない。
11-15 22:45

#商店街活性化の真偽を分かつもの既存個店群を繁盛へ導く術式を持っているか?業績が低迷している売場をお金を掛けずに売れる売場に転換する術式が無いと難しい。
11-15 14:30

まだまだあります。レイアウト(重要)、客相(重要)、プロジェクト(重要)、ロードマップ、売場連係等々
11-15 13:43

商店街活性化必須専門用語:商業集積間競争 自生的商業集積、計画的商業集積、業容、業態、回遊、売買接点等々コンセプト、タウンマネジメント、売場コンプレックス、チェーン型小売業、自律型小売業等々専門用語は定義を理解しないと使いこなせない。
11-15 12:59

5階ジュンク堂で石原先生『小売業起点のまちづくり』チラ見。我々なら「売場起点の商店街活性化」小売業起点のまちづくりと商店街活性化は相当違うような。定義の違いで排除しない、と定義を忌避しても中身が一致するとは限らない。差異を明らかにして論議した方がいい定義に決着するかも。
11-15 12:43

鹿児島天文館マルヤガーデンズ久しぶりで見参。いい感じ。いうところのコミュニティスペースが払拭されて売場コンプレックスに変身しています。物販施設は物販でビシッと決めないと。
11-15 12:28

商店街活性化をまちづくりと呼び変えたさんにとって、まちづくり=商店街活性化なのだろうか。まちづくりとは商店街がどうなることか、一貫して定義しないのは、定義しないことに優位を認めているからだろうが、共有されているのか。少なくとも外部には伝わってこないが。
11-15 10:48

販売促進がお客に喜んでもらって購買を実現する方法だとすれば、売れる(=買いやすい)売場を提供することは、最優先で実現すべき販売促進(購買支援)である。
11-15 08:32

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

11/14のツイートまとめ

2018.11.15 04:22 | EDIT

takeoquolaid

RT @quolaidbot: 販売促進より売り場づくりが即効増収増益への道。陳腐な販促に決別、売り場づくりに専念、今後変わることの無い王道です。
11-14 23:12

RT @risa_mama117: 引用:「消費者問題研究所」代表の垣田達哉氏…「企業は利益が上がらないと撤退します。その間に本来、後継者になるはずの若者が漁港を出て行ってしまうかもしれません。企業は去るわ、後継者はいなくなるわ、海は汚れるわという事態も考えられます」養…
11-14 23:09

途中アップです。済みません。書き継ぎます。
11-14 22:27

何しろ昨対比2割アップを公言していますからね。天候のせいには出来ません。
11-14 21:48

春に仕入れたコート類が行きそびれている暖冬です。勝負どころ、週末は出掛けなくては。
11-14 21:25

ちなみに石原さんは「まちづくり」を定義しない流派ですが、「商業・まちづくり」も定義しないんでしょうかね。定義しない商業・まちづくり、はて取り組む商業者にはどう伝えるのか、謎。
11-14 21:21

今どき陳腐化した販促手法でこれまた陳腐化している売場を訴求しても何の効果も無いことは全国津々浦々で実証済みでしょう。対案は、商業集積としての再構築、スタートを切る「売れる売り場づくり」、売場が変われば、元々商品は問題なし、販促と違って確実に売れますよ。
11-14 21:17

ネットに登場しない商店街活性化支援の専門家さん達は,自分の言説をどこで拡散しているのでしょうかね。この時期、活性化実現の術式を持っていれば、何はさておき拡散に努めるべき。もったいぶっていると宝の持ち腐れ(^_^)ネットで披露してもなかなか拡がりませんが、それでも他に手が無い以上。
11-14 20:44

そのまま、商店街活性化への道、商業集積としての集積性を再構築する唯一の道だ。ホントかウソか,確かめてみる気はありませんか(^_^)暖冬異変、個店の窮状を思えばそれくらいのおつとめは当然かと。
11-14 19:50

集積間競争まっただ中の現在、競争手段として販売促進ノウハウが役立つわけが無い。個店は業績好転=客数増、客単価向上が至上命令だ。これに応えられるのは「売れる売場づくり」からスタートする「商業集積として再構築」以外に無い。即効性のある事業に取り組んで個店の窮状を救うことが
11-14 19:50

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

11/13のツイートまとめ

2018.11.14 04:21 | EDIT

takeoquolaid

学識経験方面で『中心市街地活性化の論理と戦略』とか提案する人はいないのだろうか。
11-13 23:50

中活・基本計画は,元来プロジェクト計画、一期5年の取組で自生商店街から計画的商業集積への移行過程を完了、以後は新集積としての充実に取り組む、というのがあるべき取組。二期、三期と類似微差事業を継続しているのは、大きな誤解を生じているので要注意。必要により支援出来。連絡はDMにて。 https://t.co/KdIDvU9MVF
11-13 23:48

商店街は、「ポスト中心市街地活性化基本計画における商店街活動の在り方検討会」かなんか立ち上げて、"それでも商店街活性化に公的資金を投入しなければならない根拠" を固めておいたほうがいいと思う。今度はアカウンタビリティは自分らで担う覚悟を見せないと刺さらないかも。
11-13 21:09

勉強会は、民間・行政合同開催がお勧め。先行事例はみんなそうしてます。情報を共有することが商店街活性化への第一歩。そういえば,今までは共有すべき情報なんかまったく入ってきてませんでしたよね(^_^)
11-13 20:56

もちろん、せっかく入ってきた資金もチェーン店のレジから本部に直行する。コンパクトシティも地方創生も言われて踊っただけ、に終わる。後は厳しいよ。ということで、ポスト基本計画の商店街活性化は:https://t.co/55QRVxVZrl で決まり。
11-13 20:53

中心市街地活性化基本計画、二期、三期と続行してきたものの、目標未達のまま計画終了となった都市は少ないだろうし、間違いなくこれから増える。問題はポスト基本計画における中心商店街活性化だ。中心市街地に埋没させると本当に埋没、仕舞た屋、居酒屋、ドラッグなどが混在する場末化すること必至。
11-13 20:50

商店街=自生的商業集積から計画的商業集積「コミュニティモール」への漸進的転換。現時点で唯一提案されている商店街が商業集積として発展的に存続可能な選択肢。関係者必携『コミュニティモールプロジェクト』https://t.co/55QRVxVZrl
11-13 20:07

大店法当時以来、取り組まれる商店街活性化は、時代変遷の中でさまざまに取り組まれてきたが、「商業集積間競争に対応し商店街を商業集積として維持する」という使命は一貫して変わらない。そして今、その使命は【商業集積としての再構築】であることに疑いの余地は無い。
11-13 20:03

小売商業の高度事業とは、中活法・基本方針に言う "中小小売商業の競争力の根幹は業寿揃え、店揃えの最適化" に明白、小売商業機能としての集積性の高度化、コンセプト主導の計画的商業集積への脱皮のことだ。共同施設事業は集積性の向上=売場揃えの最適化を導くロードマップ機能を担うこと。
11-13 19:07

高度化事業と協同組織商店街振興組合が普及したのは大店法緩和と同時期、対策としては高度化事業を活用した集積性の高度化が想定されていたが、親の心子知らず。商業理論も無かったし。 https://t.co/JdOowgywCL
11-13 18:07

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

11/12のツイートまとめ

2018.11.13 04:22 | EDIT

takeoquolaid

RT @mori_arch_econo: 縁を鋲で止めたみたいな、そんな格好になっているわけですよね。つまりアフリカとヨーロッパとアジアとアラビア半島とそこいらへんを端っこだけを鋲でとめたような、いわば大陸のへそみたいな異常な地形になっていまして、世界中これだけ巨大なへそみたい…
11-12 21:53

#論争のお勧め商店街―中心市街地活性化の低迷に鑑み、関係各方面の皆さんは百家争鳴、持論相互を闘わせ、所要のレベルへの到達を期すべきかと。論争は当事者はもちろん、傍観者も得るところ大、自力思考のスタートは論争の傍聴とカント大先生も推奨していた件。
11-12 21:52

広域生活圏に於いて集積間競争が激化している中で取り組まれる商店街活性化=商業集積としての存在価値・機能の再構築という課題は古今東西前人未踏。商業理論が提供されていない中での仮説―試行のチャレンジ、舐めて掛かると大恥をかくことに。
11-12 19:47

商店街活性化について言説を公開している人が、公開するに値する識見・技術を持っているとは限らない。四氏は所要のアカウンタビリティを持たない言説を公開してもいいのだと言うレベルの基準で行動する人たち。商学系の研究者の多くも大同小異、肩書き等は関係ない。 https://t.co/6GYYtoqFe3
11-12 19:43

等々。都市中心部・商業街区の経済活力の向上という目的を達成出来る内容になっていない。PDCAを回せば解決するというレベルはほど遠い。ということで。「商店街活性化」を定義しない人達が取り組む商店街―中心市街地活性化は、眼前するとおりの顛末を迎えますよね、ということです。
11-12 18:38

既存の『中心市街地活性化基本計画』が『中活法』のスキームに即して作られているか、ということも深刻な問題。共通する欠陥は、①構築を目指す商業集積としてのコンセプトが設定されていない ②集積の向上という課題をスルー ③既存個店群の経営技術の向上に無関心 ④計画にロードマップが無い
11-12 18:38

中活法のスキームの中心(まちづくり三法を含む)は、中心市街地=都市旧中心部・商業街区所在の商店街等の持続可能性の・ショッピングモールに見立てた再構築、だということを見落とすと妙な方向へ逸脱するので要注意。あらためて勉強した人は、画像の2冊がおすすめ。中活マニュアルと商業理論入門。 https://t.co/xosYXHfz2G
11-12 17:44

根幹課題が欠落している。著者は商業全般についての体系的知識が不十分。不可欠である高度化事業、近代化事業が果たすべき役割についてほとんど言及出来てない。高度化事業を計画するかどうかにかかわらず、高度化事業で推進すべき課題=商業機能の高度化は不可避の課題。
11-12 17:36

上掲書籍は中活法のスキームの解説―基本計画作成の手引き。行政も参考にしている気配。残念ながら、大店法・商振法施行以来の中小商業振興、商店街政策の推移が踏まえられておらず、広域商圏における競争への対応という視点が不十分。商業集積としての集積性の再構築―既存個店群の業容転換という
11-12 17:36

商店街―中心市街地活性化の論者で中活法のスキームを勉強している人はきわめて少ない。藻谷、新、久繁、木下等の諸氏の言説には中活法のスキームを勉強した形跡が無い中活法のスキ-ムを踏まえずに商店街活性化を論じるのは勝手だが自前でアカウンタビリティを確保出来る人たちでは無い(^_^) https://t.co/9hY9uYqLW6
11-12 17:22

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

11/11のツイートまとめ

2018.11.12 04:22 | EDIT

takeoquolaid

取組ながら売れる売場が逐次増える取組ですから、そら、皆さんその気になりますよね(^_^)
11-11 20:40

コミュニティモールプロジェクト。いろいろな取組が同時並行で進行中ですが、今回は核となる婦人服のショップ群を紹介しました。他にも婦人服5、ファッションビル1,百貨店のアンテナショップ1あり。異業種店も逐次変貌中です。タウンマネジメント体制もこれから再編。
11-11 20:38

8店舗中4店舗が「売れる売場づくり」にチャレンジ中。その出来映えを見て自発的に追随している4店舗。まだまだ変貌していきます。
11-11 20:10

如何ですか。全盛期の商店街みたいですよね。当時と違うのは、看板、ポスター、植栽の類い、お客の視線を逸らす阻害物、ノイズが一切無いこと。店頭在庫の量が少ないこと、当然什器も。
11-11 19:41

ご好評につき(^_^) https://t.co/criGf16bPj
11-11 19:34

某県某市(人口10万弱)の中心商店街 https://t.co/NhC19KBCzg
11-11 19:07

商店街の面白いところは、都市と中心商店街の規模は相即だが、活性化の可能性となるとまったく無関係。偏見を披露すると概して県庁所在都市は三拍子揃っていて厳しい。組織脆弱、勉強嫌い、マルチインカム。
11-11 18:59

投資=貯蓄から投資→貯蓄へ①商店街が増収増益②かねて課題の店舗什器リニューアル③借金して投資④域内流通資金拡大投資環境を作ればお金は回る。 https://t.co/7dUn9okmry
11-11 18:50

持続可能な日本列島は一国二制度で。地産地消、資金の域内循環、チェーンから商店街へ。チェーン陳腐化へ進路を取れ。
11-11 18:11

日本国民は潜在需要者として期待されているか?その根拠は何処に?
11-11 18:03

»Read more...

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

qlad

Author:qlad

「見える化」は、即時的な売上げ改善から売場の再構築まで、
個店が直面する経営課題を最短時間、最少経費で解決する画期的な方法です。


メールinfo@quolaid.com

電話0954-20-1170